東宝東和は、イルミネーションと任天堂が共同で制作した「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」が日本の興行成績において、8月6日時点で135.3億円を突破し、今年公開された作品で1位になったことを明らかにした。

また、国内におけるユニバーサル・ピクチャーズ作品の歴代興行成績で1位となり、新記録を樹立している。なお、日本で公開された全作品の歴代興行成績では、20位となっている。(興行通信社調べ 8月7日 現在)

以下、発表情報をそのまま掲載しています

参考成績:国内

・15週目(8/4(金)~6(日))興行成績:57,370,870円(動員 43,213人)
・累計興行収入:13,534,965,620円(動員:9,504,609人)
・全作品歴代興行成績:20位(5ランク上昇)
・日本で公開された洋画アニメ作品歴代興行成績2位
・邦画も含めたアニメ作品歴代興行成績13位(1ランク上昇)

海外の興行成績においては、順位に変動はありません。

参考成績:海外

全米:574,173,895ドル(約814億円 141.84円換算)歴代興行成績の第14位
インターナショナル:778,583,000ドル(約1,104億円)
全世界:1,352,756,895ドル(約1,919億円)歴代興行成績の第15位
(IMDB調べ(暫定成績_8/7 現在)

公式サイト
https://mario-movie.jp/
公式Twitter
https://twitter.com/mariomoviejp

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連タグ #エンタメ