日本野球機構とコナミデジタルエンタテインメントは、「eBASEBALLプロスピAリーグ」2023シーズンの最終戦「e日本シリーズ」について、福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを下して2年連続の日本一に輝いたと発表した。

目次
  1. ソフトバンク 3-1 中日
  2. 個人タイトル

開幕戦以来の有観客試合として、東京ドームシティプリズムホールにて開催されたe日本シリーズ(3勝先取の5試合制)は、セ・リーグをシーズン3位からeクライマックスシリーズを下剋上で勝ち上がった中日と、パ・リーグチャンピオンのソフトバンクによる対戦となった。

試合は持ち前の粘り強さで互角の戦いを見せていた中日だったが、最後はソフトバンクが地力を発揮したことで、3勝1敗で2年連続の日本一を決めている。

ソフトバンクのキャプテン・前野拓光選手は、「森福スピリーグ監督含めて4人で“日本一連覇”を掲げてずっとやってきて、実現できて本当にうれしいです」と喜びのコメント。

「eBASEBALLプロスピAリーグ」2023シーズンで福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを破り2年連続の日本一に!の画像

メンバーにはチームタイトル報酬としてeペナントレース、e日本シリーズ合わせて45万円、球団には「球団ファン応援感謝企画」費用として100万円が贈呈された。

また、MVPにはeペナントレースからeクライマックスシリーズまで全勝で圧倒的な強さを発揮し、日本一に貢献したソフトバンクの根岸大晟選手が輝いている。

これを受けて、根岸選手は「いつもチームメイトと森福スピリーグ監督に声をかけてもらい、自分がプレイしやすい環境を作ってもらったと思っています。本当に感謝しかないです」と語っている。

「eBASEBALLプロスピAリーグ」2023シーズンで福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを破り2年連続の日本一に!の画像
「eBASEBALLプロスピAリーグ」2023シーズンで福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを破り2年連続の日本一に!の画像

なお、e日本シリーズ前には、スペシャルサポーターを務める乃木坂野球部の久保史緒里さん、向井葉月さん、黒見明香さん、柴田柚菜さんの4名が「プロスピA」の「エキシビションマッチ」を開催した。総当たり形式で行われ、黒見さんが3戦全勝という結果に。その後の「特別エキシビションマッチ」では、黒見さんがプロ野球OBの里崎智也さんと対戦し、大会を盛り上げていた。

「eBASEBALLプロスピAリーグ」2023シーズンで福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを破り2年連続の日本一に!の画像

そのほかにも、石垣雅海選手(中日ドラゴンズ)、田中和基選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)、西村天裕選手(千葉ロッテマリーンズ)の3選手がプロ野球OBに「プロスピA」で挑む企画や12球団マスコットも登場するなど、さまざまな企画で大会を盛り上げていた。

ソフトバンク 3-1 中日

「eBASEBALLプロスピAリーグ」2023シーズンで福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを破り2年連続の日本一に!の画像
「eBASEBALLプロスピAリーグ」2023シーズンで福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを破り2年連続の日本一に!の画像
「eBASEBALLプロスピAリーグ」2023シーズンで福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを破り2年連続の日本一に!の画像
「eBASEBALLプロスピAリーグ」2023シーズンで福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを破り2年連続の日本一に!の画像

個人タイトル

MVP(報酬30万円)

・根岸大晟(福岡ソフトバンクホークス)

スピリーグランキング1位(10万円)

・根岸大晟(福岡ソフトバンクホークス)
合計ポイント128,902

首位打者(以下、各5万円)

・久保木悠平(広島東洋カープ)打率.600
・根岸大晟(福岡ソフトバンクホークス)打率.672

最多本塁打

・永澤楓葉(読売ジャイアンツ)本塁打8
・成田旭(東北楽天ゴールデンイーグルス)本塁打12

最多打点

・後藤充輝(東京ヤクルトスワローズ)打点28
・根岸大晟(福岡ソフトバンクホークス)打点40

最優秀防御率

・西山隆輝(横浜DeNAベイスターズ)防御率2.57
・根岸大晟(福岡ソフトバンクホークス)防御率0.86

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード eスポーツ