KADOKAWAは、PCゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の世界を舞台にした公式ノベライズ「リーグ・オブ・レジェンド RUINATION 滅びへの路」を、5月17日に発売する。

目次
  1. あらすじ
  2. 著者・訳者紹介
  3. 書誌情報

本書籍は、「リーグ・オブ・レジェンド」(以降、LoL)のオフィシャル小説だ。「LoL」の世界を舞台にした滅亡寸前の帝国の壮大な物語が描かれる。「RUINATION 滅びへの路」では、カリスタ、ヴィエゴ、スレッシュ、ヘカリムなどのチャンピオンが所属する“シャドウアイル”の誕生秘話が描かれている。

「LoL」如何にしてかの王国は滅んだか―“シャドウアイル”誕生秘話を描く公式書籍「リーグ・オブ・レジェンド RUINATION 滅びへの路」が5月17日に発売の画像

以下、発表情報をもとに掲載しています

あらすじ

帝国の騎士による殺戮が繰り返されていたカマヴォール王国。カリスタはそんな悲劇の国を変えようとしていた。若い叔父のヴィエゴが王になったとき、彼女は忠実な軍司令官として、彼の破壊的な野心を抑えこむことを誓う。しかし、ヴィエゴの妻イゾルデが暗殺者の毒刃により不治の病に冒されてしまう。妻の病状が悪化するにつれ、狂気と悲しみに堕ちていくヴィエゴ。カリスタは王国を救うため、王女の救済が得られると噂される、失われた祝福の島を探すのだが、島は腐敗が進み、復讐に燃える管理人がカリスタを残酷な策略に陥れようとしていた――。

カリスタ、ヴィエゴ、スレッシュ、ヘカリムを中心に、シャドウアイル誕生のきっかけとなった事件を描く前日譚。

キャラクター紹介

【カリスタ】 カマヴォール王国の軍司令官。ヴィエゴの姪。

「LoL」如何にしてかの王国は滅んだか―“シャドウアイル”誕生秘話を描く公式書籍「リーグ・オブ・レジェンド RUINATION 滅びへの路」が5月17日に発売の画像

【ヴィエゴ】 カマヴォール王国の国王。カリスタの叔父。

「LoL」如何にしてかの王国は滅んだか―“シャドウアイル”誕生秘話を描く公式書籍「リーグ・オブ・レジェンド RUINATION 滅びへの路」が5月17日に発売の画像

【ヘカリム】 鉄血騎士団の団長。カリスタの婚約者。

「LoL」如何にしてかの王国は滅んだか―“シャドウアイル”誕生秘話を描く公式書籍「リーグ・オブ・レジェンド RUINATION 滅びへの路」が5月17日に発売の画像

【ライズ】 探索者タイラスの弟子。魔法を使う。

「LoL」如何にしてかの王国は滅んだか―“シャドウアイル”誕生秘話を描く公式書籍「リーグ・オブ・レジェンド RUINATION 滅びへの路」が5月17日に発売の画像

著者・訳者紹介

著者

アンソニー・レイノルズ

オーストラリアのシドニー出身。幼い頃からゲームとファンタジーに熱中。20以上にわたって数多くのゲーム、小説、オーディオドラマを発表。2014年にRiot Gamesに入社。「リーグ・オブ・レジェンド」では、小説「ガレン:一番盾」を執筆。

訳者

富永和子

翻訳家。翻訳作は「完璧な家」「猿の惑星 新世紀」「ヘイロー」「パシフィック・リム アップライジング」「エイリアン コヴェナント」など、多数。

書誌情報

「LoL」如何にしてかの王国は滅んだか―“シャドウアイル”誕生秘話を描く公式書籍「リーグ・オブ・レジェンド RUINATION 滅びへの路」が5月17日に発売の画像

タイトル:リーグ・オブ・レジェンド RUINATION 滅びへの路
(ふりがな リーグ・オブ・レジェンド ルイネーション ほろびへのみち)

  • 著者:アンソニー・レイノルズ 訳者:富永和子
  • カバーイラスト:増田幹生
  • 判型:四六判 ページ数:416ページ
  • 編集部:ゲーム・企画書籍編集部
  • 版元:KADOKAWA
  • 発売日:2024年5月17日予定
  • 価格:1900円(税抜)

書誌ページはこちら
https://www.kadokawa.co.jp/product/322311000089/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード グッズ