Garena OnlineとKADOKAWAは、iOS/Android向けアプリ「Free Fire」を原作としたアニメーションを2社共同出資で製作すると発表した。

「Free Fire」は、2024年2月のピーク時デイリーアクティブユーザー数(DAU)※が1億人を超えた没入型バトルロイヤルゲームだ。

本作のアニメーションは、日本のアニメプロダクションにより制作される。また、アニメ制作幹事はKADOKAWAの海外拠点である角川青羽が担当する。制作されたアニメーションは、日本および全世界で放送・配信される予定だ。

※data.ai,Sensor Tower company,iOS及びGoogle Play全世界ダウンロードより

バトルロイヤルゲーム「Free Fire」のアニメ化企画がGarenaとKADOKAWAの共同出資で始動――角川青羽がアニメ製作幹事を担当の画像
左から(Garena)Harold Teo氏、Jason Ng氏/(KADOKAWA)泉水敬氏、加藤真也氏
左から(Garena)Harold Teo氏、Jason Ng氏/(KADOKAWA)泉水敬氏、加藤真也氏

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

Free Fire公式サイト
関連ワード アニメ