インディゲーム開発スタジオ「CloverSeedStudio」は、コードをつなげてルールをプログラミングする一筆書きロジックパズル「Re:Connect」を、Steam向けに2024年内にリリースすると発表した。

目次
  1. コードをつなげてルールをプログラミング!
  2. バグ修理屋としてシステムに侵入!電脳世界を冒険しよう!
  3. AIも所詮はプログラムでしょ?AIの思考回路にまで侵入できる!
  4. 今後の展開
  5. ゲーム概要
  6. ゲーム開発スタジオ「CloverSeedStudio」について
コードをつなげてルールをプラグラミングしていく一筆書きロジックパズル「Re:Connect」がSteamで2024年にリリースの画像

「Re:Connect」は、ルールをプログラミングしながら、ゴールまでコードをつなげる、一筆書きのロジックパズルゲーム。「BabaisYou」、「Witness」、「OneShot」などのインディーパズルゲームから影響を受け、ゲームを通じてプログラミングを学べるユニークな体験を提供するとしている。

コードをつなげてルールをプラグラミングしていく一筆書きロジックパズル「Re:Connect」がSteamで2024年にリリースの画像
コードをつなげてルールをプラグラミングしていく一筆書きロジックパズル「Re:Connect」がSteamで2024年にリリースの画像
コードをつなげてルールをプラグラミングしていく一筆書きロジックパズル「Re:Connect」がSteamで2024年にリリースの画像
コードをつなげてルールをプラグラミングしていく一筆書きロジックパズル「Re:Connect」がSteamで2024年にリリースの画像
コードをつなげてルールをプラグラミングしていく一筆書きロジックパズル「Re:Connect」がSteamで2024年にリリースの画像
コードをつなげてルールをプラグラミングしていく一筆書きロジックパズル「Re:Connect」がSteamで2024年にリリースの画像
コードをつなげてルールをプラグラミングしていく一筆書きロジックパズル「Re:Connect」がSteamで2024年にリリースの画像

コードをつなげてルールをプログラミング!

コードをつなげることで電力を供給し、システムの回路をつなぎ直しましょう! ルールと名前を繋げれば、オブジェクトに「ルールをプログラミング」できます。電子回路を組み立てるような一筆書きパズルで、まるで「コンピュータの中に入り込んだような体験」を楽しめます。

バグ修理屋としてシステムに侵入!電脳世界を冒険しよう!

プレイヤーはバグ修理屋となり、AIが働く電脳世界を冒険します。システムに侵入し、プログラムをつなぎ直して不具合を修復しましょう! 人間のために「仕事」をするAIたちの問題を解決しながら、電脳世界を探索しましょう!

AIも所詮はプログラムでしょ?AIの思考回路にまで侵入できる!

この世界のAIには「心」がプログラムされています。しかし、AIも所詮はただのプログラム。プレイヤーはAIの「思考回路」に侵入し、つなぎ直すことでその考えを変えることができます。・・・しかし、「心のバグ」にはご注意を。

今後の展開

「INDIE Live Expo 2024.5.25」での発表に合わせまして、Steamページを公開中です。2024年内のリリースを目指し、近日体験版の公開を予定しています。Wishlistに登録すれば、最新の情報を随時受け取ることができます。

ゲーム概要

・ゲーム名:Re:Connect
・リリース予定:2024年
・ジャンル:一筆書きプログラミングパズルゲーム
・レーティング:全年齢対象
・対応プラットフォーム:Steam
・対応予定言語:日本語 英語

Steamページ
https://store.steampowered.com/app/2949960/ReConnect/

ゲーム開発スタジオ「CloverSeedStudio」について

個人ゲームクリエイター「まーぴょん」が中心となったインディーゲーム開発スタジオです。「小さな幸せの種をまく」をミッションに、東京から世界に広がるオリジナルゲームの開発を行っています。本作がスタジオのデビュー作となります。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード インディー