Turtle CreamとIndieArkは、7つのスロットを駆使してダンジョン探索に挑戦するスロットマネジメントローグライクゲーム「RP7」のSteamデモ版に新たな大型アップデートを行い、「Steam Next フェス」に参加した

今回の大型アップデートでは「Slay the Spire」にインスパイアされた「アイテムプール」機能と、実験的な「Twitchチャット連動システム」を追加しているという。

本作は、Steamにて2024年夏に早期アクセスの開始が予定され、日本語を含む全8言語のサポートに対応。また、将来的には家庭用ゲーム機、モバイルプラットフォームにもリリースを計画しているとのこと。

スロットマネジメントローグライクゲーム「RP7」デモ版が大型アップデート!「Slay the Spire」にインスパイアされた「アイテムプール」機能を追加の画像

大型アップデート「アイテムプール」と「Twitch チャット連動システム」について

スロットマネジメントローグライクゲーム「RP7」デモ版が大型アップデート!「Slay the Spire」にインスパイアされた「アイテムプール」機能を追加の画像

最新のデモ版では、プレイヤーが冒険を始める前に、ゲーム内に出現する装備品を事前に7つ設定できる「アイテムプール」機能が追加されています。この機能によって、プレイヤーはさまざまな戦略的なプレイスタイルを計画することができ、ゲームプレイの柔軟性が向上しています。

また、実験的に導入している「Twitch チャット連動システム」では、ライブ配信中に視聴者がチャットに数字を入力することで、配信者のスロットマシーンをリモートで操作できます。1人で遊ぶよりもさらにスリリングな冒険を皆さんで楽しみましょう!

現在、「RP7」はKickstarterにてクラウドファンディングを行っており、開始から72時間以内に目標額の100%を達成しました。Kickstarterオリジナルの返礼品もご用意していますので、ぜひそちらもご確認ください!

スロットマネジメントローグライクゲーム「RP7」デモ版が大型アップデート!「Slay the Spire」にインスパイアされた「アイテムプール」機能を追加の画像

Kickstarterプロジェクトページ
https://www.kickstarter.com/projects/rp7/rp7

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー