カプコンは、2021年に発売した「バイオハザード ヴィレッジ」が、シリーズ最速の3年で全世界1,000万本を突破したことを明かした。

「バイオハザード ヴィレッジ」は、2017年に発売された「バイオハザード7 レジデント イービル」の続編で、バラエティに富んだ恐怖体験と高められたアクション性により、遊び応えのあるプレイボリュームを備えたタイトルとなっている。

「バイオハザード ヴィレッジ」が全世界で1,000万本を突破!「バイオハザード」シリーズ最速、発売から3年での到達の画像

2021年の発売後、完成度の高さと胸打つストーリーが国内外の幅広いユーザーから支持を得て、「Golden Joystick Awards 2021」や「日本ゲーム大賞2022」を受賞するなど、高い評価を獲得。また、本作に追加シナリオなどを含めた「バイオハザード ヴィレッジ ゴールドエディション」の発売や、iPhone15 Proなどのデバイスへの展開により販売本数の伸長につながったとのこと。

発売から3年を経た今なお新たなユーザーを獲得し続け、毎年約200万本を販売し、この度シリーズ最速で1,000万本を突破した。

※ダウンロード販売実績を含む。
※2024年3月31日時点。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー