セガは、本日10月29日、東京・秋葉原のヨドバシカメラマルチメディアAkibaにて2011年11月10日発売予定のPSP用ソフト「初音ミク -Project DIVA- extend」の店頭体験会を実施した。

当日は9時30分の開始予定だったにも関わらず、200名が開始前に並んでおり、急遽1時間前倒しで実施したというほどの盛況ぶり。

取材時にはすでに500名ほどの人がプレイを楽しんでいたとのことだ。

写真右は当日体験プレイをした人にプレゼントされた特典アイテム。

また、本体験会ではプロデューサーである林誠司氏が来場し、お話を伺う機会が得られたので紹介しよう。

「初音ミク -Project DIVA- extend」<br />プロデューサー・林誠司氏
「初音ミク -Project DIVA- extend」
プロデューサー・林誠司氏

――今日も朝から多くの人が来場されていますが、体験会をご覧になった率直な感想をお願いします。

林氏:朝から非常にたくさんの方に並んでいただいて非常にありがたいなと思います。

今回の体験版に関してはTGSバージョンと基本的には同じなんですが、それでも遠くまで足を運んでいただけているところを見ると、ファンの方に支えられているんだなと思いました。

――本作のおすすめポイントをお聞かせください。

林氏:「初音ミク -Project DIVA- 2nd(以下、2nd)」が発売されてから1年以上経った今でもずっと支持をいただいていまして、思った以上にたくさんの人に遊んでいただけているので、その中でよかった部分をベースに伸ばしつつ、変更するべき点については直しつつ、全体的にはより遊びやすく、楽しくという点をコンセプトに本作を作らせていただきました。

今回特に力を入れたのは、追加された楽曲がかなりある中で新規に映像を作り込む際のクオリティをいかに高くしていくか、また、それぞれに新しい試みを入れていくということを考えながらひとつひとつ作っていきました。

――おすすめの曲などはありますか。

林氏:新しい試みという点からいうと、今までは3Dポリゴンのキャラクターが踊るというのが基本だったのですが、「裏表ラバーズ」という曲では「モーショングラフィックス」という背景の映像や文字を3Dポリゴンと絡めながら作る手法をとっていますので、ぜひ見てほしいと思います。

また、今作では2人で楽器演奏をするという試みもやってみました。実際にやってみると重くて大変だったのですが、「孤独の果て」や「那由他の彼方まで」では鏡音リン・レンがギターとベースを演奏し、あたかもユニットで演奏しているかのように演出させていただいています。

難易度面では、「パラジクロロベンゼン」が難しいです。楽曲を作っていただいたオワタPさんに、ゲーム用に少しBPM(曲のテンポ)を早くしていただいて、非常にいやらしい譜面と組み合わさって難しくなったかなと思います。

譜面の方でも「どうしたら難しくなるのかな?」ということを研究しながら作り込んでいますので、そのあたりも楽しみにしていただければと思います。

――本作の収録曲の中で「2nd」に登場した曲の譜面は変更されているのでしょうか?

林氏:基本的には同じですね。同じ曲として入れさせていただいているので、同じものを遊んでいただけるという形になっていると思います。

――先日ダウンロード版の発売も発表されましたが?

林氏:配信開始日(12月15日)の近辺で新しいハードが登場しますので、そういったところでダウンロード版で遊ぶ機会も増えてくると思います。もちろん、ダウンロード版でも快適に遊べるようになっていますので楽しみにしていてください。

――ダウンロードコンテンツの展開は考えているのでしょうか?

林氏:「2nd」でダウンロードコンテンツをやらさせていただいたのですが、本作では具体的なことは決まっていません。

――DIVAルームやエディットモードについてはまだ情報が出ていませんが、どのあたりが新しくなったのかお聞かせください。

林氏:DIVAルームでは、イベントを増やしたので今までと違う仕草をしてくれますし、若干声入りのイベントも入れましたので、どんなときにどんなことを言うのかも楽しみにしてくれればと思います。あとルームテーマ、アイテム類も増やしました。ネタもかなり仕込んでいますので、見てくれるとニヤッとしてくれるものが入っているのではないかと思います。

エディットモードでは、基本的なシステムは変えていませんが、モーション・背景などが大幅に増えています。特に今回は、PVで作った背景のほとんどがエディット用にも使えるようにしましたし、モーションではお芝居や日常的な動きに近いものを入れましたので、作っていただいている人にとっては楽しんでいただけると思っています。

――新たなモジュールについては見どころなどありますか?

林氏:新たに作った40種類以上のモジュールは、楽曲の映像とできるだけ合うものにしようという本作のテーマに沿って、その楽曲に元々ゆかりのある絵師さんや楽曲に合うとこちらで考えた絵師さんにお願いして、そういう組み合わせが増えるように作っていきました。

例えば「積乱雲グラフィティ」では、「宇木敦哉さんが描いた『シャイニー』は、前髪がちょっと違っていてかわいいぞ」といった髪型や服装だけでなく、細かく髪の毛の色だとか目の色だとかもデザイナーさんの要望に合わせて調整していますので、それぞれ少しずつ違うキャラクターの魅力を出せているのではないかなと思います。

もちろん、いろんな曲で組み合わせを替えることもできるので、そういう遊びも広がっていくのではないかなと思います。

――ユーザーの方へメッセージをお願いします。

林氏:前作から少し間が空いてしまって申し訳ないと思っているのですが、その分ひとつひとつの映像であったりモジュールであったり、あるいはイベントも一生懸命作り込んでいて、スタッフ総員の汗と涙と愛情を注ぎ込んでいますので、本作も今までのシリーズ同様、かわいがっていただければ非常にありがたいなと思います。

――ありがとうございました。

初音ミク -Project DIVA- extend

セガ

PSPパッケージ

  • 発売日:2011年11月10日
  • 価格:5,229円(税込)
  • 12歳以上対象
  • 予約特典 スペシャルコラボCD
初音ミク -Project DIVA- extend

初音ミク -Project DIVA- extend

セガ

PSPダウンロード

  • 発売日:2011年12月15日
  • 価格:4,700円(税込)
  • 12歳以上対象
  • PS Store ダウンロード版
初音ミク -Project DIVA- extend

(C) SEGA
(C) Crypton Future Media, Inc.
VOCALOIDはヤマハ株式会社の登録商標です。

※画面は開発中のものです。

この記事のゲーム情報

初音ミク -Project DIVA- extend

初音ミク -Project DIVA- extend

リズムアクション
機種
PSP
プラットフォーム
パッケージダウンロード
会社
セガ
シリーズ
初音ミク -Project DIVA-
ジャンル
リズム
  • セガ特集ページ
  • BUSTAFELLOWS特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • Figgy

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー