【G-STAR 2016】鉄腕アトムの巨大なフィギュアが目を引く「LONGTU Korea」ブースをレポート

【G-STAR 2016】鉄腕アトムの巨大なフィギュアが目を引く「LONGTU Korea」ブースをレポート

担当:Gamer編集部

韓国・釜山のBEXCOにて11月17日から20日まで開催している「G-STAR 2016」。ここでは「LONGTU Korea」ブースをレポートする。

今年のG-STARでプレミアスポンサーを務める「LONGTU Korea」は、4つのスマートフォンアプリを中心に出展した。

自制気味の韓国ブースに対し、中国らしい音響とダンスのステージが披露されていた
「CatchCatch of Atom」

最も力の入っていた出展タイトルが「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝レオ」が登場する「CatchCatch of Atom」だ。

本作はさまざまなキャラクターなどを集めていく収集型RPG。主人公が操る3体のキャラクターでパーティを組み、モンスターと戦うもので、戦闘はオート戦闘が採用されている。

基本的な流れは町でクエストを受け、バトルに挑むことを繰り返すオーソドックスなタイプで誰でも楽しめるRPGといったところだろう。町中はアトムらしい世界観になっており、他のプレイヤーの姿も確認できた。

韓国ではすでにiOS/Android向けのサービスが開始されており、赤ちゃんアトムなどをプレゼントするイベントも行われているそうだ。

町では他のプレイヤーを確認できる バトル画面
各キャラクターには固有のスキルが設定されている
「Heroes of skyrealm:天空の城」

2017年第1四半期の配信が予定されている本作は、AOSの要素を取り入れたアクションRPGだ。個性豊かな30人のヒーローが登場し、チームを構築し、ほかのプレイヤーやボスに挑戦することになる。リアルタイムでのPvPがメインコンテンツになるようだ。

会場では、ストーリーモードに触れることができたが、軽快な動作で、PCやコンシューマーゲームのような激しいアクションを楽しむことができた。

関連ワード

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る