2017年8月30日から9月1日にかけてパシフィコ横浜にて開催されている「CEDEC 2017」。ここでは8月30日に実施されたセッション「『若手小規模プロジェクト』のススメ ~昨今の業界における若手育成の問題点とその解決方法の提案~」をレポートする。

左:奥田仁一郎氏/右:寺井瑞希氏
左:奥田仁一郎氏/右:寺井瑞希氏

このセッションでは、ヘキサドライブで若手育成の一環として行われた「若手小規模プロジェクト」を紹介。

実際にプロジェクトを受けた寺井瑞希氏(開発部 ディレクター)と、責任者を務めた奥田仁一郎氏(開発部 東京開発スタジオマネージャー)によって、実施内容や結果、注意点などが具体例を交えて解説された。

ヘキサドライブは、コンシューマーを中心にハイエンドな移植のタイトルなどもあつかう開発会社。今年10周年を迎え、プログラマー中心のエンジニア集団というイメージを持つ人も多いだろう。

同社では講演のメインとなる「若手小規模プロジェクト」のほかにも、他社と合同で行う新人研修や、新人に若手のメンターを1対1で配置するメンター制度など、若手が自身で成長できるような環境・制度を作っている。

しかし、こうした若手育成の中で、1つのプロジェクトを立ち上げからリリース・運営まで通して経験したことのない若手の増加や、プロジェクトの大規模化による責任の希薄化などの問題点が浮き彫りに。これらを業界全体の若手育成の問題と捉えた奥田氏は、若手が彼らだけでひとつのプロジェクトをやり遂げる「若手小規模プロジェクト」を提案、実施に至ったという。

「若手小規模プロジェクト」は、ヘキサドライブの作品として恥ずかしくないクオリティのものを制作して東京ゲームショウに出展することをミッションとして、寺井氏をはじめ4人の若手社員で開始。製作期間は3ヶ月間だが、東京ゲームショウへの出展が締切の明確化や人の目に触れることを意識させ、緊張感とモチベーションにも繋がったという。

プロジェクトの目的は「経験と成長」とし、責任感を持って問題を乗り越えリリースまでこぎつける一連の経験と、やり遂げた達成感を感じさせることが大きな狙いに。

奥田氏は、若手が自分たちで考え工夫できる環境作りの一環として、金銭的なプレッシャーを感じさせないように売上やダウンロード数などの具体的な目標は設けなかったという。また、チーム外の社員もアドバイスを求められたら一緒になって考えるなど、社内が1つになって若手育成に挑んだという印象を受けた。

この取組から完成した作品が、スマートフォン向けアプリ「アイテム代は経費で落ちない~no item, no quest~」。

寺井氏は短期間で制作したことを感じさせないよう、エフェクトや演出といった部分にこだわり、クオリティを高くみせることを意識したと解説。さらにリリース前後のPV制作やTwitterなどのプロモーションも自分たちで行い、プロジェクトは成功を収めたという。

仕様書をアナログ化することで作業時間を短縮できたことから、プロジェクトにあわせて最適な選択をすることの大事さを学んだという。
「ゲームが面白くない」という問題は、チーム外の第三者の意見をもらうことで気づけたようだ

寺井氏は、さまざまな壁にぶつかったが一つ一つの問題に全員で取り組み解決することで成長につなげることができたと振り返り、「問題にぶつかることがこの教育方法のミソ」と明言。とはいえ、問題を収拾できずプロジェクトが頓挫しては得られないものもあるので、それを回避するためのチーム内外、そして責任者の“心構え”を紹介してくれた。

新人に多く見られる「なぜか自身にあふれている」「とにかく自信がない」タイプは暴走・迷走しがちだとし、そんな時はチーム外に監督できる人物を作り調整してもらうのが良いという。しかしプロジェクトの目的からあくまで「若手だけのチーム」にしないと意味がないので、指示ではなくアドバイスに留めるのが効果的だとした。

そして責任者の注意点として、“責任の所在が不明確な部分を減らす”、“アドバイスかオーダーかはっきりさせる”という2点が挙げられた。承認が必要な箇所をあらかじめ共有することや、上の発言が持つ影響力を考慮して参考なのか指示出しなのかを明確にしておくことが求められたと奥田氏もコメントした。

これを受けて、寺井氏は若手側も上に言われたことを「必ず実行する」というマインドは捨て、アドバイスには「善処します」、オーダーには意図を理解して応えることが必要だったと振り返る。そのほかにも若手側には、当事者意識を持つことや、悲観的にならないこと、さらにセクションを越えて意見を言いやすい環境づくりを心がけるなど、自助努力があってこそ周囲の協力が得られるとまとめた。

「若手小規模プロジェクト」の結果、育成の目的を達成しただけでなく、会社の成果物が増え、取り組みを通じて新卒の応募が増えるなどの対外的な反応も上々だったという。さらにこの取組の一連のプロジェクトをブランド化、商業的な活用も予定されている。

最後にこれから「若手小規模プロジェクト」を行おうと検討している人に向けて、プロジェクトは同年代のチームで目的を明確に短期間で行うことを前提に、チーム外の理解とフォロー、そして若手自信がゲームを面白くしようという意識を持たせることで必ず成長できるとエールを送り、講演を締めくくった。

※画面は開発中のものです。

関連ワード
  • セガゲームス特集ページ
  • BUSTAFELLOWS特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • 夢現Re:Master特設サイト

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
2月13日(木)
Ballistic Craft: 弾導のアルケミスト
Dead by Daylight-山岡一族の物語り-公式日本版
Deadlings
Death end re;Quest2
Death end re;Quest2 Death end BOX
Everything
Kick-Flight
Little Racer
Overdrive City
SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
STU48 ぷるぷる! on Stage
Super Tennis Blast
ドラゴンブレイク
2月14日(金)
ASTRO BOT:RESCUE MISSION Value Selection
Darksiders Genesis
Déraciné Value Selection
Dreams Universe
Pawarumi
Shadowgun War Games
とらぶるでいず
ストリートファイターV チャンピオンエディション
スライドパズルミュージアム
春音アリス*グラム
無双OROCHI3 Ultimate
無双OROCHI3 Ultimate デジタルデラックス版
2月18日(火)
にゃんグリラ
ジラフとアンニカ
三極姫RE:BIRTH~DEFENCE~
2月19日(水)
モンスターハンター ライダーズ
2月20日(木)
UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]
アサルトチェーンガンズKM
デビル メイ クライ 3 スペシャル エディション
デビル メイ クライ トリプル パック
プロジェクト・シルバーウイング
ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ
ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ オタカラBOX
三國戦志・いくさば
侍道外伝 KATANAKAMI
蝶の毒 華の鎖 ~大正艶恋異聞~
2月26日(水)
スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー
勇者死す。again
2月27日(木)
Frostpunk
loveclear-ラブクリア
loveclear-ラブクリア 完全生産限定版
LoveR Kiss
LoveR Kiss コスチュームデラックスパック
ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS
ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS デラックスエディション
ゴッズ アンド モンスターズ
バブルボブル 4 フレンズ
メイドさんのいる暮らし
メイドさんのいる暮らし プレミアムエディション
ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション
千里の棋譜~現代将棋ミステリー~
東方スカイアリーナ・幻想郷空戦姫-MATSURI-CLIMAX
東方スカイアリーナ・幻想郷空戦姫-MATSURI-CLIMAX 限定特装版
現代大戦略2020~揺れる世界秩序!大国の野望と世界大戦~
2月28日(金)
マルコと銀河竜 ~MARCO & GALAXY DRAGON~
マルコと銀河竜 ~MARCO & GALAXY DRAGON~ GALAXY EDITION
マルコと銀河竜 ~MARCO & GALAXY DRAGON~ STANDARD EDITION
推しのラブより恋のラブ
推しのラブより恋のラブ 限定版