スクウェア・エニックスは、PS4/Nintendo Switch用ソフト「LOST SPHEAR」を、本日10月12日に発売した。

目次
  1. 物語
  2. ゲームの特徴

「LOST SPHEAR」は、儚く切ないストーリー、個性的で魅力的なキャラクター、アクティブ・タイム・バトル2.0をベースに移動要素を追加した戦略的なバトル、自由度の高いカスタマイズ要素など、伝統的なRPGのスタイルをベースに現代のプレイ感を融合したネオ・トラディショナルRPGだ。

また、今後も無料ダウンロードコンテンツなどの配信を予定している。

物語

この世界は記憶によって創られている。人が生きていくことで星の記憶となり、この世界は形作られていく。それは、果てしなく遠い昔の記憶もあれば今、この瞬間の記憶もある。そして――

記憶が失われるとき、存在も消えてしまう。それを人はロストと呼んだ。ロストしてしまったものは、人の力で元に戻すことはできない。それはいつの時代であっても変わらない理のはずだった――しかし、記憶の力を使う少年が世界に現れる。彼の名はカナタ。それは世界にとって、希望なのか。新たなる絶望なのか。それは誰にもわからない。

だが、今始まろうとしている、カナタの記憶を巡る旅が、世界に大きな影響を与えるであろうことは間違いなかった――

ゲームの特徴

“アクティブ タイム バトル2.0”に移動要素を追加した新たなバトルシステムにより、戦略性と爽快感に溢れるバトルが楽しめます。
記憶を集め、アーティファクトと呼ばれる建造物を作成することで、さまざまな効果が発動。バトルやゲーム性に変化をもたらします。
キャラクター専用の“機装”を手に入れれば、強力なキャラ固有コマンド“パラダイムドライブ”が使用可能に。フィールドでは障害物を破壊したり、エンカウントを無視することも可能です。
さまざまな文明が入り混じった個性的で幻想的な世界。エリアマップでモンスターに接近するとシームレスでバトルが開始されます。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー