【G-STAR 2017】PCオンラインゲームのモバイル版「M」を続々とリリースするNetmarble

【G-STAR 2017】PCオンラインゲームのモバイル版「M」を続々とリリースするNetmarble

担当:Gamer編集部

モバイル

韓国・釜山で11月16日から11月19日まで開催している「G-STAR 2017」。PCをモバイルに最適化したモバイルアプリ「M」を続々とリリースするNetmarbleの最新作を紹介する。

Netmarbleが韓国でヒットさせた「リネージュ2 レボリューション」は、日本にも上陸、日本でも多くのユーザーに楽しまれている。「リネージュ」はNCSOFTが開発しているPCオンラインゲームだったが、モバイル版はネットマーブルが「リネージュ2 レボリューション」として開発・サービスを行っている。PCオンラインゲームのモバイル化を進める同社がプレイアブル出展した4タイトルを紹介しよう。

TERA M

本作はPC「TERA」のIPを活用したスマートフォン向けゲーム。PC同様のグラフィックを再現し、ノンターゲティングのバトルを楽しむことができる。もちろんエモーションなどもPC版と同じように使うことができた。

Blade&Soul M

日本ではアニメ化もされたPCオンラインゲーム「ブレイドアンドソウル」のモバイルアプリ。高い場所から滑空する軽功なども可能で、世界を自由に走り回ることができる。立体的なスキルアクションもPC版と同様サクサク繰り出すことができるので、激しいアクションバトルを楽しめそうだ。

ICARUS M

モンスターをペットにし、騎乗できるフェローシステムが特徴的なPC「イカロスオンライン」がスマートフォンゲームとして登場。グラフィックはPC版と遜色ないほど美しく、もちろんフェローシステムも健在、多人数でのプレイも可能だ。会場では、おなじみの巨人・ノディアスとの戦闘も楽しむことができた。

SEVEN KNIGHTS 2

すでに日本でも配信が行われているスマートフォン向けRPG「セブンナイツ」の続編となる本作。前作とは異なり、非常にリアルな3Dグラフィックを採用。左の親指のスティックで移動操作、右のスキルボタンで攻撃とオーソドックスなスタイルになっていた。

ところどころに映画のようなカットシーンが挿入されており、演出にも力が入っているように感じた。ジャンルはMMORPGとなっていたが、コミュニケーション要素を確認することはできず、基本的には一本道を進んで登場する敵を倒すといった形だった。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード

ピックアップニュース

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 12/11 UP 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
VR.Gamer

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る