日本初の“eスポーツ”プロライセンス発行が決定!ハイカライブ開催など見逃せない情報満載の「闘会議2018」発表会レポート

日本初の“eスポーツ”プロライセンス発行が決定!ハイカライブ開催など見逃せない情報満載の「闘会議2018」発表会レポート

担当:

ドワンゴが2018年2月10日・11日に幕張メッセで開催する「闘会議2018」。本イベントの概要や各ブースの企画内容が明らかとなった発表会が、12月13日に六本木・ニコファーレにて実施された。

デジタルからアナログまで、古今東西のゲームが集まる“ユーザー参加型”のイベントとして広く知られている「闘会議」。昨年行われた「闘会議2017」は会場来場者6万8,459人、ネット視聴者412万6,180人を動員した。

本発表会では、「闘会議2018」の企画内容や参加ゲームタイトルが公開。さらに、世界的なムーブメントとなる、“eスポーツ”の新たな取り組みも発表された。

「スプラトゥーン2」や「PUBG」の公式大会が開催!

司会進行を務めるのは、ドワンゴの夏野剛氏、中野真氏、奥井晶久氏の3人。まずはイベントのキャッチコピーとキービジュアルが公開された。ビジュアルに取り入れられたコロッセオは、戦いの舞台であることの象徴だという。昨年に引き続き「ジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO)」との合同開催となる。

左から夏野剛氏、中野真氏、奥井晶久氏。

続く協賛企業の発表では、特別パートナーである任天堂を皮切りに、パートナー企業としてXFLAGスタジオ、バンダイナムコエンターテインメント、23/7トゥエンティ スリー セブン、ポノス、戦闘摂理解析システム #コンパス、ユービーアイソフト、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、スクウェア・エニックス、カプコン、KONAMI、モンスターエナジージャパン、G-SQUAREといった企業が名を連ねた。また今年は、PlayStationが特別出展、特別協力としてDMM GAMESの協賛も決定した。

さらにパートナー企業による出展・企画内容も公開された。「スプラトゥーン2」では初となる公式大会「スプラトゥーン甲子園」や、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)」のプロリーグ設立を見据えた公式大会「PUBG JAPAN SERIES」などが実施される。

“eスポーツ”が本格始動? 有識者が語る日本の“eスポーツ”事情

本発表会では、“eスポーツ”に関わる新たな取り組みが公開された。まず、日本eスポーツ協会(JeSPA)、e-sports促進機構、日本eスポーツ連盟(JeSF)という3つのeスポーツ団体が来春早々に統合・新設し、新たな「eスポーツ新団体」を発足することが明かされる。この「eスポーツ新団体」には、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)および日本オンラインゲーム協会(JOGA)というゲーム業界の団体も協力。一丸となって、“eスポーツ”という大きなうねりを作り出すという。

これにより、日本初のプロライセンスの発行や、今まで難しいとされていた賞金制大会の開催が可能になるという。また今春、eスポーツがオリンピック競技となることが話題となったが、そこで問題視されていた、日本オリンピック委員会(JOC)加盟への一歩を踏み出すこともできる。

「闘会議2018」は、この新団体がプロライセンスを発行する初の舞台。注目度も上がり、今後の活動の試金石になるだろう。

ステージにはゲストとして、DetonatioN Gameing CEOの梅崎伸幸氏、「鉄拳」シリーズ・プロプレーヤーのノビ氏、ゲーム業界で様々な活動を行っているブンブン丸氏が登壇した。

左から梅崎伸幸氏、ブンブン丸氏、ノビ氏。

梅崎氏は「ライセンスに関しては、ゲームメーカーと協力するという部分も含めて世界で初ということもあり、ここから日本のeスポーツは飛躍的な革新を見せるのではないか」とコメント。現役のプレイヤーでもあるノビ氏も、「国内で賞金制大会が開催されることで、今後はプロを目指す人が増えるきっかけになるのではないか」と展望を語る。

ブンブン丸氏は、「ライセンスを持っていない人や、今までプロゲーマーとして活動していた人たちの立ち位置がどうなるのか」といった不安要素を指摘するも、「これがきっかで“eスポーツ”を多くの人に知ってもらうことができる」と前向きなコメントも残した。

会場では、プロライセンス発行予定タイトルも公開された。「ウイニングイレブン2018」、「ストリートファイターV アーケードエディション」「鉄拳7」、「パズル&ドラゴンズ」、「モンスターストライク」の5タイトルだ。

これを受けて話題となったのは、スマートフォンタイトルの“eスポーツ”化だ。スマートフォンタイトルがこれまでそのような扱いを受けたことがあるのだろうか? という疑問には、「『王者栄耀』や『Vainglory』のような『MOBA』と呼ばれるジャンルでは珍しくない」と梅崎氏が回答。また、一般的に“eスポーツ”と呼ばれているタイトルとイコールでないことに関して、ブンブン丸氏は「必要以上に海外を意識する必要はないのではないか」と述べる。きちんと日本の中で盛り上がってコミュニティの活性に繋がることが大事とのことだった。

とはいえ、ここで発表されたタイトルにPC系が入っていないことについて梅崎氏は、「パーツメーカやBTOメーカーが支援し易いということもあるので、ぜひPCタイトルを入れて欲しい」とコメント。ブンブン丸氏も「少し前までPCタイトルはマイナーな存在だったが、『PUBG』や『LoL』など盛り上がっているタイトルも沢山あるので、そういったタイトルが全面に出てくることでより“eスポーツ”の盛り上がりを感じられるのではないか」と賛同する形となった。

なお「闘会議2018」では、幾つかのタイトルで実際にプロライセンスが発行。さらに一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)より、「闘会議2018」に1,000万円の賞金協賛が決定している。

あの伝説のライブが復活!

ここからは「闘会議2018」にて行われる様々なゲーム大会を紹介。中でも注目は、先程発表されたプロライセンス発行予定タイトルだろう。「鉄拳7」および「ウイニングイレブン2018」の2タイトルにてライセンス発行大会の開催が決定している。

また、「闘会議2018」のレギュラー企画としては、昨年も実施された「コスプレエリア」や「アナログゲームエリア」、おなじみの「まるなげひろば」などが予定されている。さらに「ゲーム音楽ステージ」では、伝説のライブが復活することが明らかに。「スプラトゥーン2」に登場する人気急上昇中のユニット「テンタクルズ」が出演する「ハイカライブ」の開催が決定した。前回の「ハイカライブ」では、運営の想定を超える人が集まってしまったので、今年はさらに規模を広げて開催されるそうだ。

最後に入場券に関する情報や、「闘会議」関連の大会スケジュールが公開された。こちらはニコニコ生放送などで配信されるほか、詳細なスケジュールなどは「闘会議2018」公式サイトにて順次公開されるという。今後の動向に注目しておこう。

公式サイト
http://tokaigi.jp/2018/

(C)Konami Digital Entertainment
(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
TEKKENTM 7 &(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
“モンスターストライク”は、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る