NeteaseGamesによる非対称対戦型マルチプレイゲーム「Identity V」。「Dead by Daylight」デベロッパーと提携し開発したその内容は期待に応えてくれるものか、紹介していこう。

「Identity V」は、NeteaseGamesが7月にリリースしたスマホ向け非対称対戦型マルチプレイゲーム。ゲーム内容を一言で言うと、ホラーテイストな「缶蹴り」だ。4人のサバイバーと1人のハンターという2チームに分かれ、サバイバーはマップから脱出することを目指し、ハンターはサバイバーを捕まえることを目指す。

コンシューマーやPCでリリースされている「Dead by Daylight」と似ている…と思った人もいるだろう。本作は、「荒野行動」などのスマホ向け作品をリリースしているNeteaseGamesが、「Dead by Daylight」のデベロッパーであるBehaviour Interactiveと業務提携し開発された。つまり、スマホ版「Dead by Daylight」といっても過言ではない作品なのだ!

こうした話題性のためか、本作は配信直後から各ストアのランキング上位に浮上。はたしてその内容は期待に応えてくれるものか? ホラー好きな筆者がプレイしてみた。

グロ演出はほぼなし!「恐怖」ではなく「不気味」な世界観

プレイにあたってまず目につくのが、世界観だ。本作も「Dead by Daylight」と同様、ホラー的な雰囲気に満ちている。でも、その方向性が違う。「13日の金曜日」や「悪魔のいけにえ」に「ハロウィン」といったスプラッター系ホラー映画の世界観を忠実に再現していた「Dead by Daylight」と異なり、本作は「ホラー」の前の「不気味」レベルで世界観がまとめられている。映画で言えば、ティム・バートン監督作品の作り出すダークファンタジー系のテイストに近いと感じた。

「不気味さ」をよく象徴しているのが、サバイバーの“目”。サバイバーの目は裁縫に使うボタンで表現されている。これは映画映画「コララインとボタンの魔女」でも見られた表現。視線の方向がわからないことから、不気味さや不安さを感じさせる表現だ。

こうした「不気味さ」「不安さ」がある一方で、グロテスクな表現や血の飛び散るスプラッター表現はまったくない。たとえば「Dead by Daylight」の場合、サバイバーが捕まるとフックに吊るされ最終的に殺されてしまう。しかし本作ではロケットのついた椅子「ロケットチェア」に括りつけられ、時間がくると椅子ごと飛ばされてしまう…という演出。グロテスク表現やスプラッター表現が苦手という人でも問題なく視聴可能なレベルだ。

なので、世界観込みで「Dead by Daylight」を体験したい…という人にとっては物足りないかもしれない。ただ、ホラー性が抑えられたことで本作は、より幅広い層がプレイできる作品になっている。「対戦ゲーム」である本作にとってこれは、マッチングの早さやプレイの盛り上がりといった恩恵をもたらしてくれそうだ。

追い詰める楽しさ!抜群のスリル!「Dead by Daylight」ゆずりのゲームシステム

ゲームシステムそのものは、「Dead by Daylight」とほとんど同じといっていい。4人のサバイバーと1人のハンターで競う「缶蹴り」だ。追う「鬼」と「鬼」から逃げる者達。「缶蹴り」では「缶」が需要だ。たとえ鬼に捕まっても、まだ捕まっていない者達が「缶」を蹴とばせば鬼から解放されるからだ。

本作ではこの「缶」の役目を「ロケットチェア」というギミックがはたしている。缶蹴りの“鬼”にあたるハンターの目的は、サバイバーを捕まえること。サバイバーを攻撃によって気絶させ、「ロケットチェア」まで運んでくくりつける。「ロケットチェア」に括りつけられたまま一定時間が過ぎるとサバイバーは脱落。しかし、一定時間内に他サバイバーによって解放されてしまうこともある。まさに「缶蹴り」だ。

ただ缶蹴りと違うのは解放の上限が決まっていること。複数回「ロケットチェア」に括りつけられてしまうとサバイバー側は即座に脱落となる。ハンター側は3人以上のサバイバーを脱落させれば勝利だ。

ハンターはサバイバーより足も速く、またサバイバー側から攻撃を受けることもない。つまり、一方的にサバイバーを追い詰めることになるわけだ。もちろん、広大なマップ上のどこにサバイバーがいるのか探すのはカンタンじゃあない。サバイバーが目指す暗号解読機のある場所を確認したり物音を確認したり…といった方法で、まずはサバイバーを見つける必要がある。獲物を見つけ、追い求める。この“獲物を追い詰める感覚”こそ、ハンター側でプレイするだいご味。

一方サバイバー側の目的は、マップから脱出すること。脱出するためにはまずマップ上に存在する暗号解読機を使い、決められた数の暗号を解読する必要がある。暗号を解読したら続いて脱出口を開き、脱出。

暗号を解読するにしても、脱出口を開くにしても、即座にパッと終わるわけではない。画面にゲージが表示され、ゲージが満タンになるまで待つ必要がある。これだけでも「ハンターに見つかるんじゃないか…」とドキドキなのに、時折ミニイベントが発生。ミニイベントは、高速移動するゲージをタイミングよくタップして止める…というもの。これに失敗すると、どの場所でミニイベントに失敗した…という情報がハンターに伝わってしまう。このため、非常に緊張感が高い!

ハンターから見つかってしまったら、サバイバーにできることはとにかく逃げてハンターの追跡を振り切ること。純粋な追いかけっこでは足の速いハンターの方が有利なものの、サバイバーにはハンターにできないサバイバー独自のアクションがある。

ひとつは、建物の窓を乗り越えるというアクション。これを使ってハンターに回り道をさせ、距離を稼ぐわけだ。

ふたつめは、板をハンターにぶつけるというアクション。板をぶつけられたハンターは一定時間行動不可能になる。

それから、ロッカーに隠れるというアクションもある。ロッカーに身を隠してハンターをやり過ごすのだ。

サバイバーはこうしたアクションが可能なわけだが、どのアクションも利用可能な場所が限られている。窓や板、ロッカーといったものがなければ、ひたすら逃げるしかないのだ。なので、基本的にはサバイバー側が不利と言っていい。だからこそ、サバイバー側でのプレイは常にスリリング! 暗号解読機を探している時も、暗号を解読している時も、逃げている時も、いつ何時も極限のスリルが味わえるのだ。

人格を解放!プレイスタイルにあったキャラ育成

こうした内容から、本作は純粋にアクション性だけが問われる作品のように見えるが、実はそうでもない。本作にも育成要素が存在しているからだ。その要素が「人格」。「人格」は、ポイントを使ってスキルツリー的に開放していく、いわば「スキル」のようなもの。サバイバー、ハンターのそれそれに用意されており、「人格」を解放することで暗号解読機の場所が表示されるようになったり、特定条件下での移動速度が上がったりといった効果が得られるのだ。

本作ではサバイバー、ハンターともに複数のキャラクター用意されているが、「人格」はどのキャラクターを選んだ時でも同様に効果が発生する。なので、キャラクターと「人格」の組み合わせを考えつつ「人格」を解放していくことになる。自分のプレイスタイルを踏まえつつ「人格」を解放していくという戦略性は、RPGが持つ育成の楽しさそのものだ。

皆でワーワー盛り上がられる!「Identity V」ならではの良さ

世界観以外は「Dead by Daylight」と言っていい「Identity V」。つまり、これでいつでもどこでも「Dead by Daylight」をプレイ可能になったわけだ。操作性やマッチングの速さなど非常に快適なので、「Dead by Daylight」ファンはプレイすべき!と声を大にして言える。

「Dead by Daylight」ファンじゃなくとも、対戦ゲームが好きな人ならオススメできる内容だ。本作の“追い詰める楽しさ”と“極限のスリル”は、きっと夢中にさせてくれるだろう。本作のベースとなった「Dead by Daylight」という作品が何故ヒットしたのかわかるだろう。「Dead by Daylight」から世界観が変更されたことで「怖いのが苦手」という人でも
手を出しやすいはずだ。

なお、本作にあって「Dead by Daylight」では味わえない…という楽しさもある。スマホを持ち寄っての対戦プレイだ。「Dead by Daylight」もノートPCにインストールすれば持ち寄ってプレイできないわけではない。けど、スマホの方が断然気軽にプレイできてしまう。もちろん、ボイスチャットでコミュニケーションしながらのプレイも面白い。

しかし、同じ場所に持ち寄って顔を突き合わせてプレイする臨場感は格別だ。突然のハンター襲来に思わず声を上げたり、上手くハンターを振り切った時に「どうだ!」とドヤ顔したり…。緊張と緩和が頻繁に訪れ、感情が刺激されやすい本作だからこそ、大きな盛り上がりを味わえるだろう。フレンド登録からの招待プレイで、持ち寄りプレイの興奮を是非味わってほしい!

Identity V

NetEase Games

MobileアプリiOS

  • 配信日:2018年7月5日
  • 価格:基本無料

    Identity V

    NetEase Games

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2018年7月11日
    • 価格:基本無料
      関連ワード

      (C)2018 NetEaseInc.All Rights Reserved

      ※画面は開発中のものです。

      この記事のゲーム情報

      Identity V

      Identity V

      非対称対戦型マルチプレイゲーム
      機種
      PCMobile
      プラットフォーム
      ダウンロードアプリ
      OS
      iOSAndroid
      会社
      NetEase Games
      ジャンル
      アクション
      テーマ
      ホラー
      • セガゲームス特集ページ
      • Figgy
      • BUSTAFELLOWS特設サイト

      REGULAR定期配信

      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      • Gamer編集部通信
      6月13日(木)
      ガンマンストーリーHDコレクション
      コンダクト トゥギャザー!
      スーパーリアル麻雀P7
      ドラえもん のび太の牧場物語
      6月14日(金)
      GOD WARS 日本神話大戦
      あやかしコントラクト
      ガーディアン・プロジェクト
      ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説
      6月15日(土)
      ブラスターマスター ゼロ
      6月18日(火)
      Bloodstained: Ritual of the Night
      ドラゴン&コロニーズ
      6月19日(水)
      サムライスピリッツ零 SPECIAL
      爆走!テレビ野郎ナナーナ
      6月20日(木)
      777TOWN mobile
      Dead by Daylight サバイバーエディション[限定版]
      SCRAP RUSH!!
      Summer Pockets
      イースVIII -Lacrimosa of DANA- スーパープライス
      グノーシア
      メカフォース
      レイト・シフト
      妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている
      華ヤカ哉、我ガ一族 幻燈ノスタルジィ for Nintendo Switch
      華ヤカ哉、我ガ一族 幻燈ノスタルジィ for Nintendo Switch 限定版
      龍が如く5 夢、叶えし者
      6月21日(金)
      AI流現代囲碁
      Steel Sword Story
      6月25日(火)
      エルクロニクル
      6月27日(木)
      CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Devote
      CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Devote 限定版
      DOGFIGHTER -World War 2-
      HARDCORE MECHA
      Home Sweet Home
      LA-MULANA 2
      SAMURAI SPIRITS
      SAMURAI SPIRITS DELUXE PACK
      your diary +
      your diary + 完全生産限定版
      この素晴らしい世界に祝福を!~希望の迷宮と集いし冒険者たち~
      この素晴らしい世界に祝福を!~希望の迷宮と集いし冒険者たち~ 完全生産限定版
      じんるいのみなさまへ
      ぷよぷよeスポーツ
      アキハバラ リズム アンド リミックス
      アストロ探検隊
      グーニャファイター
      チキチキプロレス大乱闘!!
      ネコぱら Vol.3 ネコたちのアロマティゼ
      ハロー・レディ!-Superior Dynamis-
      ヘル・ワーダー
      勇者ヤマダくん
      実況パワフルプロ野球
      絆きらめく恋いろは
      6月28日(金)
      スーパーマリオメーカー 2
      スーパーマリオメーカー 2 はじめてのオンラインセット
      7月1日(月)
      テラウォーズ
      7月2日(火)
      ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック
      ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック コレクターズエディション
      ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ
      ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ コレクターズエディション