スクウェア・エニックスは本日8月25日、幕張メッセにて開催の「C3AFA TOKYO 2018」メインステージ上で、「星と翼のパラドクス」スペシャルステージを実施した。

JAEPO 2018での発表以来、ロケーションテストやさまざななイベントの出展などを行ってきたアーケードゲーム「星の翼のパラドクス」。今回行われたステージでは、プレイヤーのパートナーであるアズワンを演じる小松未可子さん(ヒカリ役)、諏訪彩花さん(レイカ役)、佐藤美由希さん(シャーリー役)、そしてプロデューサーのスクウェア・エニックス 丹沢悠一氏が登壇し、タイトルの概要、ならびに新たな情報の数々が紹介された。

(左から)丹沢悠一氏、小松未可子さん、諏訪彩花さん、佐藤美由希さん

まずは、最大8vs8のチームバトルが楽しめる、アーケード向けハイスピードメカアクションゲームである本作を紹介。そのこだわりとして丹沢氏は、コックピットに搭乗しているような体験ができる点を挙げ、気になる稼働時期について、全国のゲームセンターで2018年11月に開始予定であることを発表した。

今回のステージでは、ちょっとした寸劇の後、小松さんが実際に体験プレイを行うことに。今回はナギ(CV:白石涼子)のエア・リアルであるカーディナルを操作して、拠点を制圧した上でコアの破壊を目指すゲームループを紹介しつつ、見事なプレイで勝利。小松さんは何回かプレイをした上での今回の体験プレイだったということだが、同じく数回プレイしている諏訪さんも回数を重ねるごとに直感的にプレイできるようになったと、そのプレイフィールについて触れた。

また、スタンダードとテクニカルの2種類のモードが用意されており、幅広く遊べることをアピール。ちなみに、スタンダードモードが生まれたのは、スクウェア・エニックスの代表取締役社長である松田氏でもプレイできるように用意したという経緯があるのだとか。

その後は本作に登場するエア・リアルとアズワンの面々を紹介。エア・リアルには腰に翼を模したパーツが用意されており、その形状によってそれぞれに異なる性能を持っているという。そして今回、佐藤さん演じるシャーリーの乗機であるゴールデン・ダーが初お披露目。その見た目からも分かる通り、これまでの3機とは異なり、重量型のエア・リアルとなっている。

シャーリーは機械に強い側面があり、この機体も自身でメンテナンスや改造をしたものなのだとか。

さらにステージ上では本作の主題歌がお披露目。作曲を菅野よう子氏、歌唱をEGOISTのChellyさんが担当している同楽曲は、今後公開予定のアニメーションPV第2弾で聴けるそうなので、気になる人は続報に期待しよう。

「C3AFA TOKYO 2018」の出展を記念したキャンペーンも実施。本日からは第2弾もスタートしている。

最後に、登壇者から11月の稼働に向けたメッセージが寄せられ、ステージは終了となった。

「C3AFA TOKYO 2018」の会場では試遊出展も。
同イベントは26日も行われるので、気になる人は足を運んでみてはいかがだろうか。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー