スクウェア・エニックスは、アーケードゲーム「星と翼のパラドクス」において、9月30日に大型バージョンアップを実施し、2人対2人の新モード「翔撃戦」を実装する。

目次
  1. 2人対2人で白熱のバトルを楽しもう︕新モード「翔撃戦(しょうげきせん)」が登場!
  2. 新機体「エタニティ」(メカニックデザイン︓形部一平)

2人対2人で白熱のバトルを楽しもう︕新モード「翔撃戦(しょうげきせん)」が登場!

2020年9月30日(水)の大型バージョンアップより、これまでの8人対8人の大規模バトル「翔握戦(しょうあくせん)」に加え、2人対2人で白熱のバトルを楽しむことができる新モード「翔撃戦(しょうげきせん)」が始動いたします。ゲーム内の動きに合わせて可動する体感筐体によるリアルなロボット搭乗体験はそのままに、プレイ料金も100円(勝利時には最大10プレイ可能)と大変遊びやすくなります。

「翔撃戦」では、パートナーと息を合わせることで極大のダメージを与えることのできる新バトルシステム「クロスバースト」など、2人対2人を生かした新システムがゲームを盛り上げます。

戦局を変える超兵器、スペシャルウエポン。「翔握戦」にはなかった、新たな駆け引きが生まれそうだ。

新機体「エタニティ」(メカニックデザイン︓形部一平)

ソリディアに対抗するために開発された新型エア・リアル。詳細なスペックは明らかにされていない。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー