ネクソンは、NEOPLE傘下の開発チームであるAction Studioが、人気PCオンラインアクションRPG「アラド戦記」のIPを題材とする新作PCオンラインゲームを開発していることを明らかにした。

本作は、Unreal Engine4を基盤とした3DアクションRPGで、2018年12月25日に韓国ソウルで開催した「アラド戦記フェスティバル」にて発表した。

本発表に関し、ネオプル代表取締役社長であるノ・ジョンファン氏は、「『アラド戦記』は、10年以上愛され続けており、この度「アラド戦記フェスティバル」にてファンのみなさまへ本作を題材とした新作3DアクションRPGの開発をお知らせすることができとても嬉しく思います。」とコメント。なお、日本での配信は未定となっている。

Action Studio

2017年7月にネオプル傘下のもと新設され、「アラド戦記」のIPを題材としたゲームを中心に開発する組織です。現在は、「アラド戦記2Dモバイル」、「アラド戦記」のIPを題材とした新作3DアクションRPGを開発しております。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー