セガゲームスより2019年12月12日に発売されるPS4用ソフト「新サクラ大戦」の先行プレイレポートをお届けします。

「新サクラ大戦」は太正二十九年の帝都・東京を舞台に、悪と戦う「帝国華撃団」の活躍を描く、ドラマチック3Dアクションアドベンチャー。新たな主人公・神山誠十郎が率いる「帝国華撃団・花組」が帝都に現れた降魔や、世界の各都市に誕生した華撃団と激突しつつ、ヒロインたちとの絆を育んでいくストーリーが描かれます。

「サクラ大戦」ファンにとっては待望、そして「サクラ大戦」を知らない人たちにとっては新鮮な気持ちで楽しめるであろう本作。筆者もこれまでの「サクラ大戦」シリーズについてはアニメを見ていたぐらいでしたが、今回の先行プレイを経て、「新サクラ大戦」ならではの魅力の数々を堪能することができました。ここでは、ゲーム序盤のプレイレポートをお届けしていきます。

ダイナミックかつインタラクティブに楽しめるアドベンチャーパート

アドベンチャーパートでは、プレイヤーは帝国華撃団・花組の隊長に就任した神山を操作し、大帝国劇場や銀座の街を自由に探索していきます。基本的にゲームのストーリーを進めるために必要な行動が示されますが、細かなイベントも盛り込まれているので、しっかり遊ぼうと思うと1話分だけでもかなりのボリュームになります。

プレイしてみてまず驚かされたのは、ゲームの冒頭からしっかりと作り込まれたイベントシーンの数々。風景の移り変わり、そしてコロコロと変わる表情、ダイナミックな動きまで、まるで一本の映像を見ているかのような感覚で楽しめます。

また、ゲーム内のキャラクターボイスは特定のシーンのみではあるものの、ボイスの有無に関わらず、アドベンチャーパートではキャラクターがそれぞれの会話に沿った動きも見せてくれます。通常、アドベンチャーパートでボイスのないシーンは、テキストだけを追いかけるかたちで進めていきますが、「新サクラ大戦」に関してはとにかくその動きの作り込みが目に入って飛ばせない! これだけ濃密な作りになっているとは思っておらず、実際にプレイしてみて驚かされました。

今までお伝えした部分はプレイヤーが受け手になるような要素ですが、その一方でプレイヤー側が神山となって立ち回る、アドベンチャーとしての魅力も豊富です。その最たるものが、シリーズファンにはおなじみのLIPS(リップス、時間制限式選択肢)でしょう。

限られた時間の中で回答を選択するのは、その回答によるキャラクターのリアクションもさることながら、プレイに対する緊張感を与えてくれます。時には予想だにしない回答が用意されていますが、順当にヒロインとの絆を深めていくか、それとも悪ふざけをするか…その選択がプレイヤーに委ねられているのは嬉しいところ。個人的にはヒロインが怒ったときの、神山がタジタジになっている姿が微笑ましかったです!

また今作では、回答時に左スティックを上下に入力することで、返す言葉のニュアンスを調節する「アナログLIPS」も度々出てきます。力強く答える場面もあれば繊細な受け答えが要求される場面もあるなど、こちらもプレイにほどよい緊張感を与えてくれているなと思いました。

まさかのこんな場面も…?
まさかのこんな場面も…?

ちなみに、迷子を探す場面など、一部のイベントにはクリアに時間制限が発生するものも用意されています。イベントが始まると画面端にゲージが出現するので、一旦ほかの物事は忘れて、条件のクリアに集中しましょう。

ミニゲーム「世界こいこい大戦」や急接近のコミュニケーションモードにも注目!

ゲームの冒頭では大帝国劇場の各施設しか移動できませんが、ゲームが進むと銀座の街にも行けるようになり、行動範囲も広がります。自由度が上がるのは良いのですが、どうやってプレイを進めていくか悩みどころでもあります。そんな時に活用していきたいのが、ゲームの進行を助けてくれるアイテム「スマァトロン」です。

各エリアの状況を確認できる地図をはじめ、これまでの内容を振り返る活動記録、降魔の出現などを知らせてくれる着信機能などが盛り込まれていますが、その中で筆者がぜひ注目してほしいのが「世界こいこい大戦」です。

その名称が示すとおり、花札を用いて遊ぶゲーム「こいこい」が楽しめるものになっていますが、対戦相手はゲーム進行によって増えていきます。難易度も「手習い対戦」と「真剣対戦」の2つから選択できるので、サクサククリアしていきたい人から、歯ごたえのある対戦を楽しみたい人まで、幅広く楽しめるものになっています。スマァトロンからだけでなく、タイトル画面からも選択可能なので、ちょっとした合間に遊んでみてはいかがでしょうか。

さらに筆者が度肝を抜かれたのが、ヒロインと絆を深めた状態下で、特定の場面で発生するコミュニケーションモードです。基本的にはヒロインと向き合って会話するという感じなのですが、左スティックでカーソルを動かして、カーソルが変化したところで○ボタンを押すと、さまざまな反応が返ってきます。

ここまでは普通によくあるコミュニケーションなのですが、会話を重ねて気持ちが寄り添っていくと、徐々に相手との距離感が文字通り近づいていきます。そして最後はキラキラ空間の中で、顔のパーツまでしっかりと見えるほどの至近距離での会話が楽しめるのです。これが想像以上の破壊力で、筆者はちょっと人前では見せられない顔になっていました(笑)。

正直なところ、このモードについてはとにかく体験してもらうのが一番かなと思っています。ちなみに、このモード中もLIPSが発生する場面があるので、アドベンチャーパートで気になるヒロインとの絆を深めてもらいつつ、万全の体制で臨んでみてください!

あまり邪な目で見てはいけませんよ?
あまり邪な目で見てはいけませんよ?

そのほかにも、ブロマイドの収集などアドベンチャーパートをより楽しめる要素もあります。シリーズファンはもちろん、今作で初めて触れる人も、例えばさくらが憧れる真宮寺さくらの姿や、今作では総司令として登場する神崎すみれのトップスタァ時代の姿を垣間見るなどの楽しみ方があると思います。

爽快感のあるアクションが楽しめるバトルパートではドラマチックな演出が!

アドベンチャーパートだけでもかなりのボリュームですが、バトルパートも旧作のシミュレーションRPGからアクションに変化していることもあり、これまでのシリーズとは異なる、爽快感のあるバトルが展開されます。特に霊子戦闘機(※さくらのみ霊子甲冑)がスピーディーに動くさまは、これまでにないビジュアルインパクトがあり、最初に見た時は驚かされました。

基本的には隊長である神山機と隊員たちの機体を切り替えながら、指定された条件をクリアすることでマップの先に進んでいきます。1話ではさくら、2話ではクラリスといった具合に、各話ごとにメインとなるヒロインは変わってくるので、神山機との違いを楽しみつつプレイしてもらうと良いかと思います。もちろん特別な演出とともに楽しめる必殺攻撃は必見です!

基本となる操作については、体験会のレポート記事と重複する部分もありここでは割愛しますが、○ボタンと△ボタンを組み合わせるだけで連続攻撃が発生、ジャンプやステップ、ダッシュなども交えながら立ち回ると爽快感のあるプレイが楽しめます。

個人的にプッシュしたいのが、バトルの至るところで挿入される隊員同士の会話です。ストーリーに沿った熱い展開はもちろんのこと、そのほかにも細かなやり取りからキャラクターの魅力を垣間見ることができます。アクションの爽快感と重厚なストーリーが織りなす、ドラマチックな3Dアクションに仕上がっています。

ちなみに、アクションが難しそうと感じる人もいるのではないかと思いますが、実はバトルパートにおけるゲームオーバーの概念は無く、たとえ撃破されたとしても、自身が強化された状態で途中からリスタートできるという安心仕様になっています。ジャスト回避など慣れるまでに時間のかかる要素はあれど、自分のペースで遊んでいけば徐々に操作にも馴染んでくるのではないでしょうか。

また、ゲームが進むとプレイできる「華撃団大戦」では、3対3のチーム戦で進めていく、通常のバトルとはまた一味違った試合形式での戦いが展開します。各国の華撃団はいずれも花組とは異なる魅力のキャラクターばかりなので、バトル中のイベントも含めて楽しめると思います。

熱いストーリー展開はぜひ実際のプレイで!

実は今回、あえてストーリーには全く触れずに構成してみました。というのも、本作を構成する要素としてストーリーはとても大きな役割を果たしていて、多少でも触れてしまうと楽しみを損なってしまうのではと感じたのです。

その上で魅力に触れるとしたら、とにかく“熱い”です。神山が、そして帝国華撃団・花組の隊員たちが帝都で起こる出来事、そして自分自身の内面とどのように向き合うのか、そのドラマをぜひ味わってもらえればと思います。

また、発売前に本作のプレイフィールを確かめたい人には、アドベンチャーパートとバトルパートの両方がプレイできる体験版に触れてもらうことをオススメします。特にこれまで情報を入れてこなかった人は、良い意味で裏切られると思いますよ!

新サクラ大戦

セガ

PS4パッケージ

  • 発売日:2019年12月12日
  • 価格:8,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
新サクラ大戦

新サクラ大戦 初回限定版

セガ

PS4パッケージ

  • 発売日:2019年12月12日
  • 価格:14,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
新サクラ大戦 初回限定版

新サクラ大戦

セガ

PS4ダウンロード

  • 発売日:2019年12月12日
  • 価格:8,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
新サクラ大戦

(C)SEGA

※画面は開発中のものです。

関連ワード

この記事のゲーム情報

新サクラ大戦

ドラマチック3Dアクションアドベンチャー
  • セガゲームス特集ページ
  • プリコネR特集
  • Figgy
  • BUSTAFELLOWS特設サイト

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
4月2日(木)
MazM: ジキル&ハイド
SoundArt
ことばのパズル もじぴったんアンコール
4月3日(金)
HyperParasite
バイオハザード RE:3
バイオハザード RE:3 COLLECTOR’S EDITION
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version COLLECTOR’S EDITION
プリズンプリンセス
華麗なる宮廷の女たち
4月6日(月)
コンカラーズ・ブレード
4月7日(火)
オハナアイランド
パズルスターハニー - Block Puzzle -
絵師神の絆
蒼藍の誓い - ブルーオース
4月9日(木)
Fly O’Clock VS エディション
htoL#NiQ -ホタルノニッキ-
Q-YO Blaster
クラウド&シープ2
コード:ドラゴンブラッド
ピクセルクロス アドベンチャー
砂の国の宮廷鍛冶屋
4月10日(金)
ファイナルファンタジーVII リメイク
ファイナルファンタジーVII リメイク デジタルデラックスエディション
4月16日(木)
SUPER PIXEL RACERS
オランピアソワレ
オランピアソワレ 限定版
ピコットタウン
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me 特装版
4月21日(火)
Dragon Marked For Death
ステリアデイズ・ウィキッド
4月23日(木)
Celeste
Enter the Gungeon
NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4 ROAD TO BORUTO
Zombie Army 4:Dead War
アオナツライン
アオナツライン 完全生産限定版
スーパーリアル麻雀 LOVE♥2~7!
スーパーリアル麻雀 LOVE♥2~7! 特装版
ブックバウンド・ブリゲード
ボク姫PROJECT
ミツバチ シミュレーター
メトロ リダックス ダブルパック
リトルタウンヒーロー
夢現Re:After
夢現Re:After 初回限定版
夢現Re:Master バンドルパック
英雄伝説 零の軌跡:改
蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック