ブシロードミュージックは12月5日、TOKYO DOME CITY HALLにて、BanG Dream! Argonavis 2nd LIVE「VOICE -星空の下の約束-」を開催した。

“BanG Dream!(バンドリ!)”発のボーイズバンドプロジェクト「ARGONAVIS from BanG Dream!」。キャラクターを演じる声優5人によるバンド「Argonavis(アルゴナビス)」として生演奏のライブを中心に活動を行ってきた。

さらに、2020年春のテレビアニメ化、2020年後半のDeNA開発・運営によるアプリゲーム「アルゴナビス from BanG Dream! AAside(ダブルエーサイド)」の配信が予定されているなど、プロジェクトとして今後ますますの飛躍が期待されている。

そんな中行われた今回のライブでは、Argonavisが充実のパフォーマンスを見せただけでなく、驚きのサプライズやさらなる新情報も用意されていた。ここでは、ライブの模様を紹介していこう。

出演者

Argonavis(アルゴナビス)
七星 蓮:伊藤昌弘(Vo.)
五稜結人:日向大輔(Gt.)
的場航海:前田誠二(Ba.)
桔梗凛生:森嶋秀太(Key.)
白石万浬:橋本祥平(Dr.)

【シークレットゲスト】
GYROAXIA(ジャイロアクシア)
旭 那由多:小笠原 仁(Vo.)
里塚賢汰:橋本真一(Gt.)
美園礼音:真野拓実(Gt.)
曙 涼:秋谷啓斗(Ba.)
界川深幸:宮内告典(Dr.)

Argonavisのメンバー5人による曲作りの様子が垣間見えるドラマパートから始まった今回のライブ。ステージ上に5人のキャストが揃うと、まずは「Steady Goes!」で甘くも爽やかな歌声を届けた。

メンバーひとりひとりが挨拶したところで、前田さんのベースから始まり力強い歌声を響かせた「メリッサ」、橋本さんのドラムパフォーマンスの勢いそのままにギターの日向さんとショルダーキーボードの森嶋さんによる殺陣(?)も繰り広げられた「READY STEADY GO」、伊藤さんだけでなく、森嶋さんや日向さんの歌唱パートもあった「GO!!!」とカバー楽曲が立て続けに披露されていく。

再びドラマパートへと移り、新曲の歌詞を作るため、それぞれの「Argonavisへの思い」というテーマについて蓮と万浬のやり取りが繰り広げられていったが、その最後のシーンで星空が映し出されると、その後に披露されたのはその雰囲気にピッタリの「天体観測」。

続いて披露されたのは、こちらもカバー楽曲の「*~アスタリスク~」。前の楽曲とはまた一味違うナンバーとなっていたが、こちらも歌詞に星が盛り込まれており、輝きを放つステージを見せる。さらにArgonavisのオリジナル楽曲である「流星雨」は、どこか切なさを感じさせながらも輝きに向かって手を伸ばし続けるメッセージ性の強い楽曲となっていた。

星にまつわる曲を続けて披露したところで、当日販売されていたグッズを紹介。和気あいあいとした雰囲気で5人の仲の良さを感じさせつつ、続いては5人では初披露となる「ギフト」を歌唱。サビ部分では詩的な表現も盛り込まれた楽曲となっていたが、タイトルの通り祈り届けるニュアンスをそのパフォーマンスで表現していた。

そこから間髪入れずに披露された「STARTING OVER」は、一転して疾走感のあるナンバーとなっており、会場にシャウトを響かせる場面もあるなど、パワフルな歌声を届けた。

ここでGYROAXIAのMVがステージ上で上映されると、そこからArgonavisの5人による朗読劇が繰り広げられ、話題は自然とArgonavisのMV制作に関するトークへと移っていく。朗読劇はここで終わりとなったが、そのままGYROAXIAによるドラマパートに切り替わり、メンバーの紹介を交えた会話が展開すると、ステージ上にはGYROAXIAのメンバー5人がサプライズで登場し、初お披露目となる「現状ディストラクション」のパフォーマンスで魅せる。

そのまま会場の観客に向け、メンバー一人ひとりが個性豊かに挨拶すると、名刺代わりとばかりに「MANIFESTO」を披露。その圧巻のステージに会場が大きな盛り上がりに包まれ、華々しいお披露目を飾った。

その後のドラマパートで結人、航海、凛生の3人による「Argonavisへの思い」が語られると、再びステージ上に登場したArgonavisは、彼らにとっての始まりのオリジナル曲である「ゴールライン」を高らかに歌い上げる。

その余韻も冷めやらぬまま、森嶋さんによるキーボードの演奏から披露されたのは「AAside」。制作されたMVの映像をバックに、力強く決意の曲を情熱的な歌唱と演奏で表現していた。

星空の下、出来上がった新曲の歌詞について話す5人のやり取りは、「VOICE」という曲名で締めくくられる。そのまま披露された同曲は、Argonavisの5人それぞれの歌唱パートが用意されているとともに、“Yes! BanG Dream!”という「BanG Dream!」にとっても意味のあるフレーズが盛り込まれた、エモーショナルな楽曲に仕上がっていた。

アンコール後には新情報として、1月15日発売予定のArgonavis×GYROAXIA「VOICE/MANIFESTO」の収録楽曲のほか、「アルゴナビス from BanG Dream! AAside(ダブルエーサイド)」からは事前登録キャンペーンの追加報酬、1月12日21時30分からの新春スペシャル生放送の実施が明らかに。

さらに、2020年春放送予定のTVアニメについては、2020年1月29日12時から開催される制作発表会と、UNISON SQUARE GARDENの田淵智也氏が作詞・作曲で参加した「星がはじまる」がオープニング主題歌として起用されるされることが発表。会場から驚きの声が漏れる中、そのままアンコールの舞台に立ったArgonavisが同楽曲を披露。Argonavisの結成を描くというアニメにピッタリの未来を感じさせる、そしてライブで盛り上がる楽曲となっていた。

「星がはじまる」の練習エピソードが語られつつ、GYROAXIAのメンバーもステージに呼び込んで挨拶。フリートークや発表された情報のおさらいを挟んで、ラジオで募集していた「ARGONAVIS from BanG Dream!」のファン名称がナビゲーター(略称“ナビ”)になったこと、そして2020年4月28日・29日にArgonavisとGYROAXIAの2マンライブ「ARGONAVIS 3rd LIVE『CROSSING』」が開催されることも明らかになった。

Argonavisのメンバーからライブの感想、そして今後の抱負が思いの丈とともに述べられると、最後に披露されたのは「逢のうた」。メンバー、そしてナビゲーターへの思いを最後まで届けたArgonavisらしいパフォーマンスでライブを締めくくった。

セットリスト

01.Steady Goes!/Argonavis
02.メリッサ(カバー)
03.READY STEADY GO(カバー)
04.GO!!!(カバー)
05.天体観測(カバー)
06.*~アスタリスク~(カバー)
07.流星雨/Argonavis
08.ギフト(新曲)/Argonavis
09.STARTING OVER/Argonavis
10.現状ディストラクション/GYROAXIA
11.MANIFESTO/GYROAXIA
12.ゴールライン/Argonavis
13.AAside(新曲)/Argonavis
14.VOICE/Argonavis
15.星がはじまる(新曲)/Argonavis
16.逢のうた(新曲)/Argonavis

(C)ARGONAVIS project. (C)DeNA Co., Ltd. All rights reserved. (C)bushiroad All Rights Reserved.
photo:西槇太一

この記事のゲーム情報

機種
Mobile
プラットフォーム
アプリ
OS
iOSAndroid
会社
ブシロードDeNA
ジャンル
リズムアドベンチャー
システム
横向き
  • セガゲームス特集ページ
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • BUSTAFELLOWS特設サイト
  • プリコネR特集

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
3月29日(日)
Simulacra 2
3月30日(月)
アウステルリッツの戦い-The Battle of Austerlitz-
4月1日(水)
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2 キャンペーン リマスタード
ディズニー emojiマッチ
4月2日(木)
MazM: ジキル&ハイド
SoundArt
ことばのパズル もじぴったんアンコール
ぷちっとクラスター
エヴァンゲリオン バトルフィールズ
ショベルナイト
スタント カイト パーティ
パンツァードラグーン:リメイク
ピカピカナース物語 小児科はいつも大騒ぎ for Nintendo Switch
メモリーズオフ -Innocent Fille-
メモリーズオフ -Innocent Fille- DOUBLE PACK
勇者クライシス
大空ヘクタール農園
4月3日(金)
HyperParasite
バイオハザード RE:3
バイオハザード RE:3 COLLECTOR’S EDITION
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version COLLECTOR’S EDITION
プリズンプリンセス
華麗なる宮廷の女たち
4月7日(火)
絵師神の絆
蒼藍の誓い - ブルーオース
4月9日(木)
ピクセルクロス アドベンチャー
砂の国の宮廷鍛冶屋
4月10日(金)
ファイナルファンタジーVII リメイク
ファイナルファンタジーVII リメイク デジタルデラックスエディション
4月16日(木)
オランピアソワレ
オランピアソワレ 限定版
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me 特装版