TYPE-MOONより2019年冬にリリース予定のiOS/Android向けアプリ「カプセルさーばんと」のメディア向け試遊会が、2019年12月13日に行われた。ここでは、そのインプレッションをお届けしていく。

小学生のシロウとリンが、「Fate」シリーズのマスター達と対決!

かわいらしくデフォルメされた「Fate」シリーズに登場したサーヴァントやマスター達が多数登場する対戦型タワーディフェンスゲーム「カプセルさーばんと」。元々は2014年にリリースされたPS Vita版「Fate/hollow ataraxia」の新要素として収録されていたミニゲームで、今回リリースされるアプリ版はその移植版にあたる。

すでにPS Vita版をプレイしたという方も多いと思うのだが、筆者は「hollow ataraxia」をPC版で遊んでいたこともあり、今回が初プレイ。TYPE-MOONファンの一人として、以前から気になりつつもプレイする機会を逃していたというタイトルでもあったため、ようやく念願が叶う形となった。

本作の世界では、大聖杯の力によって生み出された疑似英霊「カプセルさーばんと」を召喚する「カプセルサモン」が子どもたちの間で大流行中。小学生マスターであるシロウとリンは、時空の乱れによって集まったマスターたちから、冬木の町の平和を取り戻すため「カプセルさーばんと」の力を使って戦うことになる……と、文章だけで説明するのは難しい、カオスなストーリーが展開される。

まずプレイヤーは、主人公となる「シロウ」と「リン」のどちらかを選択。この「シロウ」と「リン」は、もちろん「Fate/stay night」の主人公とヒロインである、衛宮士郎と遠坂凛の小学生時代と思わしきキャラクターだ。

士郎と凛以外にも、その行く手を阻む敵のマスターとして、同じく小学生の間桐慎二や間桐桜やルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト、さらには時空の歪みによって「Fate/Zero」のウェイバー、「Fate/EXTRA」のハクノ、「Fate/Apocrypha」のジャンヌ、「Fate/Prototype」のアヤカなど、様々な「Fate」シリーズのキャラクターが集結するお祭り的な作品となっている。

基本的なストーリーの流れはシロウ・リン編で共通だが、それぞれ異なるテキストが用意されている。難易度も異なっており、リン編ではシロウよりも敵が大幅に手強くなっている。シロウ編ではチュートリアルが表示されるようにもなっており、所持するさーばんとはシロウ・リン編間で共有されるので、まずはシロウ編からスタートするのがいいだろう。

タイトル画面に戻ってモード切り替えを行うことでどちらのモードをプレイするか選択できるが、ストーリーの進行度はしっかり個別に保存されており、シロウ編のデータを引き継いでリン編をスタート、しばらくプレイした後で再びシロウ編に戻る……といったこともできる。

互いに大量のさーばんと達を召喚して戦う大乱戦

本作のメインとなるバトルは、時間経過と共に溜まっていく「マナ」を用いて「さーばんと」を次々と召喚。さーばんとたちを戦わせつつ、それぞれのマスターがもつ拠点の耐久を0にした側が勝利となるタワーディフェンスゲームとなっている。

さーばんと達は、それぞれ固有のコストが設定されており、必要な量のマナが溜まった状態で画面下のアイコンをタッチすることで召喚できる。同じさーばんとは連続では召喚できないが、一定時間が経過すれば青セイバーを2騎、3騎を召喚することもでき、最大で15騎までのさーばんとを同時に戦わせることができる。

拠点はマスターごとに異なる外見をしており、半裸の黄金のシンジ像やメガドライブを連想させるゲーム機など、
それぞれのマスターらしいものになっておりネタが細かい。

ただし、プレイヤーは召喚したさーばんと達を直接操作したり、行動の指示を与えたりすることはできず、さーばんと達はすべて自動で戦う。

例えば、ゲーム開始直後から召喚可能な青セイバーは、ゆっくりと前進しながら剣で進路上の敵を攻撃していくという性質があるのに対し、アーチャーはその場から一切移動せず、遠距離攻撃を行う。ランサーは青セイバーより攻撃力は低いが、セイバーよりも早く前進し、リーチを生かして剣の射程外から攻撃する……といったように、それぞれのさーばんとごとに異なる行動パターンと性能が設定されている。

そのため、状況に応じてプレイヤーさーばんとに指示を与えるのではなく、その時の状況において最大限に力を発揮できる性質をもつさーばんとを選んで召喚するというのが、攻略のポイントになってくる。

またさーばんと達は、画面上にある召喚陣から出現するのだが、この召喚陣はバトルフィールドの任意の位置に自由に移動させることが可能。

この召喚陣の位置はかなり重要で、例えば自分の拠点のすぐそばに召喚陣を設置していた場合、敵に背後を突破されることがない分安全に戦えるが、青セイバーなどの足が遅めの近接型さーばんとは、敵の拠点に近づくまで大幅に時間が掛かってしまい、各個撃破にされやすい。

青い魔法陣のアイコンが自軍の召喚陣。ドラッグ操作をすることで任意の場所に移動させられる。

反対にすぐに敵拠点を攻撃できるよう、敵拠点の近くに召喚陣を配置した場合は、自分の召喚陣の後ろがガラ空きとなってしまうため、敵が素通りしてこちらの拠点に攻撃を仕掛けてくる危険が高まる。

さらに、バトルフィールドの中には互いの拠点が大幅に離れた位置に設定されているものもあり、自身の拠点から離れれば離れるほど、さーばんとの召喚に必要なマナの数が増えるという仕様も存在する。

基本的には敵拠点に近い位置に召喚陣を設定し、攻撃していく方が有利なのだが、この仕様によって考えなしにさーばんとを敵拠点の近くで召喚し続けていると、マナの消費の関係でさーばんとの頭数で自軍が不利になってしまう。

足の遅い近接型のユニットを召喚する時は敵拠点の近く、移動速度が早かったり遠距離攻撃を行うタイプのユニットはそれよりも自陣に近い位置で召喚する……といったように、さーばんとや戦況に応じて、頻繁に召喚陣の位置を調整しながら戦うことがかなり重要になってくるだろう。

拠点からの距離が離れるほど、召喚に必要なマナの量が増えていく。
敵拠点の間近での召喚はかなりの量のマナが必要になる。
ピンチイン、ピンチアウトの操作でフィールドの拡大縮小を行うことも可能。
最大まで縮小した状態なら、どんなフィールドでも自身と相手の拠点の状態を確認できるので便利だ。

戦闘から一定時間が経過すると、マスター技が使用できるようになる。マスター技は本作のバトルにおける切り札的な位置づけで、再使用まではかなりの時間を要するが、その効果は絶大。

シロウは周囲一帯のさーばんとに大ダメージを与える「ナインライブス・ボム」、リンは召喚したさーばんと全員の攻撃を大幅に高める「とおさかまねーいずぱわーしすてむ」をそれぞれ使用可能で、どちらも一度の使用で戦局を一変させられるほどの強さを秘めている。

敵がマスター技を使用してくることもあり、すべてのマスターごとに、ユニークな固有のマスター技が設定されているのも、ファンとしては嬉しいポイントだ。

「せーはいガチャ」と経験値で、自身のデッキを強化

また一度のバトル内で召喚できるさーばんとの種類は、事前にデッキに設定した7騎までとなっており、デッキ編成やさーばんとの育成といった準備も重要になる。

まず敵マスターのバトルに勝利すると「せーはいガチャ」と呼ばれるガチャに挑戦でき、敵マスターが所持しているいずれかのさーばんと一体を入手できる。敵マスターのバトルに勝利しながら、「せーはいガチャ」でさーばんとを集めていくことで、デッキの選択肢を増やしていくことができる。

ガチャとはいっても、本作にはアプリ内課金は存在せず、ガチャを回すのにお金が掛かることはないので安心。

またさーばんとには、それぞれにレベルが設定されており、「せーはいガチャ」で同種のさーばんとを引き当てたり、戦闘終了後に得られる経験値によってレベルアップし、成長していく。

戦闘終了後に得られる経験値は、倒した敵ではなく、その戦闘内でさーばんとを召喚するのに使用したマナの総量によって決まるため、多くの人数を召喚すればするほど、獲得できる経験値も増える。そのため、特定のさーばんとを育てたい場合は、そのさーばんとを集中的に召喚することで、育成の効率を高められるようになっている。

さーばんととは別に、マスターにもレベルが存在しており、こちらもバトル内で多くのマナを消費するほど終了後に獲得できる経験値が増えていく。

バトル終了後には、チェック項目をいくつか達成したかによってクリアランクが決まり、
高いランクを獲得した場合は経験値にもボーナスが掛かる。

個人的にありがたかったのが、バトルを途中でギブアップしたり敗北した場合でも、勝利時より少なくはなってしまうものの、しっかりと経験値を獲得できる仕様になっていること。

本作に近い位置づけの作品である、PC版「hollow ataraxia」でおまけミニゲームとして収録されていた「トラぶる花札道中記」では、運が大きく左右すること、こいこいのルールをしっかりと把握していないと、ストーリーを読みすすめるのにもなかなか苦労したという思い出があった。

一方で本作はルール自体がシンプルで分かりやすく、例え敗北してもプレイを重ねていくことで自然とプレイヤー側が強化されていくので、タワーディフェンスゲームをまったくプレイしたことがない初心者にとっても、とっつきやすい作りとなっている。

「Fate/Grand Order」(以下、FGO)でもおなじみの経験値氏を始め、ヒライユキオ氏、CAN×CO氏など、歴代Fateシリーズにゆかりのあるイラストレーター陣によるさーばんと達のデフォルメイラストも必見。とくにやられモーションにはかなり力が入っており、デフォルメされたさーばんとたちのかわいい動きを眺めているだけでも楽しい。

もっともバトル中は操作でそちらに気を回す余裕はなかなかないのだが、「さーばんとリスト」でじっくりと個々のモーションを確認することができる。それぞれのさーばんとごとに設定されているプロフィールのテキストも、実に悪ノリした際のTYPE-MOON作品らしいユニークな仕上がりになっており、ついついすべてに目を通したくなる。

何でもありのカオスなストーリー展開も含め、「カーニバル・ファンタズム」や、「トラぶる花札道中記」、「フェイト/タイガーころしあむ」といったギャグテイストのTYPE-MOON作品が好きなファンなら、ツボに入ることは間違いない。

また「プロトライダー」など、まだ「FGO」にも未登場のサーヴァントが一足先に参戦していたり、バーサーカーが青セイバーやランサー、アーチャーを大幅に上回る最高クラスのコスト「1000」のさーばんととして設定されているなど、サーヴァント間の力関係のバランスが「FGO」とは大きく異なっているため、「FGO」プレイヤーも新鮮な気持ちで楽しめるはずだ。

ライトな作りのタワーディフェンスゲームとしてもよく出来ており、ゲームプレイに「Fate」シリーズの知識は一切必要ないので、「Fate」シリーズにほとんど触れたことがないという人にも楽しめる出来になっている。スマートフォンの操作性ともうまくマッチしており、プレイしていて操作しにくさを感じる場面はほとんどなかった。

お手軽にかわいいさーばんと達のドタバタバトルを楽しめる、TYPE-MOONファン必見のアプリ「カプセルさーばんと」。今回のアプリ化を機に、是非ともプレイしてみて欲しい。

カプセルさーばんと

TYPE-MOON

MobileアプリiOS

  • 配信日:2019年12月20日
  • 価格:730円(税込)

    カプセルさーばんと

    TYPE-MOON

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2019年12月20日
    • 価格:730円(税込)

      (C)TYPE-MOON

      ※画面は開発中のものです。

      関連ワード

      この記事のゲーム情報

      カプセルさーばんと

      カプセルさーばんと

      対戦型タワーディフェンスゲーム
      機種
      Mobile
      プラットフォーム
      アプリ
      OS
      iOSAndroid
      会社
      TYPE-MOONディライトワークス
      シリーズ
      Fate
      ジャンル
      タワーディフェンス
      • セガゲームス特集ページ
      • Figgy
      • セール情報
      • 軌跡シリーズ特設サイト

      REGULAR定期配信

      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      1月17日(金)
      The Alliance Alive HD Remastered
      The Alliance Alive HD Remastered デジタルリミテッドエディション
      VGAME
      バレットガールズ ファンタジア
      フローラル・フローラブ
      幻影異聞録♯FE Encore
      防衛三国志:~ぷちかわ武将と戦略バトル~
      1月20日(月)
      CocoPPa Dolls
      1月21日(火)
      ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator アーリーアクセス版
      1月22日(水)
      De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~
      Idol Company
      1月23日(木)
      198X
      MISTOVER 特装パッケージ版
      Mosaic
      Stories Untold
      Valfaris
      void tRrLM(); //ボイド・テラリウム
      うたわれるもの 二人の白皇
      うたわれるもの 偽りの仮面
      ファ−: ローン・セイルズ
      メダロットS
      ルーシッド・アドベンチャー
      大乱盗!ジュエルウォーズ
      村雨のソードブレイカー
      1月24日(金)
      Dezatopia
      1月30日(木)
      Bookbound Brigade
      HUNTER×HUNTER アリーナバトル
      IxSHE Tell
      IxSHE Tell 完全生産限定版
      Ministry of Broadcast
      ウォーハンマー:Chaosbane
      ウオリス デラックス
      ケムコRPGセレクション Vol.1
      ケムコRPGセレクション Vol.3
      コードシフター
      コーヒートーク
      シスターズロワイヤル 5姉妹に嫌がらせを受けて困っています
      プリズンプリンセス
      ボクと彼女(女医)の診察日誌
      ボクと彼女(女医)の診察日誌 ナースエンジョイパック
      ボクと彼女(女医)の診察日誌 プレミアムエディション
      レベンチャー 100のエンディングの伝説
      ロードランナー・レガシー
      ヴァルシリアアーク ヒーロースクールストーリー
      幻想マネージュ
      幻想マネージュ 限定版
      東方幻想麻雀
      1月31日(金)
      吾妻邸くわいだん
      2月4日(火)
      DragonFang - Drahn’s Mystery Dungeon
      2月5日(水)
      対戦!こおり鬼
      2月6日(木)
      KUNAI
      RUGBY20
      WRC8
      グランブルーファンタジー ヴァーサス
      グランブルーファンタジー ヴァーサス キャラクターパスセット
      グランブルーファンタジー ヴァーサス デジタルデラックス
      グランブルーファンタジー ヴァーサス プレミアムBOX
      東方スペルバブル