MAGES.は本日1月26日、Zepp DiverCity(TOKYO)にて、「科学ADVライブ S;G 1010th ANNIVERSARY」を開催した。ここでは、昼公演「0と1のラウンドテーブル」の模様をお届けしよう。

本公演は、「STEINS;GATE」の10周年を記念し、元々2019年10月12日に行われる予定だったイベントの振替公演となるが、会場には多くのファンが集まった。昼夜でそれぞれ異なる公演内容となったが、ここではその中から昼公演「0と1のラウンドテーブル」をレポートしよう。

なお、ライブイベント中に発表となった情報については別途、以下の記事でまとめているので、併せてチェックしてほしい。

出演者

ARTIST
亜咲花/彩音/いとうかなこ/今井麻美/純情のアフィリア/Zwei/ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)
STEINS;GATE VOICE ACTOR
花澤香菜(椎名まゆり役)/関智一(橋田至役)/今井麻美(牧瀬紅莉栖役)/後藤沙緒里(桐生萌郁役)/小林ゆう(漆原るか役)/桃井はるこ(フェイリス・ニャンニャン役)
※敬称略

橋田至と牧瀬紅莉栖の前説で会場の空気を温めつつ、公演の幕開けを飾ったのはいとうかなこさんによる「スカイクラッドの観測者」。Xbox 360「STEINS;GATE」のオープニングテーマということで、今回のライブの始まりを飾るにふさわしい楽曲だろう。その後も、「宇宙エンジニア」(PSP「STEINS;GATE」オープニングテーマ)、「A.R.」(PC版「STEINS;GATE」イメージソング)と、「STEINS;GATE」の初期を彩った楽曲たちが披露されていく。

その後も、PS4/PS3/PS Vita「CHAOS;CHILD」オープニングテーマの「シンギュラリティー」、TVアニメ「シュタインズ・ゲート」後期オープニングテーマ「トポロジー」と、科学ADVシリーズを彩ってきた楽曲たちを、映像をバックに歌い上げた。

続いて登場した彩音さんは「フェノグラム」(「STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム」オープニングテーマ)、Zweiは「約束のオーグメント」(PS Vita「ROBOTICS;NOTES ELITE」オープニングテーマ)と、それぞれが関わってきた科学ADVシリーズ楽曲を熱唱。

その盛り上がりの空気そのままに、PS4/PS Vita/Switch「STEINS;GATE ELITE」のタイトル画面から朗読劇を選択するという粋な演出もありつつ、再び登場したいとうさんが同作のオープニングテーマ「COSMIC LOOPER」を披露。曲の終了とともにステージ上にはキャストが集結し、朗読劇「0と1のラウンドテーブル」へと移っていった。

今回の朗読劇は、モニター上に映し出されるキャラクターの立ち絵とセリフが連動するアドベンチャーゲームさながらの進行に。未来ガジェット研究所(ラボ)存続の危機に際して、10年先までの事業計画を決めるという流れで、6人が円卓会議(ラウンドテーブル)という名の話し合いを繰り広げていく。リアルタイムならではのアドリブやハプニングに笑いが起こりつつ、「STEINS;GATE」の10周年と絡めた、ラボメンの絆を感じさせる内容となっていた。

その後は、キャストによるトークパートのコーナーに。朗読劇の振り返りをしつつ、2020年9月までの「STEINS;GATE」10周年イヤーにちなんだ話題の数々で盛り上がる。そして最後の挨拶では、10年間タイトルを支えたラボメンへの感謝の言葉を届けていた。

ライブの後半は、ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)によるパフォーマンスからスタート。「刻司ル十二ノ盟約」(TVアニメ「シュタインズ・ゲート」エンディングテーマ)でその世界観に惹き込むと、「グラジオール」(PC「CHAOS;HEAD」エンディングテーマ)、「密教の首飾り」(Xbox 360「CHAOS;HEAD NOAH」挿入歌)と、妖しくも力強い歌唱でステージを盛り上げた。

再び登場したZweiは、PS4/PS3/PS Vita「STEINS;GATE 0」のエンディングテーマとなっている壮大なバラードソング「ライア」を聴かせると、その余韻も覚めやらぬままにアカペラで「星の奏でる歌」(「STEINS;GATE 0」より)を披露するサプライズも。その後も、Zweiにとっては科学ADVシリーズとの出会いの曲となる「拡張プレイス」(PS3/Xbox 360「ROBOTICS;NOTES」オープニングテーマ)、そして「数奇なるファクタ」(PS4/PS Vita/Xbox One「OCCULTIC;NINE」エンディングテーマ)を畳み掛けるように歌い上げた。

「OCCULTIC;NINE」つながりということで、続いて登場した亜咲花さんは同作品のオープニングテーマである「Play the game」をパワフルな歌唱とともに披露。歌い終えたところでステージ上には紅莉栖役の今井さんが登場し、軽妙なトークを繰り広げた後にキャラクターソングである「約束のパラダイム」を歌唱した。

純情のアフィリアは科学ADVシリーズ楽曲の中でも特にポップな「La*La*Laラボリューション」(Xbox 360「STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん」オープニングテーマ)を、彩音さんは遊技機「STEINS;GATE 廻転世界のインダクタンス」のオリジナルソングとして制作された「IF」をそれぞれ披露した。

公演を締めくくるかたちで再び登場したいとうさんは、「Another Heaven」(Xbox 360「STEINS;GATE」エンディングテーマ)をしっとりと聴かせると、TVアニメ「カオスチャイルド」オープニングテーマの「Uncontrollable」では一転、疾走感たっぷりの歌唱で会場のボルテージを上げていく。

そして最後の楽曲として披露されたのは、科学ADVシリーズにとっての最初の曲であるPC「CHAOS;HEAD」オープニングテーマの「Find the blue」。会場が青のペンライトで彩られる中、科学ADVシリーズの歴史を感じさせる内容で届けられた、ライブの幕は閉じられた。

セットリスト

01. スカイクラッドの観測者/いとうかなこ
02. 宇宙エンジニア/いとうかなこ
03. A.R./いとうかなこ
04. シンギュラリティー/いとうかなこ
05. トポロジー/いとうかなこ
06. フェノグラム/彩音
07. 約束のオーグメント/Zwei
08. COSMIC LOOPER/いとうかなこ
朗読劇「0と1のラウンドテーブル」
09. 刻司ル十二ノ盟約/ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)
10. グラジオール/ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)
11. 密教の首飾り/ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)
12. ライア/Zwei
13. 拡張プレイス/Zwei
14. 数奇なるファクタ/Zwei
15. Play the game/亜咲花
16. 約束のパラダイム/牧瀬紅莉栖(cv.今井麻美)
17. La*La*Laラボリューション/純情のアフィリア
18. IF/彩音
19. Another Heaven/いとうかなこ
20. Uncontrollable/いとうかなこ
21. Find the blue/いとうかなこ

公式サイト
http://www.kagaku-adv.com/sp/kagakuadvlive2019/

(C)MAGES./Nitroplus

  • セガゲームス特集ページ
  • プリコネR特集
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • セール情報

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
3月29日(日)
Simulacra 2
3月30日(月)
アウステルリッツの戦い-The Battle of Austerlitz-
4月1日(水)
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2 キャンペーン リマスタード
ディズニー emojiマッチ
4月2日(木)
MazM: ジキル&ハイド
SoundArt
ことばのパズル もじぴったんアンコール
ぷちっとクラスター
エヴァンゲリオン バトルフィールズ
ショベルナイト
スタント カイト パーティ
パンツァードラグーン:リメイク
ピカピカナース物語 小児科はいつも大騒ぎ for Nintendo Switch
メモリーズオフ -Innocent Fille-
メモリーズオフ -Innocent Fille- DOUBLE PACK
勇者クライシス
大空ヘクタール農園
4月3日(金)
HyperParasite
バイオハザード RE:3
バイオハザード RE:3 COLLECTOR’S EDITION
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version COLLECTOR’S EDITION
プリズンプリンセス
華麗なる宮廷の女たち
4月7日(火)
絵師神の絆
蒼藍の誓い - ブルーオース
4月9日(木)
ピクセルクロス アドベンチャー
砂の国の宮廷鍛冶屋
4月10日(金)
ファイナルファンタジーVII リメイク
ファイナルファンタジーVII リメイク デジタルデラックスエディション
4月16日(木)
オランピアソワレ
オランピアソワレ 限定版
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me 特装版