2020年4月3日発売予定の「バイオハザード RE:3」(以下、「RE:3」)のメディア向け先行体験会が、某日にカプコン本社にて開催されたので、その模様をお届けしよう。

「RE:3」で向上したのは、グラフィックだけではない。確かにオリジナルの「バイオハザード3(以下、「バイオ3」)」の魂を受け継ぎながら、明らかに新作と呼べる不思議な感覚を持つ「RE:3」。その魅力の一端を感じていただきたい。

以下はどうしても「バイオハザードRE:2(以下、「RE:2」)」と比較する形でのプレイレビューとなってしまうが、「RE:2」で感じた恐怖感とは異なる恐怖感が、「RE:3」にはある。試遊で感じた「RE:3」のプレイインプレッションをお届けしよう。

「RE:3」キャンペーンモードで確認できたものを徹底レポート!

ゲームを触らせてもらって、いの一番に感じたのは、「バイオ3だ……!」という感動。ジルは、我々の知っている姿から大きくデザインが変更されたが、それでも新しいジルに違和感を覚えることはなかった。むしろ事前のPVで見ていたとはいえ、ジルの美人度増し増しぶりと、カルロスのイケメン増し増し度は、PVで見る以上に感動するはずだ。

ジル・バレンタイン
カルロス・オリヴェイラ

「RE:2」がこれまでの、いわゆる「リメイク」と呼ばれる作品のなかでも最高峰のレベルにあったように、本作でもそれは変わらない。「RE:3」は間違いなく、「RE:2」と並ぶ最高峰レベルのリメイク作品だと、最初の手触りとグラフィックで、そう確信した。

まずシステムとしては、ほぼ「RE:2」を引き継いでいるように見えた。操作方法などもほぼ「RE:2」と変わらない。マップなども、探索が終わった場所は青に、まだ探索が残っている箇所は赤くなっており、そして傍を通ったのに取り逃しているアイテムはマップにきちんと表示されるようになっているので、非常にわかりやすい。

そういう「RE:2」を散々プレイした余裕から鼻歌を歌っていると、ところがどっこい、そうはいかない。「RE:2」とは違う攻略の方法を求められるため、恐怖の悲鳴を上げることになるのだ。

ゾンビの強さ自体は「RE:2」とあまり変わらなく感じたが、つまりは「RE:2」と同じくらい硬いとも言える。ヘッドショットを数発当てないと倒れてすらくれない。そこからナイフでトドメを刺す、という感じで弾薬節約をしないと、とにかく銃弾が全然足りなくなるのは「RE:2」と同じだ。

ただ幸いなことに、「RE:3」ではナイフに耐久値がなくなっている。「RE:2」では常に耐久値を見て、残りの弾数と共にナイフの耐久値も見ておかなければならなかったが、今回は最初から無限ナイフを持っている状態でスタートする。これは本当に有り難い仕様で、とにかく切って切って切りまくっていれば最悪どうにかなる。が、もちろんよほど上手く立ち回らないと、接近戦のナイフではすぐにガブリとやられる。

噛みつかれる時は「RE:2」と同様、突然アップになって噛みついてくるので、画面から受ける驚き度合が半端ない。試遊中、何度も情けない叫び声を上げてしまったほどだ。

だが、プレイヤーの恐怖を煽ってくるのはそれだけではない。数の暴力だ。場所によっては、何体ものゾンビがウロついている場所もあり、全部倒そうとすれば確実に弾数が足りなくなる。そして一体のゾンビを相手にしている間に他のゾンビにガブリとやられてしまうわけだ。実際筆者は何回か少しでも数を減らしておこうとチャレンジしたのだが、ひどいときは3体ほどのゾンビに同時に襲われて、そのまま絶命した。なので、時にはスルーという対処が必要になるのだが、「スルーしやすくするために一体でも倒しておこう」という思考になりがちで、結局ガブリ。

初見プレイということで慣れていないせいもあったが、噛まれる頻度に比べてハーブが少ないこともあり、ハーブを節約しようと思っていると死んでしまうし、だからといってほいほいハーブを使っていると、いざという時に後にも先にも進めなくなってしまう。なかなかいい塩梅の難易度に設定されているのではないだろか。

次の恐怖は、音だ。「RE:2」は舞台がほぼ警察署内ということもあり、静まり返った署内などにふと響く不気味な音にビクっと震えたりしたのだが、「RE:3」では舞台の大半が屋外ということもあって、火事の音やどこかで何かが壊されるような環境音に、ゾンビの気配が殺される。なので「何もいないな~」と気を緩めて進んでいると、突然に目の前にゾンビがバッと現れたり、のんびりアイテムを取っていたら後ろから喰らいつかれたり、といった状況が多発する。

なお、音については、ほぼ無音の静かなプレイルームでヘッドフォンという環境でプレイさせてもらっていたため、かなりきちんと聞こえる状態でプレイをしている。その上でも音による気配の察知が難しかったので、音に頼っている人ほど相当気を配らないとならないだろう。

「RE:3」では各所で火事などの災害が発生しており、ゾンビが出している気配に気づきにくい。

そしてこの恐怖を語らないわけにはいかない。そう、みんなが大好きな“ネメシス”だ。

見た目からして、もう怖い。その存在に圧される。目の前に現れた瞬間、頭が真っ白になる。

ネメシスについて試遊でひとつわかったのは、「バイオ3」の特徴のひとつでもあった「ライブセレクション」がなくなっているという点。つまり、咄嗟にどこへ逃げるかを選択肢で判断することはなくなったのだが、逆に言えばライブセレクションなしに逃げ道を確保しなければならない、ということでもある。

「バイオ3」では選択肢によってネメシスを上手く回避できたりしたが、本作では恐らくネメシスの追跡を回避をする、というルートはなさそうに見えた(もちろん試遊ではわからなかっただけで、回避できる可能性はある)。とにかく逃げて逃げて逃げて、逃げても回り込まれ、むしろ「貴方どこから来たんですか!?」という声をあげたくなるほど、絶妙にこちらの進行ルートを邪魔してくるのが、本作のネメシス。

横をすりぬけようと試みたりもしたのだが、筆者はことごとく失敗したので、結局は「目の前に現れたら元いた道を引き返す」方式で逃げることしか出来なかった。もしかしたら緊急回避などを駆使すれば上手くすりぬけることもできたのかもしれないが、その点についてはまだ不明な箇所も多い。

もちろん戦う道も選んでみたが、結果は大体お察しの通りだったと思っていただきたい。
アシストモードも健在!

今回は時間にして約2時間ほど、難易度はノーマルでのプレイだった。筆者は試遊開始から30分も経たずにゾンビの群れに囲まれてあえなく死を迎えたのだが、死ぬとアシストモードに切り替えるかの選択肢が出た。

アシストモードとは、アクションゲームが好きなくせにアクションゲームが下手なまさに筆者のようなプレイヤーのためにあるモードで、銃の照準をある程度オートであわせてくれたり(ただしヘッドショットにはならないので、そこは自身で調整する必要がある)、拾える弾薬の数が増えたり、ゾンビの体力も少なめになる上に、ジルの体力も時間経過である程度回復してくれる。そしてなんといっても、最初からアサルトライフルを持っているという利点がある。

こう書くと随分簡単になっているように思えるが、安心してほしい。筆者はそれでも死ぬ。シリーズが得意な人にとってはまったく不要なモードだが、苦手な人にとってはアシストモードを使用してようやく得意な人の少し後ろに並べる程度だ。

2時間ほどの試遊ながら、市街地や下水エリア、変電所など、多彩なマップを体験出来た。

ちなみに、「RE:2」本編ではあまり登場しなかったゾンビ犬が、今作では本編のあちこちに登場する。筆者のように素早く照準を合わせるのが苦手なタイプのプレイヤーにとっては、ネメシスよりも素早さで翻弄してくるゾンビ犬のほうが、出てくるだけで恐怖を覚えるうえに、対処が難しいと感じた。

「RE:2」ハンク編の時は、ゾンビ犬は逃げたほうが得策だったが、「RE:3」でもそうしたい反面、そこにネメシスや他のゾンビが迫ってきたりと、パニックを引き起こしやすかった。ダメージ覚悟ですり抜けるのが恐らくは一番良い対処法だろうが、前述の通りハーブが少な目なところが気になる点だろうか。

謎解き部分については、今回遊べた範囲では、一部少しだけギミックの解き方がわからなく、しばらくぐるぐる同じ場所を回る場面もあった。どうしてもフィールドが広い分、マップを覚えるのが苦手な人ほど、ギミックを解くのに若干苦労するのは仕方がないだろう。ちなみに筆者は、マップが覚えられないことに自信がある。

強力な武器を手に入れるためには、もちろんギミックを解かなければならない。進める場所がない、という時は絶対に何かを忘れているので、アイテムボックスに置き忘れているものがないか、開け忘れている扉はないかなど、確認が必要だ。

途中からアシストモードにしていたにも関わらず、筆者が全メディア中ラストでのクリアという有様だったのだが、そんな鈍くさい筆者でも試遊部分を充分に楽しむことが出来たことを強調したい。全メディア中で一番遅かったと言っても、クリアタイムに数時間も差が出るほどではない(セーブをせずに進んでいたため、死んだ時に大分巻き戻されたのも大きかった)。

恐怖の感じ方は人それぞれなので一概に「RE:2」と「RE:3」のどちらのほうが怖いとは言えないのだが、「RE:3」の場合は市街地という解放感のある舞台がメインのせいか、「RE:2」の時よりも気が緩みがちで、その緩んだ心の隙間に入り込むかのようにゾンビがいたり、ネメシスが現れたり……という絶妙なバランスでの配置に、「うわぁ!」と声をあげてしまう。驚いた声を上げた回数ならば、「RE:2」よりも明らかに多かった。

だが、心拍数でいえば、「RE:2」よりも落ち着いてプレイは出来ていたので、「バイオは難しそう」「バイオは怖い」という人でも、ぜひ「RE:3」に触れてみてほしい。因みに体験版も計画中とのなのでお楽しみに。

「バイオハザード RE:3」のプレイ動画を紹介!

最後に本作のゲーム内容が確認できるプレイ動画を紹介しよう。なお、本映像は開発中のものになるため、予め注意してほしい。

開発スタッフへのインタビューはこちら!

「バイオハザード レ ジスタンス」のプレイレポートはこちら!

バイオハザード RE:3

カプコン

PS4パッケージ

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:7,800円(税別)
  • 17歳以上対象
バイオハザード RE:3

バイオハザード RE:3 COLLECTOR’S EDITION

カプコン

PS4パッケージ

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:24,800円(税別)
  • 17歳以上対象
バイオハザード RE:3 COLLECTOR’S EDITION

バイオハザード RE:3 Z Version

カプコン

PS4パッケージ

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:7,800円(税別)
  • 18歳以上のみ対象
バイオハザード RE:3 Z Version

バイオハザード RE:3 Z Version COLLECTOR’S EDITION

カプコン

PS4パッケージ

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:24,800円(税別)
  • 18歳以上のみ対象
バイオハザード RE:3 Z Version COLLECTOR’S EDITION

バイオハザード RE:3

カプコン

PS4ダウンロード

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:7,091円(税別)
  • 17歳以上対象
バイオハザード RE:3

バイオハザード RE:3 Z Version

カプコン

PS4ダウンロード

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:7,091円(税別)
  • 18歳以上のみ対象
バイオハザード RE:3 Z Version

バイオハザード RE:3

カプコン

XboxOneダウンロード

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:7,091円(税別)
  • 17歳以上対象
バイオハザード RE:3

バイオハザード RE:3 Z Version

カプコン

XboxOneダウンロード

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:7,091円(税別)
  • 18歳以上のみ対象
バイオハザード RE:3 Z Version

バイオハザード RE:3

カプコン

PCダウンロード

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:7,091円(税別)
  • 17歳以上対象
  • Steam
バイオハザード RE:3

バイオハザード RE:3 Z Version

カプコン

PCダウンロード

  • 発売日:2020年4月3日
  • 価格:7,091円(税別)
  • 18歳以上のみ対象
  • Steam
バイオハザード RE:3 Z Version

(C)CAPCOM CO., LTD. 1999, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.

※画面は開発中のものです。

関連ワード

この記事のゲーム情報

バイオハザード RE:3

サバイバルホラー
機種
PS4XboxOnePC
プラットフォーム
パッケージダウンロード
会社
カプコン
シリーズ
バイオハザード
ジャンル
アクションシューティング
テーマ
ホラー
  • セガゲームス特集ページ
  • Figgy
  • BUSTAFELLOWS特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
3月26日(木)
Bright Memory
DOOM Eternal
Iron Danger
KOONGYA Draw Party
Last Oasis アーリーアクセス版
Lumini
ONE PIECE 海賊無双4
One Step From Eden
SEGA AGES G-LOC AIR BATTLE
Sine Mora EX
Sniper Ghost Warrior Contracts
Wanba Warriors
エアラフェル(拡張版)
カオスコード –ニューサインオブカタストロフィ–
クレヨンしんちゃん ちょ~嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z
ザ・シェイプシフティング・ディテクティブ
スペースインベーダー インヴィンシブルコレクション
スペースインベーダー インヴィンシブルコレクション 特装版
ダックソウル+
3月27日(金)
LOST:SMILE memories + promises 初回限定版
LOST:SMILE memories + promises 初結李抱き枕カバー付き豪華限定版
LOST:SMILE promises
Tilt Brush
UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r] Pack
3月29日(日)
Simulacra 2
3月30日(月)
アウステルリッツの戦い-The Battle of Austerlitz-
3月31日(火)
XENOCIDERS -捕食者の星-
4月2日(木)
MazM: ジキル&ハイド
SoundArt
ことばのパズル もじぴったんアンコール
ぷちっとクラスター
ピカピカナース物語 小児科はいつも大騒ぎ for Nintendo Switch
メモリーズオフ -Innocent Fille-
大空ヘクタール農園
4月3日(金)
HyperParasite
バイオハザード RE:3
バイオハザード RE:3 COLLECTOR’S EDITION
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version COLLECTOR’S EDITION
プリズンプリンセス
4月7日(火)
蒼藍の誓い - ブルーオース
4月9日(木)
ピクセルクロス アドベンチャー
4月10日(金)
ファイナルファンタジーVII リメイク
ファイナルファンタジーVII リメイク デジタルデラックスエディション