元スクウェア・エニックスの田畑端氏が代表を務めるJP GAMESが制作を担当した、世界初のパラリンピック公式スマートフォン向けゲーム「The Pegasus Dream Tour」(ザ ペガサス ドリーム ツアー)が、本日2021年6月24日より正式サービス開始となった。これに先立ち、本作についてのメディア向けオリエンテーションが開催されたので、その模様をレポートする。

まず、JP GAMESの門田瑛里氏と石崎晴美氏より、「The Pegasus Dream Tour」の概要が紹介された。本作はゲーム体験を通じた持続的な社会課題の解決への貢献とパラリンピックのリブランディングを目指して開発。単なるパラスポーツを集めたミニゲーム集ではなく、ゲームを楽しむことが社会課題の解決に繋がっていく、これまでにない新しいゲーム体験を提供していくと門田氏は語った。

ゲームの内容だが、「アバターRPG」と銘打たれており、スマートフォンで撮影した自分の画像をもとに「Mine(マイン)」と呼ばれるアバターを生成。この「Mine」が、ペガサスパラスポーツグランプリに出場し、金メダルを獲得することが最大の目標になる。

注目すべきは「Mine」がプレイヤーの操作ではなく、オートで行動するところ。門田氏によると、心を持ったアバターというべき存在で、自らの意志で世界中の「Mine」たちと交流し、フレンドを増やしていくのだという。

プレイヤーの目的は、そんな「Mine」に食事やコンディション調整など、さまざまな指示を出して、パラアスリートとしての成長をサポートしていくこと。「自分の分身がパラアスリートとしての夢をかなえていく姿を通じて、ユーザーにポジティブに生きていくための意志やエネルギーを与えてくれるゲームになっています」と門田氏は述べた。

3Dで描かれたキャラクターはいずれもカラフルで見た目もさまざま。石崎氏によるとアバターは生成時に「かわいい」「カッコいい」などに自動的にカテゴライズされ、「かわいいね」「素敵だね」といったコメントがもらえるそうだ。

義足、義手、車椅子などパラアスリートが競技時に使用する「ギア」と呼ばれる用具があるが、これらのデザインや動きの再現にもこだわったという。石崎氏は制作開始時の車椅子のデザインを選手に見せたところ、「プロが使う車椅子じゃないね」と言われてしまったというエピソードを披露。そうした選手たちのフィードバックを受けてデザインを細かく修正していったと語った。

かくしてリアルかつ忠実に再現されたギアだが、ファッション性あふれる未来的なデザインにもなっていて、石崎氏いわく「メガネのように気軽に身に着けて、個性を出せるものになっています」とのことだ。

ゲームの舞台となるペガサスシティも見どころのひとつ。IPC(国際パラリンピック委員会)が掲げる「ダイバーシティ&インクルージョン」の理念をもとに作られた、未来のあるべき姿を目指す仮想の街だ。「Mine」がパラアスリートとして成長していくためのさまざまな施設があり、本物のアスリートのようにトレーニングをしたり、カフェで食事をしたり、映画などを見てリフレッシュしたりしながら競技や大会に参加できるという。また、長期的には誰かの助けが必要な人と支援をしたい人の両者が出会えるような、社会課題を解決するためのマッチングの場に進化させていきたいとのことだ。

Mineの頑張り次第でライブ会場やスタジアムなどの新たな施設が増えていくとのこと。

石崎氏はペガサスシティの広場をデザインする際、田畑氏から「渋谷のスクランブル交差点のようにしてほしい」というオーダーがあったと明かし、人が集まりたくなるような、お祭のような活気ある街をデザインで表現したと説明。街を見て歩くだけでワクワクできる、ライト層にも刺さるような華やかな街になっているのではないかと述べた。

機能面にもかなりこだわったそうで、すべてがバリアフリーでどこでも行き来可能な空間になっていると強調。さらに、大会やイベントごとに街の雰囲気がガラリと変わるようになっていて、特定の期間にしか見られない看板などもあるとのことだ。

ローンチ時に楽しめるのはボッチャと100mスプリントの2競技。8月に車いすレース、ブラインドサッカー、車いすバスケットの3競技も追加される予定だ。

競技の操作はオートで、プレイヤーは選手が使用するギアを選び、どのようにプレイするか指示するなど「Mine」をサポートしていく。ただ、ボッチャのみはスワイプしてボールを投げるなどの直接操作が可能になっていて、世界中のプレイヤーとの対戦も楽しめる。

操作はシンプルでライトユーザーはもちろん、障がいを持つ人でも気軽に楽しめるようになっているという。

9人の実在パラアスリートも登場。今を強く生きるパラアスリートたちの明るさ、強さをフィーチャーしていて、ゲームの中でもそうした選手たちの思いや素顔を垣間見ることができるようになっているので、その部分もぜひ体験してみてほしいとのことだ。

実在選手のイラストも公開された。いずれも力強いタッチで描かれた迫力ある画像で、「パラアスリートのかっこいい姿を表現できていると思います」と石崎氏は語った。

さらに、ドラえもんがペガサスシティの市長代理に就任。どこでもドアなどのおなじみのひみつ道具のほか、プレイヤーがアバターを生成する際に使用する「アバターカメラ」、ペガサスシティの案内をしてくれる「PEG」といったゲームオリジナルの道具でプレイヤーを助けてくれるとのことだ。

(C)Fujiko-Pro

左が「PEG」、右が「アバターカメラ」。このほかにも本作オリジナルのひみつ道具が登場する予定だ。

フィギュアスケートの羽生結弦選手のアンバサダー就任も発表された。本作は今までの常識を破っていくゲームと考えていて、羽生選手もまた自分の記録を打ち破り、次のステップに挑戦し続けていることから声をかけさせていただいたと門田氏は説明。羽生選手がゲームに登場するのはこれが初めてなので、羽生ファンは必見だ。

国際パラリンピック委員会理事の山脇康氏、ファーストスポンサーであるブリヂストンの鳥山聡子氏の本作への期待も語られた。それぞれのコメントを簡単に紹介しておこう。

国際パラリンピック委員会理事 山脇康氏

2020年に東京大会の招致が決定してから、どのようにしてパラリンピックについて多くの人に知ってもらうか、特に若い世代にどうリーチするかが課題と考えてきました。そんなときに田畑さんから「The Pegasus Dream Tour」のコンセプトを聞き、これはすごいことが起きるなと直感いたしました。

コロナによる大会延期という予想外の困難もありましたが、出来上がった作品は我々の想像をはるかに超えた、まったく新しいゲームになっていました。パラスポーツを通じて実現しようとしているダイバーシティ&インクルージョンの社会を楽しみながら身を持って感じることができる、素晴らしい教育プログラムでもあると思っています。

このゲームがより多くの人がパラスポーツのファンになるきっかけとなり、大きなムーブメントとなって誰もが生き生きと活躍できる未来社会の実現につながることを期待しています。ゲームという新しいアプローチで、我々が目指す未来社会を築き上げてくださった田畑さんとJP GAMESの類まれなる技術力、創造力、ハードワーク、そして熱い志に心よりのお祝いとお礼を申し上げたいと思います。本作が今後どのような形でさらに進化して、このプロジェクトで開発した技術とプラットフォームがどのような形で活用されていくのか、ワクワクしながら楽しみにしています。

ブリヂストン オリンピック・パラリンピック推進部 鳥山聡子氏

ゲームを通じて、パラリンピックが目指す多様性あふれる共生社会を作っていくという本作にビジョンに強く共感しましてパートナーシップを結ぶにいたりました。

「The Pegasus Dream Tour」の世界はダイバーシティ&インクルージョンが当たり前に実現された社会です。そうした社会を感じてもらうことで、共生社会というものをポジティブに実現していくアクセルになると信じておりますし、このビジョンに共感したからにはブリヂストンとしてもゲームの世界観、ユーザーがエンジョイできること、メッセージの伝わりやすさなどにとことんこだわり、いろいろユニークなアクティベーションをさせていただいております。

そのひとつとしてチームブリヂストンの5名のパラアスリートが、このゲームに登場します。彼らもパラスポーツの魅力を伝えると同時に、自分たちの姿を通じて多様性について考えてもらうきっかけにしたいと、パラリンピックと同じくらいの意気込みでのぞんでくれていまして、そうしたところも見どころかなと思います。このゲームを通じて、たくさんの可能性のある若い方々に接し、多様性・共生社会の実現にドライブがかかることを私たちブリヂストンとしても非常に期待しております。

プロジェクトの経緯や今後の展望
JP GAMES代表取締役CEOの田畑端氏
JP GAMES代表取締役CEOの田畑端氏

続いて、JP GAMESの田畑氏が本プロジェクトの経緯や今後の展望について語った。田畑氏は長年ゲームクリエイターとして活動してきた中で、キャリアの後半はふたつのことに取り組みたいと考え、JP GAMESを設立したとコメント。

ひとつはゲームユーザーに満足してもらうためのエンタテインメントとしてのゲーム作りで、より発展的・進歩的に進化させながら今後も続けていくという。

もうひとつがゲームを通じて世の中を良くする、社会貢献のためのゲーム作りで、そのチャレンジにもっとも最適な題材と思ったのが今回のパラリンピックのゲーム化だったと田畑氏は振り返る。

パラリンピックについて決して造詣が深かったわけではなく、一般の人と同じくらいの認識しかなかったというが、ある人からパラリンピックのゲーム化に関心はないかという打診があり、漠然と考えていたゲームを通じた社会貢献事業が具体的なプランに発展するきっかけになったという。

2018年にスクウェア・エニックスを退社した田畑氏は、当時IPCのCEOだったシャビ・ゴンザレス氏とパラリンピックのゲーム化について話し合う機会を持つ。IPCとしてはパラリンピックのゲーム化に前向きだったというが、シャビ氏自身はゲームというものをあまり快く思っておらず、パラリンピックのゲームも本当に世の中に必要なものになるのか疑問だと個人的には思っていると言われたそうだ。

これを聞いた田畑氏は「ゲームは体験するメディアで、使い方次第で世の中を良くすることが可能だと考えています。そうした仕事がしたくて独立の準備をしているので挑戦させてほしい」と、その場で正式にお願いし、世の中を良くするためのゲームを作るとシャビ氏と約束したという。これが「The Pegasus Dream Tour」開発の最初の起点になったと田畑氏は述べた。

2019年2月1日からプロジェクトがスタートするが、最初にぶち当たった問題が、当初は大きな収益を望めない事業になるだろうということであった。IPC公式のYouTubeチャンネルで配信されている競技の動画はほとんどが再生数200~300ほど。パラリンピックなどの大きな大会でやっと数千で、今パラリンピックのゲームをエンタテインメントとして出しても、関心を持って遊んでくれるユーザーの数はその動画の再生数と大きく変わらないのではないかという予測があった。

では、どういうやり方が適切なのか。いろいろ考えた末、田畑氏はコンテンツとビジネスを切り分けて取り組むことを決断。コンテンツ面では門田氏や石崎氏ら若いクリエイターが思い切った表現ができるチームを編成し、田畑氏らベテラン勢は開発を下支えする形で制作を進めていったという。かくして本作は2021年に完成。東京大会の年に生まれた、これからの歴史にとってとても重要なものになったと田畑氏は自賛した。

このコンテンツを多くの人に体験してもらい、興味を持ってもらうための第一歩にするためには、それを支えるビジネスも一過性ではなく継続性のあるものにしなければならない。そう考えた田畑氏は「The Pegasus Dream Tour」を開発している基盤そのものを企業向けの技術製品に改良し、パッケージ化して提供するといったことも同時に進めていったと語る。

本来、「The Pegasus Dream Tour」は昨年の夏に配信予定だったが、コロナ禍があったため昨年後半の段階で技術製品のβ版のリリースを開始。この技術を使った新たなコンテンツの開発がすでに進められているという。複数の企業も導入を検討しているとのことで、仮想空間を使ったゲームイベントの開催やショッピングモールの作成など、いろいろなニーズに応えながら、本筋である「The Pegasus Dream Tour」の取り組みを今後も支え、発展させていきたいと展望を述べた。

最後に田畑氏はこれまで続けてきたひとりのプレイヤーのためのゲームというものも突き詰め、ゲーム体験をより進化させていくと強調。こちらの事業に関する情報もそう遠くないうちに出せるとのことだ。そして、ゲームでの社会貢献と両立させながら今後もより活発に活動を続けていきたいと語り、今回のオリエンテーションを締めくくった。

The Pegasus Dream Tour

JP GAMES

MobileアプリiOS

  • 配信日:2021年6月24日
  • 価格:基本無料

    The Pegasus Dream Tour

    JP GAMES

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2021年6月24日
    • 価格:基本無料

      コメントを投稿する

      画像一覧

      全ての画像を表示(30枚)

      (C) 2021 JP GAMES, Inc. THE PEGASUS DREAM TOUR, and the shield logo are trademarks of JP GAMES, Inc. All other trademarks and trade names are property of their respective owners.
      (C) 2021 The International Paralympic Committee (IPC).

      関連ワード

      関連ニュース

      関連ニュースをもっと見る

      あわせて読みたい

      この記事のゲーム情報

      機種
      Mobile
      プラットフォーム
      アプリ
      OS
      iOSAndroid
      会社
      JP GAMES
      ジャンル
      RPGスポーツ
      公式サイト
      https://pegasus-dream.com/
      • セガ特集ページ
      • 軌跡シリーズ特設サイト
      • セール情報
      • プリコネR特集

      人気記事ランキング

      RANKING

      定期配信

      REGULAR
      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      7月29日(木)
      Eldest Souls
      Sniper Ghost Warrior Contracts 2
      クトゥルフ神話RPG 瘴気の海に眠る少女
      スカイドリフト インフィニティ
      スサノオ~日本神話RPG~
      スサノオ~日本神話RPG~ 特別版
      スペースインベーダー インヴィンシブルコレクション スペシャルエディション
      ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション
      ピクセルパズル&ウォッチコレクション
      ファイナルファンタジー
      ファイナルファンタジーII
      ファイナルファンタジーIII
      ブラスターマスター ゼロ 3
      ブラスターマスター ゼロ トリロジー メタファイトクロニクル
      ブラスターマスター ゼロ トリロジー メタファイトクロニクル 限定版
      ワールドスプリッター
      君は雪間に希う
      君は雪間に希う 限定版
      大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟-
      成歩堂レジェンズコレクション
      戦場のフーガ
      戦場のフーガ デラックスエディション
      未定事件簿
      異世界かるてっと ~激突!ぱずるすくーる~
      真 流行り神3
      7月30日(金)
      アセント
      推しのラブより恋のラブ~ラブ・オア・ダイ~
      8月2日(月)
      ナナリズムダッシュ
      8月3日(火)
      Neighbours back From Hell
      8月4日(水)
      きみのまち ポルティア
      東方ダンマクカグラ
      8月5日(木)
      DIRT 5
      ファルコニア ウォリアーエディション
      ファルコニア ウォリアーエディション プレミアムパック
      英雄伝説 閃の軌跡II:改 -The Erebonian Civil War-
      8月6日(金)
      愛怒流でいず
      8月7日(土)
      BLESS UNLEASHED