バンダイナムコエンターテインメントは、2021年11月20日・21日に「テイルズ オブ」シリーズのファンイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2021」を東京ガーデンシアターで開催した。ここでは11月20日公演の模様をお届けしよう。

2020年に25周年を迎えたRPG「テイルズ オブ」シリーズのファンイベントとして開催されてきた「テイルズ オブ フェスティバル」。今回はシリーズ5年ぶりの家庭用ゲーム最新作「テイルズ オブ アライズ」のキャストを迎え、さまざまな特殊効果やゲームエフェクトも取り入れたスペシャルスキットやアーティストの生ライブなどを届けた。併せてアソビストアでは配信チケットも発売中で、11月22日(月)18時から11月28日(日)23時59分までアーカイブ視聴できる(購入は11月28日(日)12時まで)。残念ながら現地に足を運べなかったファン、リアルタイム視聴が叶わなかったファンはこちらを利用しよう。

11月20日 出演者

<声優>
小野坂昌也さん(テイルズ オブ シンフォニア/ゼロス・ワイルダー役) ※司会
小西克幸さん(テイルズ オブ シンフォニア/ロイド・アーヴィング役) ※サブ司会
檜山修之さん(テイルズ オブ リバース/ヴェイグ・リュングベル役)
鈴木千尋さん(テイルズ オブ ジ アビス/ルーク・フォン・ファブレ役)
鳥海浩輔さん(テイルズ オブ ヴェスペリア/ユーリ・ローウェル役)
木村良平さん(テイルズ オブ ゼスティリア/スレイ役)
佐藤利奈さん(テイルズ オブ ベルセリア/ベルベット・クラウ役)
佐藤拓也さん(テイルズ オブ アライズ/アルフェン役)
下地紫野さん(テイルズ オブ アライズ/シオン役)
原 紗友里さん(テイルズ オブ アライズ/リンウェル役)
竹本英史さん(テイルズ オブ ヴェスペリア/レイヴン役)※シークレットゲスト

<テーマソングアーティスト>
感覚ピエロ(「テイルズ オブ アライズ」テーマソングアーティスト)
絢香(「テイルズ オブ アライズ」グランドテーマ/劇中歌アーティスト)※映像出演

最新作まで網羅した「テイルズ オブ」シリーズの歴代オープニングムービーや、キャラクターによる影ナレーションなどで会場の熱気は開演前から静かに高まっていく。ステージへ現れた小野坂さんと小西さんもテンションが上がりきった様子で、配信を見ているファンから時間を心配するコメントが寄せられる一幕も。出演者側も気合十分といったオープニングトークから、いよいよスペシャルスキット「テイルズ冒険活劇:激闘!炎と氷に包まれた謎!」がスタートする。

物語は仲間たちが見守る中、ヴェイグとアルフェンが一歩も譲らない戦いを繰り広げるコロッセオでのシーンから始まる。一方スレイとベルベットは噂の真相を確かめるため、その地下にある遺跡を調査していた。魔物の襲撃を受けて分断されてしまった仲間たちが二手に分かれて合流を目指す中、1人窮地を脱出していたゼロスへ接触する謎の声も登場し……。

ファンがもたらすライトの光に後押しされ、ヴェイグの氷、アルフェンの炎が立ち塞がる扉を見事に解放。無事に合流できるがそこで一件落着とはいかず、アルフェンたちの前に現れたのはなんとシュヴァーン。結果としてうまく利用されてしまった面々だったが、彼の真意は言わずもがな。ひとつの冒険を経て、既知のメンバーと新たに加わったアルフェンたちは深い絆で結ばれたのだった。

今回のスペシャルスキットではスクリーンに紗幕を重ね、ゲームさながらのエフェクトを演出。出演者は状況に合わせてステージ内を大きく移動し、時には炎や冷気も吹き上がるなど、これまでとは一味違う臨場感を味わえた。なお歓声を上げられない状態ながら、ルークお決まりの「俺は悪くねえ!」と叫ぶ場面では、ファンが一番となって手拍子でセリフを表現していた。

ステージではシークレットゲストの竹本さんも加え、改めて出演者一同がファンへ挨拶。今日という日を期待半分、不安半分で迎えていた様子の「テイルズ オブ アライズ」メンバーも、息の合ったトークを繰り広げていく。しっかりゲームをプレイした小野坂さんと釣りやアタッチメントで盛り上がる場面も挟みつつ、収録時の思い出や苦労にも触れていく佐藤拓也さん、下地さん、原さん。緊張からかトーク中に立ち上がってしまうことも多かった3人の初々しいトークを、ファンも温かい拍手をおくりながら見守った。

続いて2017年以来、実に4年ぶりとなる総勢380人から選出されたキャラクター人気投票の結果発表へ。20日は総合ランキング20位から1位までが発表となり、発売から間もない「テイルズ オブ アライズ」のキャラクターも多数ランクインする。なかでもアルフェンが3位、テュオハリムが1位という大人気ぶりは出演者たちも予想外だったようで、映像コメントを寄せていたテュオハリム役・加瀬康之さんも喜びよりも驚きが勝っていたようだった。加瀬さんにはほかのメンバーが受け取っていたような花束ではなく、一足早くクリスマスツリーが贈られるとのこと。

ここで新情報として「テイルズ オブ アライズ」の舞台公演「LIBERATORS -希望を託されし解放者たち-」が発表に。このイベントだけのアクションシーンを交え、2022年3月26日/27日にアソビステージで生配信されることや、出演キャスト(アルフェンのみ後日発表)を公開した。12月15日には「テイルズ オブ」シリーズのIP生配信が行われ、25周年を記念した資料集の発売も決定したので、こちらも続報をお楽しみに。

イベントのラストを飾ったのは、テーマソングアーティストによるライブだ。出演キャストがシーンを再現し、そこから感覚ピエロが「テイルズ オブ アライズ」のテーマソング「HIBANA」へと繋げていく。立て続けに自身の楽曲「ハルカミライ」「Sing along tonight」を披露した後は、この日のために用意されたテイルズ オブ Tribute LIVEとなる「WHITE LIGHT」「flying」「カルマ」のメドレーへ。絢香さんは今回のためのライブ映像で劇中歌「Hello again」と、グランドテーマの「Blue Moon」をしっとりと歌い上げる。ちなみに「テイルズ オブ アライズ」のキャストが感覚ピエロのメンバーに好きなキャラクターを尋ねると、実際にゲームをプレイした滝口大樹さんがかなり悩んだ末に「フルーツサンドを作った時のリンウェルが可愛いすぎる!」と答えていた。

こうして3時間超の大ボリュームとなった「テイルズ オブ フェスティバル 2021」の1日目は、名残惜しくも終了する。すでに発表となっているとおり本公演のBlu-rayが2022年5月27日に発売されるので、今日の感動を何度でも味わいたいファンは忘れずに予約しておこう。

「テイルズ オブ フェスティバル 2021」公式サイト
https://tof.tales-ch.jp/festival2021/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー