スクウェア・エニックスより2022年11月4日に発売予定のNintendo Switch/PC(Steam)用ソフト「ハーヴェステラ」(※Steam版は2022年11月5日発売)。同作の冒頭部分をプレイしてみてのインプレッションをお届けする。

目次
  1. 「死季」を巡る謎深きストーリー
  2. 1日のサイクルで楽しめる生活シミュレーション要素
  3. 冒険のポイントは「胃袋ゲージ」

「ハーヴェステラ」は、四季を彩るファンタジー世界を舞台に生活・交流・冒険が楽しめる完全新作の生活シミュレーションRPG。畑を耕したり、いろいろなものを生産するような生活シミュレーションというジャンルは多くのユーザーに親しまれているが、スクウェア・エニックスが手掛けるという点で発表時点から注目を集めているタイトルだ。

今回の試遊では冒頭にあたる部分をプレイ。ストーリーの導入を体験するとともに、基本となるゲームサイクルを確認することができた。ここでは、大きく3つのポイントから紹介していこう。

「死季」を巡る謎深きストーリー

本作ではゲームを開始する前に、主人公の性別や外見を設定できる。キャラクターメイクというほどの設定項目は無いものの、その選択肢にも今の時代ならではの配慮があり、それも込みで自分のイメージにあった容姿を設定していける。

プレイヤーの分身となる主人公が謎の少女に導かれるように目を覚ますと、そこは季節の変わり目に異常が発生する「死季」の日だった。そのまま意識を失い、再び目を覚ました主人公は村の医者であるクレスに助けてもらうが、どうやら主人公は記憶を失っている様子。その後、クレスの計らいもあって「遠見の丘」で生活することになるのだが、その後村の近くに落ちた結晶の中で倒れていた、未来から来たという少女・アリアと出会う。

本作の世界は「シーズライト」と呼ばれる巨大な4つの結晶体が存在しており、それらがもたらす四季による恩恵を受けている。主人公が最初に訪れることになる「レーテの村」は秋のシーズライトの近郊にあるのだが、各地のシーズライトからも程よい距離に位置するため、四季が存在する。そのシーズライトに近ければ近いほど、それに伴う季節が反映されるというわけだ。

導入部のストーリーは日々の生活に伴うかたちで進行。主人公は村の人々と交流を重ねつつ、アリアと生活を共にしていく。その中で徐々に死季の謎に迫ることになるのだ。生活シミュレーションとしての要素はゲーム進行に組み込まれているものの、ストーリーに惹き込ませる要素が多分に含まれているのは、多くのファンタジーRPGを生み出してきたスクウェア・エニックスならではだろう。

1日のサイクルで楽しめる生活シミュレーション要素

本作は1日の時間経過があり、30日が過ぎると次の季節へと移っていく。1日の始まりや終わりにはストーリーが進行する場面もあるのだが、基本的には自分のペースで楽しめるようになっている。

今回プレイしたのはゲームの冒頭だったこともあり開放された要素は一部だったが、その中から農作業と料理・クラフトの要素に触れていこう。

遠見の丘で初めて行うのが農作業。畑を耕し、種を植え、水をやり、収穫する……その一連の流れを楽しめる。四季を反映したタイトルということもあり、育てられる野菜、穀物、果物は季節に応じたものになるよう。それぞれの季節ならではの収穫物に沿った料理も楽しめるということで、そうしたところからも季節感を味わえそうだ。

また、収穫した農作物は出荷してお金にすることも可能。まだ自由度が高くない冒頭では収穫→出荷のサイクルで着実にお金に変えていくのがいいだろう。

同じく早いうちから可能になるのが料理・クラフトだ。料理は食べることでHPやスタミナ回復の効果があり、クラフトは瞬時に自宅へ帰還できる「リターン・ベル」など役立つアイテムを制作でき、どちらも冒険に欠かせないものとなっている。

農作業やクラフトの元になるアイテムはレーテの村でも購入できるのだが、その多くはダンジョンを冒険する中で入手していく。自給自足のスタイルをベースに、必要に応じて村で調達という流れで楽しんでいくことになりそうだ。

冒険のポイントは「胃袋ゲージ」

時間経過の概念はフィールドの移動やダンジョンの冒険でもそのまま発生する。中でも、ダンジョンにおいて一番気をつけるべきなのが「胃袋ゲージ」の存在だ。なぜ気にする必要があるのかという理由を、バトルシステムとともに紹介していく。

ダンジョンへ進むと、そこには数多くの魔物が棲息している。いわゆるエンカウントではなく、シームレスにバトルが始まり、Yボタンでの通常攻撃を中心に敵の撃破を目指す。シンプルなアクションバトルのイメージを持ってもらえるといいだろう。

加えて、ジョブごとに用意されたスキルを活用すると、攻撃のバリエーションも大きく広がっていく。スキルはZRボタンを押しながら対応するボタンを押すことで発動できるので、属性なども意識しながら繰り出していこう。

ただし、バトル中の攻撃はもちろんのこと、採集や先ほど紹介した農作業などでも消費していくのがスタミナ。スタミナが0になってしまうと敵と遭遇しても攻撃が行えなくなってしまう。スタミナが無くなるとダッシュもできなくなるため、袋小路に陥ってしまうだろう。

スタミナの回復手段は大きく2つ。一つは先ほど触れた食事による回復だ。こちらは手っ取り早く回復するため、スタミナが心許なくなってきたら消費するというのがいいだろう。

そして、スタミナは胃袋ゲージが0でない時は自然回復する。胃袋ゲージは食事によって増加し、その後は自然減少していく。そういう意味でも料理を備えておくというのはダンジョン攻略においては必須になっていく。

ただし、どうしても胃袋ゲージの回復手段がないという場合は、ダンジョン内で入手した食材などを食べることでも一定量回復する。効率という意味では適切な手段ではないものの、併せて活用することでダンジョンを乗り切っていこう。

ちなみに、先ほど紹介したリターン・ベルなどで自宅に帰還しベッドで休んでてから、再びダンジョンに挑むのももちろんOKだ。その際も時間は経過してしまうものの、むしろ夜になってからは能力や行動に制限がかかってしまうため、引き際が肝心だ。

ここが大事なのだが、時間経過によるゲーム進行に応じたデメリットは無いため、準備不足だと感じたらすぐに行動を切り替えるなど、とにかく準備をした上で臨むのがベストになってくる。またダンジョン内では橋や梯子を修理すると近道が作れるので、まずは近道を作るなど目的をもってプレイするのとそうでないのでは全然意識が変わってくるので、ぜひ頭に入れておいてほしい。

今回は1時間半ほどのプレイとなったが、ファンタジーならではの世界観やストーリー、時間経過の概念によって1日サイクルで楽しめる生活シミュレーション要素、そしてシンプルながらもスタミナ管理が大切なバトルと、各要素が一つの流れとして楽しめるようになっていた。製品版にセーブデータを引き継げる体験版が配信中なので気になったら是非遊んでみてほしい。

「ハーヴェステラ」体験版
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000051138.html

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード プレイレポート