スマホゲームアプリ「ブルーアーカイブ -Blue Archive-(ブルアカ)」のメインストーリーの魅力を紹介する連載。第3弾は「エデン条約編」1章~2章。

目次
  1. 思惑、欺瞞、謀略が渦巻くバックグラウンド
  2. 政治的問題と対極的に描かれる、まぶしい青春
  3. 政治問題と青春の日々がお互いを引き立たせる

「ブルアカ」ストーリーの魅力を語っていく本連載も、ついに名シナリオの呼び声高い「エデン条約編」に突入します。ボリューム満点であるため、1~2章と3~4章に区切って語っていきます。

まずは前編にあたる1~2章。中心となるのはトリニティ総合学園の補習授業部ですが、このシナリオは学園同士の関係性を整理していくと一気に面白くなります。まずはあまりネタバレにならない程度に整理していきましょう。

思惑、欺瞞、謀略が渦巻くバックグラウンド

「ブルアカ」の世界であるキヴォトスは、学園都市が中心にあります。可愛らしいキャラクターが銃火器をじゃんじゃか撃ちまくるハチャメチャなストーリーに隠れていますが、学園間の政治的な関係性は、ここキヴォトスに深く根付いています。例えば「対策委員会編」では、窮地に陥ったアビドス高等学校に、救いの手を差し伸べる学園などなかった……というフレーズが出てきています。

「対策委員会編」では学校と企業の、「時計じかけの花のパヴァーヌ編」では学内での争いが描かれていましたが、「エデン条約編」では学校間に深く刻み込まれた敵対関係にスポットライトが当てられているのが特徴です。

その学校のひとつはトリニティ総合学園。昔から文武両道を掲げる、歴史と伝統が息づく学園。もう一つはゲヘナ学園。自由と混沌を校風とした、何でもありのマンモス校です。

この2校は長らく敵対関係にありましたが、全面戦争を避けるために不可侵条約を結ぶことになりました。それがシナリオ名にもなっているエデン条約。この敵対関係は2校にとって大きな重荷でした。エデン条約は両校の無意味な消耗を防ぐためのもの。同時に、キヴォトスにおける力のバランスを保つ手段でもあるのです。

そして忘れてはならないのが、現在は消えてしまったものの、トリニティとの禍根が残るアリウス分校です。

もともとトリニティは、たくさんの分派が集まってできた学校です。お互いを憎み合って紛争ばかりしていた分派たちが、これ以上戦わずに済むよう、一つの学園となることを決めました。このことに対して最後まで反対していたのがアリウス分校です。

反対の姿勢を貫いてしまったがゆえに、アリウスはトリニティと争うことになります。連合となったトリニティは圧倒的な力でアリウスを弾圧。結果、アリウスはトリニティの自治区から追放されてしまいました。今はトリニティの生徒もほとんど知らないような、表舞台から消えた分校なのです。

ストーリーにおいてこうしたバックグラウンドが明らかになるたびに、まるで国際ニュースを見ているかのような感覚を覚えます。トリニティとゲヘナの関係性は、まるで一触即発の状態に陥った国家のそれのよう。エデン条約も、友好関係を築くというよりはお互いこれ以上疲弊しないために締結するといった側面が強く、とても手放しで喜べるような雰囲気ではありません。不可侵条約でありながら、非常に危なっかしく映ります。

この両校のような危うい関係性は、トリニティの中にも存在しています。いかにもお嬢様学校といった校舎が立ち並び、おしとやかそうな出で立ちの生徒が学ぶトリニティですが、前述したように総合学園となった今でも派閥は残っている様子です。

この学校だけでも、ティーパーティー、正義実現委員会、シスターフッドと、組織が多く存在しています。その上、生徒会であるティーパーティー自体、生徒会長を複数人で担っているという学校です。権力者が何人もいる状態で、欺瞞が渦巻かないはずがありません。

そんな危なっかしい学校が、エデン条約締結という危なっかしい橋をようやく渡りかけてきたところに、よりにもよってティーパーティーのホストである百合園セイアが何者かに襲撃されてしまいます。条約締結を目前に控え、ティーパーティーのホストが襲われる……同じくティーパーティーの一員であるナギサが、疑心暗鬼に陥ってしまうのも無理はありません。

と、こうしたバックグラウンドを頭に入れておくと、エデン条約編は非常に面白く読めるのではないでしょうか。

学園同士、派閥同士、人と人、さまざまな関係性が描かれる中で、ベースになっているのはやはり人の感情です。どこそこが心底憎い、誰それが疑わしい。心に芽生えた黒い感情はどんどんエスカレートして、大きな事件や争いに発展してしまう。そんなことを改めて思い知らされます。その中で先生は、果たして生徒を信じ切れるのかと問われているように思えるのです。

政治的問題と対極的に描かれる、まぶしい青春

「エデン条約編」における先生の役割は、補習授業部の顧問です。

補習授業部のメンバーは、ヲタ活で試験をバックレた阿慈谷ヒフミ。催涙弾の弾薬倉庫を占拠し、約1トンの催涙弾を爆破させて3時間にわたる抵抗の末に逮捕された白洲アズサ。変態の皮をかぶった変態こと浦和ハナコ。正義実現委員でありながら赤点3回のムッツリちゃんこと下江コハルの4人。彼女たちは3回の特別学力試験のうち、全員が合格できなければ退学となります。

しかしこのメンバー構成には、ナギサの思惑が絡んでいました。「トリニティの裏切り者」がいるという情報をつかんだナギサは、エデン条約締結のため、疑わしい生徒を臨時の部活である補習授業部に押し込め、退学させようとしているのです。彼女は顧問となった先生にも、裏切り者を見つけるための協力を求めます。

一方で、ナギサとエデン条約のことを快く思っていないのが、同じくティーパーティーの一人、みんな大好き聖園ミカ。彼女は彼女で、単独で先生に接触し、とある交渉を持ち込んできます。ミカの狙いや本当の思惑は2章の終盤に明かされるので、ぜひ目の当たりにしていただきたいところです。

ティーパーティーがそれぞれ単独で先生に接触してくる時点で、すでに空中分解していると言っても過言ではないでしょう。誰も彼も、シャーレという第三者的立場にして「大人」の力を有する先生を引き込もうとしています。

極端な言い方をすれば、先生とて駒として見ているのがティーパーティーではないでしょうか。

そんな政治的な側面とは対極的に描かれているのが、補習授業部の青春です。

「ブルアカ」では各章で提起される事件や問題との対比として、必ず青春が描かれています。例えば「対策委員会編」ではかけがえのない母校、「時計じかけの花のパヴァーヌ編」では大きな目標に向かってともに進む仲間、といった具合ですね。「エデン条約編」の前半では、補習授業部が過ごす日常がそれにあたります。

彼女たちは非常に厳しい状況に置かれています。思惑が錯綜し、揺れ動く状況の中でスケープゴートにされている。それでも、全員合格・退学回避を目指して努力を重ねた日々、ひとつ屋根の下で食事したり洗濯したりした時間は確かにあって、それによって救われた子だっているのです。

先生が最も大切にしたいのは、生徒たちが送る何気ない、それでいてかけがえのない日々。過度に介入することなく部員たちを見守り続け、裏からどんな情報を回されようとも、「私は私のやり方で、その問題に対処させてもらうね」と、自らの姿勢を保ち続けた先生の姿も隠れた見どころの一つです。

「アイツらが怪しい」と吹き込まれ、疑うことを求められようとも、目の前で必死になりながらがんばっている補習授業部の生徒を1ミリも疑うことなく、その努力が報われるように最善を尽くすのが、大人である先生という立場。プレイヤーの分身でありながらいち傍観者としてストーリーを楽しめるよう巧妙に作られているので、ストーリー上はあまり目立たないのですが、「私は、生徒たちの味方だよ」というポリシーを貫く姿は、地味ながら見逃せないポイントではないでしょうか。そしてその手は、ティーパーティーの二人にも差し伸べられているのです。

政治問題と青春の日々がお互いを引き立たせる

不可侵条約の5文字とは裏腹に、不安定な関係性は未だ変わらないトリニティとゲヘナ。依然として禍根が残り続けているアリウス。きな臭いトリニティの学園内政治。他者を利用しようとする権力者。「対策委員会編」や「時計じかけの花のパヴァーヌ編」とはまったく異なるバックグラウンドが「エデン条約編」の魅力です。

そんなバックグラウンドがあるからこそ、学生としての日々を一生懸命に送る補習授業部の青春がまぶしく映ります。そして、そんな生徒たちを守ろうとする先生の姿勢もまた然り、です。

ストーリーは2章でひと段落はするものの、解決していない問題も多々見受けられます。次回はいよいよ「エデン条約編」の“本丸”です。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード 企画ブルアカ特集