バンダイナムコエンターテインメントは2024年2月24日・25日、「アイドルマスター ミリオンライブ!」(以下、「ミリオンライブ!」)の10thライブツアーのラストを飾る「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 10thLIVE TOUR Act-4 MILLION THE@TER!!!!」を、Kアリーナ横浜にて開催。ここでは、2月24日のDAY1の模様をお伝えする。

「ミリオンライブ!」の10周年を祝うべく、2023年4月から埼玉(さいたまスーパーアリーナ)、愛知(ポートメッセなごや 新第1展示館)、福岡(西日本総合展示場 新館)と巡ってきたツアーも、いよいよ最終公演Act-4。出演者発表時から話題を呼んでいたのが、その人数だ。DAY1は32人、DAY2ではついにミリオンスターズ39人が勢ぞろいする。そんな10thライブツアーAct-4は、オリジナル歌唱メンバー(以下、オリメン)での披露を中心に、ソロ曲もゲームサイズで次々と披露。アイドルの個性と待望の楽曲たちが織りなすステージにプロデューサー(「アイドルマスター」ファンの呼称)たちは大いに盛り上がった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

なお、本公演の配信チケットは2024年3月4日12:00まで販売しており、DAY1/DAY2とも2024年2月26日18:00~3月4日23:59(予定)の期間にアーカイブ視聴することが可能となっている。

アーカイブ配信情報ページ
https://idolmaster-official.jp/live_event/million10th/stream/act4.php

DAY1出演者(敬称略)

山崎はるか(春日未来役)
Machico(伊吹 翼役)
角元明日香(島原エレナ役)
大関英里(佐竹美奈子役)
藤井ゆきよ(所 恵美役)
麻倉もも(箱崎星梨花役)
小笠原早紀(野々原 茜役)
夏川椎菜(望月杏奈役)
中村温姫(ロコ役)
伊藤美来(七尾百合子役)
駒形友梨(高山紗代子役)
原嶋あかり(中谷 育役)
小岩井ことり(天空橋朋花役)
郁原ゆう(エミリー スチュアート役)
雨宮 天(北沢志保役)
田村奈央(木下ひなた役)
木戸衣吹(矢吹可奈役)
渡部優衣(横山奈緒役)
野村香菜子(二階堂千鶴役)
稲川英里(大神 環役)
末柄里恵(豊川風花役)
桐谷蝶々(宮尾美也役)
浜崎奈々(福田のり子役)
阿部里果(真壁瑞希役)
近藤 唯(篠宮可憐役)
山口立花子(百瀬莉緒役)
斉藤佑圭(永吉 昴役)
平山笑美(北上麗花役)
渡部恵子(周防桃子役)
愛美(ジュリア役)
南 早紀(白石 紬役)
香里有佐(桜守歌織役)

ミリオン10thライブツアーも大詰め。Act-4の舞台はKアリーナ横浜。約2万人を収容する巨大な会場には、ライブタイトル通り「MILLION THE@TER!!!!」となり、多くのプロデューサーが詰めかける。配信で待機しているプロデューサーも数多く、いまかいまかとそのときを待っていた。

昨年オープンしたKアリーナ横浜は、いわゆる一般的なアリーナのような長方形ではなく、すり鉢状に観客席が配置され、ステージを包み込むような座席配置。音響の素晴らしさも評判が高い。

開演10分前、会場には「Brand New Theater!」が流れる。「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」(以下、「ミリシタ」)最初のテーマソングであり、「新たな劇場(Theater)」をイメージした楽曲だけに、今回にピッタリの楽曲だ。むしろ、本編のオープニングナンバーでもおかしくなかっただけに、では1曲目にはなにがくるのか。さらなる期待の空気が膨らんでいった。

そして、スクリーンには765プロライブ劇場の事務員・青羽美咲さんが姿をみせる。最終公演への気合はプロデューサー以上にすさまじく、叫ぶようにプロデューサーたちに呼びかけると、DAY1のスタートを高らかに宣言した。

時間となり、会場に響き渡る開演ブザー。やはり劇場といえば、開演ブザーだろう。1stライブを思い出したプロデューサーがいたかもしれない。そのときと同じようにブザーから始まる感慨深い演出でスクリーンにはオープニング映像が映し出され、ミリオンスターズのメンバーがステージに登場すると、大きな2つの驚きが待っていた。

ひとつ目の驚きは、オープニングナンバー。披露されたのはなんと「Welcome!!」だ。この曲は「ミリオンライブ!」の2番目の全体曲として1stライブでも歌われた楽曲であり、400曲以上ある「ミリオンライブ!」の楽曲の中でも、披露回数はTOP10に入るほど上位に位置している。

しかし、近年の周年ライブで披露されることはなく、この曲が大好きな人たち――“Welcome!!民”と呼ばれることもある人たち――は、忸怩たる思いを抱えていたことだろう。ちなみに、MachicoさんもWelcome!!民のひとりだ。

実際、周年ライブ以外を含めても披露されたのは2019年の「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」DAY2以来で、周年ライブに限定すれば2016年4月の3rdライブツアー幕張公演以来であり、約7年ぶりとなる。

センターに立った山崎さんの「プロデューサーさんお待たせしました!ミリオンシアター(MILLION THE@TER!!!!)へようこそ!」の言葉から始まった「Welcome!!」のステージは、楽曲タイトルからしてもAct-4の開幕にふさわしいもの。大歓声を受けたメンバーは、みんな嬉しそうな表情を浮かべてステージ上で躍動していた。

そして、もうひとつの大きな驚きは彼女たちが身につけている衣装だ。なんと、今回はメンバー全員が個別衣装であり、「ミリシタ」でのアイドルたちのSSR衣装を完全再現していたのだ。各自がどのSSRの衣装だったのかは、公演内で発表された「10thLIVE TOUR 39ガシャDAY1」のラインナップを見てもらえばわかる。ライブを見て気になった方は、こちらのガシャも注目だ。

さらに、渡部優衣さんや稲川さん、近藤さんなど「ミリシタ」のセカンドヘアスタイルに合わせて、髪を下ろしたり三つ編みにしたりと、普段とは違う髪型にしているメンバーもいて、衣装と合わせて新鮮な魅力をみせてくれた。

そんなメンバーが歌詞に合わせてウインクするなどしながらライブの開幕を彩ると、曲中にひと言入れるパートは、山崎さん、Machicoさん、南さん、香里さんが担当。冒頭から会場は大盛り上がりとなった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

曲後はメンバー全員が元気に挨拶。個別衣装を改めてアピールして、次の曲へ。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

2曲目は「Legend Girls!!」。2013年〜2014年にリリースされた最初のCDシリーズ「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE」(以下、「LTP」)の中でも「01」の「Thank You!」に続く「02」に収録された楽曲で、全員曲以外の複数人で歌う楽曲としては「ミリオンライブ!」最初の楽曲が「Legend Girls!!」。そのオリメンである麻倉さん、伊藤さん、小岩井さん(オリメンはこの3人+中村繪里子さん、田所あずささん)が披露。サビの〈ここからはじまる伝説へLet's join〉をはじめ、10周年に聴くと胸が熱くなる内容は、3人の声の安定性や力強さも相まって10年の歴史を感じるものだった。

今回のステージは、センターステージはなく2段になったメインステージのみで構成されており、ステージ上部にはいつもの「765PRO LIVE THE@TER」の文字。左右には10周年を象徴するように、大きな☆が10個輝いていた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

続いては、ソロ曲パート。Act-4は出演者数が多いため、ソロ曲はないかもと思っていたプロデューサーの不安を一蹴するように、元気に飛び出してきた小笠原さんが、ソロ曲をメドレーで歌う宣言が飛び出し、大歓声で迎えられる。その小笠原さんが披露したのは「AIKANE?」。可愛さ満点で、ウザ可愛く畳み掛けていく小笠原さんは、特徴的な曲調の変化や、あいうえを作文(Act-4バージョン)も見事に決めてみんなを楽しませる。衣装の猫耳と尻尾もキュートだ。

平山さんは抜群の歌唱力で「FIND YOUR WIND!」を披露。動きも軽快にステージを楽しむ平山さんの歌声は、会場を吹き抜ける風のようで心地がいい。それでいて抜群の歌唱力はやはり心が掴まれるすごさがある。この曲をライブ前半で歌うのは初めてとのことで、確かに4thライブDAY2や6thライブツアー仙台公演DAY2は後半に披露している。

そして、第一声から気合満点の駒形さんは、「Only One Second」でプロデューサーたちを惹きつけていく。言葉の端々に気合が漏れるパワフルな歌い方は、紗代子とのシンクロがあればこそ。今回はゲームサイズだからフルスロットルだったとMCで口にしていたように、最初から最後まで全開。ラストには指を前に出して、最高の笑顔を浮かべていた。

大関さんは「SUPER SIZE LOVE!!」を披露。前回は複数人で歌っており、ソロでの披露は4thライブ以来。プロデューサーたちのクラップが鳴り響き、それを受けた大関さんは、さらにみんなの声を求めてマイクを差し出し、合図に合わせて「おかわり!」の声が会場いっぱいに響き渡る。Kアリーナ横浜の特徴でもあるが、「おかわり!」の声は上から降ってくるようだったと本人談。それだけみんなが一体の空間になっていた。

再びユニット曲に移り、角元さん、中村さん、原嶋さんが「ゲキテキ!ムテキ!恋したい!」をフルサイズで披露。ソロ曲はゲームサイズ、ユニット曲(ユニット名がないものも含む)はフルサイズと、メリハリのある構成だ。この曲は「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER FORWARD 01」に収録されているユニット「レオ」の曲で、4thライブ以来2回目の披露。そのときはライブ用に歌いわけをやりやすくしていたのを、今回はCD音源通りにしてみたとの裏話もMCで話していたが、3人とも弾むような軽快なダンスが見事だった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

さらに、8thライブでのみんなで歌ったステージも印象的だった「ショコラブル*イブ」を、今回はオリメンである山崎さん、藤井さん、小笠原さん、夏川さん、駒形さんが披露。センターに立った藤井さんが間奏で「大好きだよ!10年間ずっとね!」と叫んでいたように、みんなに想いとハートを届けて、最初のブロックを締めた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

MCパートでは、小岩井さん、小笠原さん、平山さん、駒形さん、角元さん、山崎さん、夏川さん、Machicoさん、野村さんが披露した楽曲の裏話なども交えながら振り返り、次のブロックへと進む。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

2つ目のブロックは、大関さん、藤井さん、渡部恵子さん、南さんによる「花びらメモリーズ」から。「プラチナスターテール~聖ミリオン女学園 あなたへの花束~」の楽曲として、幻想的なイントロから始まるこの曲は、披露自体も2回目であり、オリメンで歌うのは初。4人の歌声には切なさもあり、ソロでのそれぞれの歌声や泣きそうなぐらい気持ちの入った表情も印象的だった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

続いて、トランプをモチーフにした「THE IDOLM@STER MILLION THE@TER SEASON」(以下、「MTS」)シリーズのひとつ、SHADE OF SPADEの「スペードのQ」を郁原さん、雨宮さん、斉藤さんが披露。キャストにも人気が高いというこの曲だが、周年ライブでの披露は初となる。オリメンの3人(オリメンは+下田麻美さんの4人)は雰囲気たっぷりで、目元にラインストーンをいれた斉藤さんの入り込み方もすごく、怖さも感じるほど。それぞれの“ヤンデレ”を表現して、個性の違いが出ていたのも面白い。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

そして、このブロックのソロ曲ゾーンへ。まずは山口さんの片思いの気持ちを込めた「Border LINE→→→♡」。披露するのは2019年の6thライブツアー福岡公演DAY1以来であり、ジャジーでオシャレなメロディにのせて、みんなに気持ちを届けていく。足に這わせる手の動きなどのしぐさも色っぽく、みんなをメロメロにしていたが、莉緒姉のソロ曲だけに、片思いの気持ちがちゃんと受け取ってもらえたかも気になるところ。

美しい声でみんなの心を撫でるように歌い上げたのは、末柄さんの「オレンジの空の下」。7thライブでは4人で歌ったため、ソロでの披露は4thライブ以来。包み込むようなふんわり響き渡る歌声は癒し成分もたっぷりで、動きもしなやか。個別衣装も清楚な可愛さがあり、ラストに手を振って浮かべた笑顔も素敵だった。

さらに、中村さんはロコ節全開で「STEREOPHONIC ISOTONIC」を披露。ロコのソロ曲では一番披露した回数が多いとのことだが、とはいえ6thライブツアー以来となる。今回は“自分を信じてくれるみんながいてくれるという気持ち”の自信を持って臨んだという。伸び上がるような全身を使った動きや、可愛さいっぱいの歌声、見事な早口パートなど、10年間が詰め込まれていたステージとなった。

元気に登場した浜崎さんは、「マイペース☆マイウェイ」を熱唱。7thライブでは桐谷さんと一緒に歌っていたので、ソロで歌うのは4thライブ以来となる。のり子の力強さはもちろんのこと、浜崎さん自身の成長も感じさせる美しい歌声が、のり子初のソロ曲をさらに彩り豊かなものとしていた。バイクをブンブンさせる振り付けも特徴で、ステージを楽しんでいるのが伝わってくる。

同じく4thライブ以来となったのが木戸さんの「おまじない」。2nd、3rd、4thと連続で披露していたので、当時はよく聴いていたプロデューサも多いのではないだろうか。久しぶりの今度はみんなにおまじないをかける番だと思って歌ったそうで、そんな気持ちを込めて小指を立てた「約束だよ!」の言葉は素敵だ。動きやステップも軽く、爽やかに歌い上げる彼女の歌声はさらに安定感が増していて、歌が大好きな可奈そのものだった。

続いて、ピアノのイントロからユニット「Fleuranges」の麻倉さん、田村さん、桐谷さん、近藤さんによる「旅立ちのコンパス」へ。「Fleuranges」の4人が勢ぞろいして歌唱するのは初であり、パステル調のワンピースであるユニット衣装「カモミール・ウィスパー」に身を包んで、美しいハーモニーを響かせる。コンパスを描くような足の運びも印象的で、4人それぞれに違った魅力をみせてくれた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

驚きで迎えられたのは、伊藤さん、小岩井さん、香里さんによる「ミリシタ」4周年記念曲「Harmony 4 You」だ。全体曲として、みんなで歌うことが多かった楽曲だけに、過去最小人数での披露(初披露となった「ミリシタ4周年!!! Anniversary 4 you! 生配信」でも5人)は貴重。4周年のキービジュアルでセンターを務めた歌織さんを演じる香里さんが今回も真ん中に立ち、少人数だからこその個性溢れた「Harmony 4 You」を聴かせていく。〈ここは最高のtheater〉との歌詞もまさにこの瞬間のように思えるものだった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

大関さん、南さん、雨宮さん、斉藤さん、中村さん、浜崎さん、香里さんによるMCを挟み、DAY1も中盤戦へ。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

「MTS」シリーズのひとつLOVERS HEARTより、オリメンの3人である夏川さん、木戸さん、愛美さん(オリメンは+中村繪里子さんの4人)が「CHEER UP! HEARTS UP!」でみんなを元気にしていく。配信イベントを含め、夏川さんと愛美さんは初披露だ。プロデューサーたちのクラップも響くなか、可愛くポップなメロディにのせて、みんなのテンションはどんどん上がっていった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

「3、2、1 Yeah〜!!」と楽しい掛け声が響き、今度は渡部優衣さん、桐谷さん、阿部さんによる「夢見がちBride」の時間だ。「765 MILLIONSTARS LIVE 2023 Dreamin' Groove」での披露はあったものの、リアルライブでの披露は今回が初。オリメン5人のうち3人(ほか2人は沼倉愛美さんと上田麗奈さん)が集結し、手でハートを作ってアピールしたり、みんなに目線を向けたりしながら、結婚に憧れる無邪気で可愛い気持ちを表現していった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

そして、郁原さんによるソロ曲「絵羽模様」へ。身につけている個別衣装は「はなしらべ」のものだったが、和装を模した衣装はこの曲にもぴったり。その袖も使いながら、あでやかかつ可愛さいっぱいに披露する郁原さん。指先まで意識したしぐさやちょっとした作法も綺麗で、会場に広がるような歌声も素敵だった。

田村さんは最初のソロ曲「あのね、聞いてほしいことがあるんだ」を3rdライブツアー福岡公演以来、久々に披露。テーマカラーに染まった会場に、牧歌的で暖かな歌声が響いていく。その声は真っ直ぐで、ひなたの優しい心がいっぱいに詰まったものであり、〈どうぞヨロシクね!〉の言葉も10周年を迎えて、これからに向けた気持ちにも寄り添うものに感じられた。

一気にテンションアップして、日本武道館や神戸ワールド記念ホール、富士急ハイランドなどを次々と動物園にしてきた原嶋さんが、「アニマル☆ステイション!」で今度はKアリーナ横浜を動物園に。ゲームサイズであっても、動物の鳴き声をするパートはしっかりあり、動物となったプロデューサーたちの鳴き声や、コール&レスポンスが響き渡る。小柄な体を目一杯使ったダイナミックな動きではしゃぐ原嶋さんは、笑顔いっぱいで楽しそうだ。

そんな動物たちと一緒に探検したのは、稲川さんによる「たんけんぼうけん☆ハイホー隊」。元気いっぱいにキレッキレの動きや、コロコロ変わる表情は楽しんでいる環そのもの。稲川さんのパフォーマンス力と表現力だからこそ生み出されるステージは、みんなを冒険気分に。MCで明かしていたが、この曲は体調不良のため出演見合わせとなった10thライブツアーAct-2 DAY2で歌う予定だったそうで、その忘れ物を回収できて嬉しかったと笑顔をみせていた。

会場にギターの音が響く。「ツアーファイナル、かかってこいや!」と気合をいれた愛美さんが「流星群」を熱唱すると、真っ赤に染まった会場のプロデューサーたちの歓声も全開だ。抜群の格好良さとちょっとしゃくりを入れた歌い方も魅力的で、リリース当時より格段に腕があがったギターソロの演奏や、たっぷり溜めを作ってラストフレーズからのロングトーンも見事に決めていた。本人曰く、ゲームサイズで時間が短い中で最後のロングトーンをどこまで伸ばせるかは挑戦だったらしい。

そして、あの伝説の劇が再演される。これを予想していたプロデューサーが少なかったことは、どよめきからも伝わってくる。6thライブツアーで見事な歌声と演技をみせてくれた「夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-」(藤井さん、小岩井さん、野村さん、山口さん)が、ユニット衣装「ブランエノワール」を身にまとって再び「昏き星、遠い月」を披露。もちろん劇中の剣戟なども再現し、背後のスクリーンに月が映し出されるなか、藤井さん(エドガー)の悲痛な叫びや、ラストの山口さん(エレオノーラ)のセリフも胸にグッとくるもの。演じきった彼女たちには大きな拍手が送られていた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

さらに、オリメン全員がついに集結したChrono-Lexica(夏川さん、中村さん、伊藤さん、阿部さん、斉藤さん)による「dans l'obscurité」へ。楽曲自体は何度か歌われてきたが、周年ライブでもリリースイベントでも4人までしか揃わなかっただけに、待望していた人は多かっただろう。ユニット衣装「ビスクドール・ノワール」を着て登場した5人は、中二感全開で一気に自分たちの世界へとみんなを引き込んでいく。映像やライティングの演出も格好良く、気合の入った叫びも心に響く。5人それぞれのセリフからの決めポーズもバッチリ決まっていた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

木戸さん、愛美さん、桐谷さん、郁原さん、田村さん、原嶋さん、稲川さんが楽曲を振り返ったMCに続いて、次のブロックはあの曲でのっけからプロデューサーたちを虜に。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

個別衣装の可愛さも抜群で、キャスト陣やスタイリストもメロメロにさせたという麻倉さんが、その内容でも騒然とさせたソロ曲「きまぐれユモレスク」を披露。前回披露時はまだ声出しが禁止されていたため、今回プロデューサーたちの声が聞こえて嬉しかったと麻倉さん。可愛さとちょっぴり挑発的な星梨花の新たな一面をみせると、困ったような表情やウインク、いたずらっぽいしぐさでも心を撃ち抜いていた。余談だが、MCパートでは麻倉さんの可愛さに今回も藤井さんがメロメロになっていたが、こればかりは仕方ない。

そして、元気いっぱいに渡部恵子さんが「ローリング△さんかく」を6thライブツアー福岡公演ぶりに披露。可愛さいっぱいの歌声や軽快な動きはさらに磨きがかかっており、みんなを盛り上げていく。客席にはコンサートライトで三角形や歌詞に合わせて四角形を作るプロデューサーもいて、ステージからもよく見えたという。同じ振り付け師による「きまぐれユモレスク」の動きも取り入れたとのことなので、配信でしっかり見直してもらいたい。

格好良さ全開にシフトし、雨宮さんは「ライアー・ルージュ」で気合の入った歌声を響かせる。志保の最初のソロ曲として披露回数自体は結構多いが、こちらも歌うのは6thライブツアー福岡公演以来。そこから4年以上経ち、さらに表現力を増したパフォーマンスは強さ全開なところと想いをグッと込めるところのメリハリも素晴らしく、表情でもみんなを引き込んでいた。

同じく2013年から何度も歌ってきて、思い入れが強いという「透明なプロローグ」を伊藤さんが披露。とはいえ、披露するのは2019年以来で久しぶりだ。初心に帰るようなストレートな歌声が響き、彼女の歌声の魅力はそのままに力強さが格段にアップ。MCで自称「初代ウインク王」だと笑っていたが、首をちょっとかしげてプロローグウインク(本人命名)する破壊力も相変わらずだった。

続けて、渡部優衣さんが「Super Lover」を格好良く、大人っぽさも加えた魅力たっぷりのパフォーマンスをみせる。今回、10周年にして初めて髪を下ろしてセカンドヘアスタイルに合わせた髪型にしたそうで、その意味でも新鮮なステージだ。〈今宵は満月〉の歌詞も印象的なこの曲だが、前回披露した2019年の6thライブツアー神戸公演のときもこの日も偶然満月であり、満月に愛された女だとMCでは笑っていた。

そして、ユニット衣装「十六夜ラディアータ」で登場した「花咲夜」の3人(小岩井さん、郁原さん、南さん)が「矛盾の月」を披露。扇子を手にして踊る姿は和の魅力たっぷり。小岩井さんの艶っぽさ、郁原さんの可愛さ、南さんの力強さと、美しい中にそれぞれの個性が光り、それが重なるとさらなるハーモニーを生み出していく。この曲を前回披露した8thライブでは小岩井さんが出演見合わせとなっていたため、そのときの忘れ物を取り返せたことを嬉しそうにしていた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

次の「カワラナイモノ」をオリメンの駒形さん、浜崎さん、近藤さん(オリメンは+たかはし智秋さんの4人)で披露したのも、待望だったことだろう。この曲は披露自体も少なく、3人のうちライブでの披露経験があるのは駒形さんのみ。浜崎さんと近藤さんはリリース(2013年10月30日)から10年以上経って今回が初披露となる。Aメロで駒形さんが力強く歌い出せば、負けずに浜崎さんの芯のある歌声、そこにふんわりと近藤さんが魅力を加えていく。10年の足取りを感じさせるような歌詞も涙を誘い、〈出会えた奇跡に、ありがとう〉はみんなの想いそのもの。ちなみに、ステージでの並びは上記の名前順であり、LTP07のジャケットに準じた並びであったのも嬉しいところだ。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

そして、ステージがキラキラに輝き、大人組の3人(野村さん、末柄さん、平山さん)が「カンパリーナ♡」で、また雰囲気を変えてナイトプール気分に。先ほどは包容力と癒しをたっぷり届けてくれた末柄さんの大人っぽい歌い方も魅力的で、野村さんの誘うような表情やしぐさ、平山さんの突き上げる歌声も、それぞれが抜群に楽曲を引き立てていく。MCでは、いつか残りの2人(たかはし智秋さん、原由実さん)も入れたフルメンバーで歌いたとの野望も口にしていた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

麻倉さん、渡部恵子さん、伊藤さん、渡部優衣さん、近藤さん、末柄さん、藤井さん、山口さん、阿部さんが楽曲を振り返ったMCパートがあり、いよいよこの日の最終ブロックへ。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

最終ブロックはなにがくるのかと期待する空気を切り裂いて流れてきたのは、おどろおどろしいイントロ。角元さん、小笠原さん、雨宮さん、野村さん、香里さんによる「クルリウタ」は驚きと興奮で迎えられた。オリメン全員での披露が初なのはもちろん、周年ライブでこの曲が披露されるのも今回が初。スクリーンの演出もホラーがかっており、小笠原さんを中心に4人がくるりと囲むフォーメーションも印象的。その小笠原さんの悲痛な叫びのような歌い方をはじめ、それぞれの曲に合わせた表現は見事だった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

その流れを受けるように、今度は「赤い世界が消える頃」を大関さん、木戸さん、阿部さん、近藤さん、平山さんが披露。5人が揃って披露するのは4thライブ以来。真っ赤に染まった会場で、取り憑かれたように情感あふれた歌唱とダンスでみんなを世界に引き込んでいく。木戸さんが無垢な感じに振り向く表情や、「みいつけた」と指で円を描いて覗くしぐさも心奪われる瞬間だった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

そして、Machicoさんと藤井さんが「DIAMOND JOKER」を熱唱。こちらはMTSシリーズ・BRIGHT DIAMONDの楽曲であり、2人の強く格好いい歌声と、ステージを彩るレーザーやスクリーンの演出がマッチ。配信イベントで披露されたのみだったため、ライブでの披露は初であり、バリバリの格好良さにプロデューサーたちから歓声が沸き起こっていた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

さらに、「オフィウクス」の2人(南さん、香里さん)が「電波感傷」をキレキレに格好良く決めていく。「765 MILLIONSTARS LIVE 2023 Dreamin' Groove」でアイドルが歌ったのを除けば、2人が披露したのはラジオの公開録音イベント「THE IDOLM@STER MILLION RADIO! SPECIAL PARTY 04」のみであり、プロデューサーの大興奮もうなずける。ハイスピードで繰り広げる中でも安定してパワフルな歌声を響かせる2人は、向かい合う振り付けで嬉しそうな表情を浮かべていたのも印象的だった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

格好良さといえばこの曲を忘れてはいけないと言わんばかりに、Machicoさん、平山さん、愛美さんが「Marionetteは眠らない」を披露。「ミリオンライブ!」初期から数多く披露されてきたものの、オリメンのこの3人(オリジナルは+長谷川明子さんの4人)が揃うのは初めてであり、そんな3人が突き上げるロングローンがめちゃくちゃ格好いい。3人ともしゃくりのある歌い方にそれぞれの個性が活かされており、10年間で格段に成長した3人の声が合わさった強さはすさまじく、プロデューサーたちのボルテージもますますあがっていった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

DAY1ラストスパートは、休ませることなくMTSシリーズの楽曲を畳み掛けていく。今度はBRIGHT DIAMONDの山崎さん、桐谷さん、渡部恵子さん、香里さんが「シークレットジュエル ~魅惑の金剛石~」で気持ちのいいメロディと歌声を響かせていく。「DIAMOND JOKER」同様、こちらも周年ライブで披露するのは初。オシャレさのある歌声や狙うような表情も浮かべ、なによりステージで躍動する4人は楽しそうにしていた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

そして、CLEVER CLOVERの角元さん、中村さん、田村さん、渡部優衣さん、野村さん、阿部さんは「Shamrock Vivace」でショータイムなステージを展開。ジャジーなビッグバンドサウンドにのせて、メンバーの弾むような歌声が響くと心が躍り、体も思わず動いてしまう。まさにパーティー会場となってプロデューサーを巻き込んで大いに盛り上がった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

本編ラストは「EVERYDAY STARS!!」。自己紹介ソングともいえるこの曲を、8人ずつ4組にわかれ、それぞれが今回の公演用にアレンジしたセリフを言いながら披露していった。ライブ前日に実施した源Pこと中村源太さんとAPかっしーさんによるXのスペースで、セットリストを知らない2人がこの曲のことを話題にあげていたのはさすがだ。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像
久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

アンコールでは、10周年記念衣装「リ・プロローグ・X」に着替えたメンバーが再登場して10周年記念楽曲「Crossing!」を披露。波のような振り付けも綺麗で、みんなの歌声と色とりどりの光が今後を照らし出していくかのよう。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像
久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

挨拶はメンバーを代表してMachicoさんから。みんなが不安に思っている気持ちはわかるとMachicoさん自身が笑っていたが、10年間の想いや今回の公演に向けたみんなの気持ち、そして翌日のDAY2に向けた意気込みなど、素敵な言葉を届けてくれた。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

そして、オーラスはアニメ「ミリオンライブ!」のオープニングテーマとして、「ミリオンライブ!」全体を代表する楽曲のひとつともなった「Rat A Tat!!!」。ラスト曲お馴染みの、フリータイムな感じでステージを移動しながら、抱き合ったり手を振ったりしながら、この瞬間を楽しむメンバー。最後に全員が横一列に並ぶ姿は壮観であり、みんなで夢の扉を叩いて、これから進んでいくのを象徴するかのようだった。

久々の披露にWelcome!!民が大歓喜!「アイドルマスター ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-4 DAY1レポートの画像

ちなみに、ラストの定番曲といえば「Thank You!」がある。周年ライブで「Thank You!」を歌わないのは珍しく、これまで歌わなかったのは6thライブツアーの地方公演のみ(SSA公演では披露。9thライブでは-MR remix-としてバージョン違いで披露)。10thライブツアーの最終公演となるAct-4はソロ曲からもわかるように、DAY1とDAY2を合わせてひとつの大きな公演といえるものであり、そのためDAY1では「Thank You!」を歌わない割り切ったセットリストになったのだろう。見方を変えれば、オープニングの「Welcome!!」もラストの「Rat A Tat!!!」も、「ミリオンライブ!」には素晴らしい楽曲が目白押しであり、それも10年の積み重ねを感じるものと言えるだろう。

メンバー退場時には山崎さんとMachicoさんがハイタッチしてお見送りしていたのも素敵な光景で、最後に2人並んで改めて感謝を述べていた。DAY2はついにミリオンスターズ39人がステージに勢ぞろいする。10周年を締めくくる集大成の瞬間を心して待ちたい。

「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 10thLIVE TOUR Act-4 MILLION THE@TER!!!!」DAY1セットリスト

01. Welcome!!/ミリオンスターズ
02. Legend Girls!!/麻倉もも、伊藤美来、小岩井ことり
03. AIKANE?/小笠原早紀
04. FIND YOUR WIND!/平山笑美
05. Only One Second/駒形友梨
06. SUPER SIZE LOVE!!/大関英里
07. ゲキテキ!ムテキ!恋したい!/角元明日香、中村温姫、原嶋あかり
08. ショコラブル*イブ/山崎はるか、藤井ゆきよ、小笠原早紀、夏川椎菜、駒形友梨
09. 花びらメモリーズ/大関英里、藤井ゆきよ、渡部恵子、南 早紀
10. スペードのQ/郁原ゆう、雨宮 天、斉藤佑圭
11. Border LINE→→→♡/山口立花子
12. オレンジの空の下/末柄里恵
13. STEREOPHONIC ISOTONIC/中村温姫
14. マイペース☆マイウェイ/浜崎奈々
15. おまじない/木戸衣吹
16. 旅立ちのコンパス/麻倉もも、田村奈央、桐谷蝶々、近藤 唯
17. Harmony 4 You/伊藤美来、小岩井ことり、香里有佐
18. CHEER UP! HEARTS UP!/夏川椎菜、木戸衣吹、愛美
19. 夢見がちBride/渡部優衣、桐谷蝶々、阿部里果
20. 絵羽模様/郁原ゆう
21. あのね、聞いてほしいことがあるんだ/田村奈央
22. アニマル☆ステイション!/原嶋あかり
23. たんけんぼうけん☆ハイホー隊/稲川英里
24. 流星群/愛美
25. 昏き星、遠い月/藤井ゆきよ、小岩井ことり、野村香菜子、山口立花子
26. dans l'obscurité/夏川椎菜、中村温姫、伊藤美来、阿部里果、斉藤佑圭
27. きまぐれユモレスク/麻倉もも
28. ローリング△さんかく/渡部恵子
29. ライアー・ルージュ/雨宮 天
30. 透明なプロローグ/伊藤美来
31. Super Lover/渡部優衣
32. 矛盾の月/小岩井ことり、郁原ゆう、南 早紀
33. カワラナイモノ/駒形友梨、浜崎奈々、近藤 唯
34. カンパリーナ♡/野村香菜子、末柄里恵、平山笑美
35. クルリウタ/角元明日香、小笠原早紀、雨宮 天、野村香菜子、香里有佐
36. 赤い世界が消える頃/大関英里、木戸衣吹、阿部里果、近藤 唯、平山笑美
37. DIAMOND JOKER/Machico、藤井ゆきよ
38. 電波感傷/南 早紀、香里有佐
39. Marionetteは眠らない/Machico、平山笑美、愛美
40. シークレットジュエル ~魅惑の金剛石~/山崎はるか、桐谷蝶々、渡部恵子、香里有佐
41. Shamrock Vivace/角元明日香、中村温姫、田村奈央、渡部優衣、野村香菜子、阿部里果
42. EVERYDAY STARS!!/ミリオンスターズ
<ENCORE>
43. Crossing!/ミリオンスターズ
44. Rat A Tat!!!/ミリオンスターズ

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(34枚)

THE IDOLM@STERTM& (C)Bandai Namco Entertainment Inc.

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ

アイドルライブ&プロデュースゲーム
機種
iOSAndroid
プラットフォーム
アプリ
OS
会社
バンダイナムコエンターテインメント
シリーズ
アイドルマスターミリオンライブ!
ジャンル
リズム
公式サイト
公式サイト
  • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
  • セール情報
  • Figgy

人気記事ランキング

定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
4月8日(月)
Aurora7
Spirit City: Lofi Sessions
プリケツにゃー!
機兵とドラゴン
4月9日(火)
Children of the Sun
KAKKUN
イルラン
4月10日(水)
SUSHIショット
クローズ×WORST UNLIMITED
4月11日(木)
CLeM
Devil May Cry: Peak of Combat
EGGコンソール ドラゴンスレイヤーIV ドラスレファミリー MSX2
EMPTY SHELL
Inertial Drift
Loretta
Moonglow Bay
RPG MAKER WITH
Slave Zero X
Slave Zero X 限定版
STEINS;GATE 15周年記念ダブルパック
STEINS;GATE ELITE グッドバリュー版
The Dragoness:Command of the Flame
アルタイル号の殺人
アーケードアーカイブス VS. スーパーゼビウス ガンプの謎
スイカゲーム
デジプラコレクション まるごと鉄道!ミニ ~JR貨物編~
ドットピースパズル
マブラヴ REMASTERED
マブラヴ オルタネイティヴ REMASTERED
双翼世界の精霊勇者
旅人ソフィア
日本史3ヒントクイズ 私は誰でしょう?
果つることなき未来ヨリ
泡沫のユークロニア
泡沫のユークロニア 限定凍玻璃エディション
4月12日(金)
Outer Terror
WOWOWOW KORONE BOX
4月15日(月)
PERISH
4月16日(火)
Grounded
Harold Halibut
デイヴ・ザ・ダイバー
4月17日(水)
HIT : The World
4月18日(木)
ARK: Survival Ascended
EGGコンソール ハイドライドII PC-8801
Picross -LogiartGrimoire-
SUNSOFT is Back! レトロゲームセレクション
UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも
いっき団結
ココロシャッフル - Spirit Swap -
バニーガーデン