Samsungの最新フラッグシップスマートフォン「Galaxy S24シリーズ」が、2024年4月11日に発売された。本記事では、その最上位モデルとなる「Galaxy S24 Ultra」についてゲーミング性能を中心にレビューしていく。

目次
  1. ゲーミング性能も向上、圧倒的スペックを誇る「Galaxy S24 Ultra」
  2. 最新AI技術が搭載された「Galaxy S24シリーズ」
  3. ゲーム機能をさらに強化、高負荷のゲームでも最高の画質で好きなだけ楽しめる

ゲーミング性能も向上、圧倒的スペックを誇る「Galaxy S24 Ultra」

「Galaxy S24シリーズ」はSamsungの最新のハイエンドスマートフォンで、2024年4月11日に発売となった。

このS24シリーズの最上位モデルとなるのが「Galaxy S24 Ultra」だ。チップセットはギャラクシー史上最速となる「Snapdragon® 8 Gen 3 for Galaxy」を搭載し、ゲーミング性能が大幅に向上している。5,000mAhの大容量バッテリーを備えているため、長時間のゲームプレイが可能。

【PR】4月11日発売のハイスペックスマートフォン「Galaxy S24 Ultra」を実機レビュー―高負荷ゲームもキレイな映像で快適にプレイの画像

気になる放熱性についても、冷却システム(ベイパーチャンバー)が前モデルの「Galaxy S23 Ultra」の約2倍の大きさになっているので、高負荷のかかるゲームであっても、効率的に放熱してくれる。

S23 UltraとS24 Ultraの冷却システム。S24 Ultraの方がかなり大きいことがわかる。
S23 UltraとS24 Ultraの冷却システム。S24 Ultraの方がかなり大きいことがわかる。

ディスプレイは約6.8インチの有機EL「Dynamic AMOLED 2X」。解像度は横1440×縦3120ドットのQHD+で、画面の輝度は2600nitsに達している。リフレッシュレートは最大120Hzで滑らか、環境に合わせて明るさなどを自動調整するビジョンブースターも搭載しており、太陽光の下などどんな環境でもよりリッチな映像でゲームを楽しめる。

さらに、現実世界により近い映像を表現するレイトレーシング機能の強化により、影や反射などのリアル感がさらにアップ。敵が視認しやすくなっており、より没入感のあるゲーム体験を得ることができる。また、従来のモデルと同様、ペン型の入力デバイス「Sペン」を内蔵している。

アウトカメラは4眼構成で5000万画素のセンサーを備えた光学5倍の望遠レンズを搭載。最大100倍のズームに対応しており、すべての倍率でAIがマルチフレーム補正を行うことにより、遠距離でも輪郭のはっきりした美麗な画像を撮影することが可能だ。暗所での撮影をサポートする機能も強化されており、さまざまなシチュエーションでの撮影を楽しむことができる。

最新AI技術が搭載された「Galaxy S24シリーズ」

S24シリーズの最大の特長となっているのが、最先端のAI技術を活用した「Galaxy AI」の搭載だ。これにより通訳・翻訳・要約・検索・生成編集などの機能が大幅に強化されており、日常でのコミュニケーションからビジネスシーンまで、さまざまな場面で役に立ってくれる。

特に驚くべきは多彩な通訳・翻訳機能だ。電話時の双方の通話内容を音声とテキストで同時通訳してくれるほか、対面時のリアルタイム音声通訳やチャットのメッセージの自動翻訳なども可能。日本語、英語、スペイン語、中国語、韓国語など13言語に対応しており、AIによる音声認識・機械翻訳・音声合成により即時に翻訳してくれるので、言葉の壁をこえたコミュニケーションを円滑に行うことができる。

作業効率化のための機能も充実している。録音した音声の話者を区別してのテキスト化、他言語への翻訳、内容の要約などが可能。手書き文字をテキスト化(文字起こし機能)し、見出しを付けて段落ごとにまとめたり表紙を付けて整理したりする機能も用意されている。ウェブニュースの他言語への翻訳や内容の要約なども可能で、これらを活用すればタイムパフォーマンスが劇的に向上することだろう。

Samsung Notesアプリ:要約
Samsung Notesアプリ:要約
Samsung Notesアプリ:翻訳
Samsung Notesアプリ:翻訳

検索の部分ではGoogleのAI機能を使った「かこって検索」が利用可能に。画面上の気になる箇所を丸で囲むだけで検索できるので、検索窓に文字を入力するという手間が省ける。さらに、さまざまな情報をアプリからアプリへ移動することなくシームレスに手軽に得られるようになっている。ゲーム画面から気になるキャラクターを検索するといった活用も可能だ。

気になるキャラクターをかこって
気になるキャラクターをかこって
検索が可能だ
検索が可能だ

AIを使った画像の編集が可能になっているのも魅力のひとつだ。斜めに傾いた写真の角度の補正や画像内の被写体の移動などを簡単に行うことができ、さらに背景の空白部分をAIが自動的に生成。元の画像の雰囲気はそのままに、さまざまな合成や加工を行うことができる。

椅子の背もたれが写り込んでしまっている
椅子の背もたれが写り込んでしまっている
背もたれを選択して
背もたれを選択して
消去
消去
背景を自動で生成、背もたれを自然に消すことができた
背景を自動で生成、背もたれを自然に消すことができた

ゲーム機能をさらに強化、高負荷のゲームでも最高の画質で好きなだけ楽しめる

ここからは「Galaxy S24 Ultra」でゲームをプレイした際の使用感などを紹介していく。前モデルの「Galaxy S23 Ultra」ではゲームプレイの快適さや映像の美しさ、長持ちするバッテリー、熱のこもりにくい冷却性能などが特長とされていたが、「Galaxy S24 Ultra」はこれらの長所がさらに強化されており、より快適なゲームプレイが実現されているのだ。

プレイに使用したのは人気のオープンワールド・アクションRPG「原神」。高負荷としても知られるゲームで、しかも画質を「最高」、フレームレートを「60」というデバイスへの負荷が非常に高い設定にしてプレイしたのだが、いたって快適で不満やストレスを感じる部分はほとんどなかった。

【PR】4月11日発売のハイスペックスマートフォン「Galaxy S24 Ultra」を実機レビュー―高負荷ゲームもキレイな映像で快適にプレイの画像

特に感心したのがアクション時のキャラクターの動きだ。エフェクトの激しい戦闘シーンでもキャラクターの動きがカクカクして重くなったり画像がチラついたりするようなことは一切なく、非常に動作が安定していた。

グラフィック能力もさらに向上。風にそよぐ草木、光と影のコントラスト、細部まで描き込まれたキャラクターの衣装など、「原神」ならではの映像描写の数々がしっかり堪能できるようになっていた。発色もかなり良く、最上位モデルならではのマシンパワーを体感することができた。

ゲームプレイ時の発熱が低く抑えられているのも好印象だ。「原神」をプレイしたところ、多少熱をもったと感じる程度でプレイを中断するほど熱くなることはなかった。前のモデルも発熱しにくいと評判だったが、上述のとおり本機は冷却性能もさらに向上している。これならどんな高負荷のゲームでも存分にプレイできるだろう。

2時間ほどプレイしたあとバッテリーの減り具合もチェックしたのだが、残量は75%だった。バッテリーが劣化していない新品であることを考慮してもバッテリーの持ちはかなり良いと言えるのではないだろうか。画質やフレームレートを落とせば、さらに消費量は減るはずで外出先でもバッテリー切れをあまり気にすることなくゲームを楽しめそうだ。

【PR】4月11日発売のハイスペックスマートフォン「Galaxy S24 Ultra」を実機レビュー―高負荷ゲームもキレイな映像で快適にプレイの画像

また、ゲームに関する各種設定を変更できる「Gaming Hub(ゲーミングハブ)」機能も搭載。プレイ中のアプリの通知の遮断、画面キャプチャーの解像度や画像形式の変更、低リフレッシュレートにしてのバッテリーの節約といった、さまざまな設定を行うことが可能になっており、自分のスタイルに合ったプレイ環境をカスタマイズすることができる。

【PR】4月11日発売のハイスペックスマートフォン「Galaxy S24 Ultra」を実機レビュー―高負荷ゲームもキレイな映像で快適にプレイの画像
【PR】4月11日発売のハイスペックスマートフォン「Galaxy S24 Ultra」を実機レビュー―高負荷ゲームもキレイな映像で快適にプレイの画像

端末に内蔵されているSペンの使い心地もチェックしてみた。基本的な機能は前モデルと同じで、本体からペンを取り出すと画面にメモのメニューを呼び出すアイコンが表示。これにタッチすることでノートを作成して手書きでメモをしたりキャプチャーした画面に文字を書き込んだりする機能を呼び出すことができる。

また、プレイ中の画面をキャプチャーして今は開けられない扉や宝箱の場所、覚えておきたいキャラクターのセリフなどを線で囲んだり、覚えておくべきことを画像に書き留めて保存しておくといったことも手軽に行える。RPGやアドベンチャーゲームなどは、プレイ中に覚えておきたいことが多いだけにけっこう重宝するのではないだろうか。

端末に内蔵されているSペン
端末に内蔵されているSペン
スクリーンショットを撮影し、直接書き込める
スクリーンショットを撮影し、直接書き込める

主にゲーミングスマホとしての視点から「Galaxy S24 Ultra」についてレビューしてきたが、処理能力、グラフィック、冷却性能など、いずれの要素もハイレベルで、ゲーム好きにとっては理想的なデバイスになっていることは間違いない。スマホでもリッチなゲーム体験を楽しめるので本端末に買い替える価値は大いにあると断言できる。

AI技術を活用した翻訳・要約機能などの要素も非常に興味深く、実際に使ってみたいと思わされた。カメラの性能も図抜けており、カメラに凝っているユーザーであればさらに楽しめるのではないか。ゲームシーン以外でも便利に楽しめるハイスペック端末となっているので、ゲームミング性能だけでなく、その他の機能もぜひチェックしておいてほしい。

【PR】4月11日発売のハイスペックスマートフォン「Galaxy S24 Ultra」を実機レビュー―高負荷ゲームもキレイな映像で快適にプレイの画像

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー