グラビティゲームアライズは、「東京サイコデミック」発売記念発表会および「神箱」完成披露発表会を、本日5月14日に実施した。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

グラビティゲームアライズが取り組む「START with GRAVITY」とは?

本発表会は、大きく3つのパートに分けるかたちで進行していった。まずは同社の取締役である朴賢駿氏、五嶋裕士氏から同社の成り立ちが紹介された。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

同社は「ラグナロクオンライン」で知られるグラビティのグローバル戦略カンパニーとして2019年7月に設立。新規IPの企画開発・運営を推進しており、オンラインゲーム、コンシューマゲーム、カジュアルゲーム、インディーゲーム、レトロゲームなど多様なジャンルを日本およびグローバルに展開している。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

その中でコンシューマ・インディー向けの事業として取り組んでいるプロジェクト「START with GRAVITY」より、CRT GAMESが開発する「SNOW BROS.2 SPECIAL」のグラビティゲームアライズによる日本サービスと、ヨコゴシステムズが手掛ける「THE GOOD OLD DAYS」についてグラビティにてグローバルにおけるパブリッシング契約の締結、そして今後も20に及ぶタイトルの契約を締結していることが明かされた。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

上記の取り組みに加えて、同社の企画開発によるコンシューマゲームとなるのが、この後紹介される「東京サイコデミック」「神箱」となっている。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

栢原隆一役の森田成一さんが「東京サイコデミック」の魅力をアピール

「東京サイコデミック」の発売記念発表会では、プロデューサーの神崎喜多氏、アシスタントプロデューサーの石井政仁氏が登壇し、ゲーム内容の紹介および最新情報の発表が行われた。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

本作の世界観は、パンデミックから3年後の東京を舞台としており、平常に戻った世界で不可解な事件が発生する中で、その解決を目指していく内容になるようだ。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

映像表現の特徴として、リアリティを追求した2D×シネマティック表現を目指しており、物語進行は2Dキャラクター、事件現場や証拠物は実写で表現されているとのこと。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

そして、ゲームシステムは自ら証拠を見つけて、推論を立てて「事件を解決する」科学捜査シミュレーションとなっている。エビデンスボードに推論や根拠を集めて、それらをまとめて解決を目指していくという点が本作独自の特徴となっている。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

本作は5月30日に発売予定。最新情報として、全世界での配信および5言語への対応が予定されていることや、発売後もムーとのコラボ、専門家による事件の解説を展開していくことも明かされた。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

ディレクター・脚本の今井秋芳氏からのユーモア溢れるメッセージが届けられたところで、ゲストとして栢原隆一役の森田成一さんが登場。終始“かっしわばら”と80年代の某アイドルをイメージしたという名乗りで笑いを誘いつつ、格闘ゲームやレースゲーム、さらには「数独」などの謎解きゲームまで幅広く遊ぶことや、シナリオを読んだ時に最初こそ難しいと思ったものの、小説を読むかのごとく台本に没頭したことを明かす。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

さらに、自身が演じた栢原はエンジニアという役どころということもあり、普段は家にこもっているような陰気なキャラクターだが、テンションが上がったところで生じるトーンの変化には演じる上でもこだわりをもって収録したという、ゲーム内で実際に聴くのが楽しみになるエピソードも届けられた。

その後もリアルな捜査が展開するゲームの魅力を存分に語り尽くすなど、本作への理解が深まる紹介が森田さん自身から行われた。メディアからの質疑応答を経て、最後の挨拶では神崎氏から「2」への意欲、そして森田さんの“インストール”の決め台詞をもって、発表会は終了となった。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

「神箱」の発売日は8月29日に!パートナーのイリス役・市ノ瀬加那さんのトークも

続いては「神箱」の完成披露発表会が行われた。「東京サイコデミック」と同じくプロデューサーを神崎氏、アシスタントプロデューサーを石井氏、ディレクターを今井氏が務める本作は、完全新作のワールドクラフトRPGとなっている。大災害で崩壊してしまった世界を、女神に選ばれた修復者として修復、そして創造していくことが求められるようだ。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

ゲームは主に3つの要素で構成。パズルでの修復、仲間とともに戦うバトル、そして平和となった土地で自由に村をクラフトしていく。そのほかにも多彩なシステムを用意しており、ゲームボリュームは100時間以上遊べるものになっているとのこと。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

そして本作は、2024年8月29日に日本先行で発売になり、グローバルの展開も予定しているとのこと。パッケージ版の初回特典、本作の担当声優が紹介されると、重要キャラクターであるイリス役の市ノ瀬加那さんがゲストとして登場した。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像
「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

シューティングゲームをよく遊んでいたというゲームにちなんだトークもある中、今回初公開となったPVを見てたくさんのことができることに驚いたという市ノ瀬さん。癒やされるようなBGMにも注目していた。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

ゲーム中ではナビゲーション役であり、主人公のパートナーとなるイリスだが、設定を見たら体長が18cmであることに触れるとともに、食べ過ぎると飛べなくなってしまうことにも言及。そして元気なキャラクターということで、修復者が一緒に冒険することで楽しめるようなお芝居を意識したようだ。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

その後の質疑応答では市ノ瀬さんがゲームで作りたい村を語ると、神崎氏は全て作れるとアピール。また、今後演じてみたい役柄として、今までとは違う意地の悪いキャラクターを演じてみたいと話していた。最後に市ノ瀬が世界観の魅力をアピールしつつ、神崎氏が誰でも遊べる難易度になっている点に言及して締めくくられた。

「東京サイコデミック」より森田成一さん、「神箱」より市ノ瀬加那さんが登壇したグラビティゲームアライズの発表会をレポートの画像

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード 取材