Quantic Dreamからダウンロード版が2024年8月20日に発売される、PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam、Epic Games Store)用ソフト「Dustborn」。本作の試遊レポートをお届けする。

目次
  1. アメコミ風の演出で喜怒哀楽が伝わってくるアドベンチャーパート
  2. 音をかき鳴らす感触が直感的に伝わるリズムゲームパート
  3. 「ミクスチャー」さながらのゲーム性

「Dustborn」(ダストボーン)は、主人公のPax(パックス)と、くせ者揃いの仲間たちが差出人不明の荷物を届けるためアメリカ大陸を横断していく、鮮やかで危険なロードトリップを体験できるアクションアドベンチャーゲームだ。

本稿では、筆者が実際に触ってみてのインプレッションをお届けしよう。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像

※試遊用の開発中バージョンであるため、製品版とは内容が異なる場合があります。

アメコミ風の演出で喜怒哀楽が伝わってくるアドベンチャーパート

試遊版の最初のシーンはアドベンチャーパート。バスの下敷きとなってしまった人を助けるため協力していくシーンや、バスの中で仲間たちと他愛のない会話をするシーンなどを楽しめた。

パックスたちはそれぞれ固有の特殊能力を持っており、たとえばパックスは言葉を具現化する能力「VOX」を使える。バスの下敷きになった人を助けるシーンでは、この「VOX」を使って仲間たちに指示を出していく。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像

「VOX」はボタン表示された場面で発動できるが、ここでプレイヤーが能動的にボタンを押して発動するという体験と、パックスが実際にやりたいことがリンクし、プレイヤー自身の手で物語を進めていくというロールプレイ的な没入感が深まっている。

また、アドベンチャーパートでの掛け合いで印象に残った演出が、キャラクターたちに汗マークが出たり、「!」、「?」マークが浮かび上がったりといったコミック的な表現。アメリカンジョークも交えた軽妙なやり取りを、コミック表現でさらにわかりやすく喜怒哀楽を伝えてくれるため、見ていて置いてけぼりにされるということも少ないだろう。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像
電子機器の扱いに長けるテオ、人の感情を読み取れるノーム、怪力のサイなど個性豊かな仲間たちが揃う。
電子機器の扱いに長けるテオ、人の感情を読み取れるノーム、怪力のサイなど個性豊かな仲間たちが揃う。

物語の舞台は、ロボットたちが人間と共存する近未来の「アメリカ共和国」。近未来とはいっても、アメリカではお馴染みの古き良きダイナーが健在だったり、道中乗っているバスもどこか古めかしかったりと、往年のアメリカを思わせる要素が随所に散りばめられていた。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像
アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像

その中でひときわ目を引いたのが、時代的にはあり得ないはずの「マリリン・モンロー」、「ジョン・F・ケネディ」が存命だという事実。その後も、マリリン・モンローとジョン・F・ケネディが婚約関係にあるとか、マリリン・モンローが104歳といった衝撃的な内容が語られていた。

マリリン・モンローとケネディというと、二人の間にはさまざまな噂が語られていたことでも知られている。本作では、「もしもの歴史」という形でもう一つのアメリカ史を追体験していく、という視点でも楽しめそうだ。

音をかき鳴らす感触が直感的に伝わるリズムゲームパート

さて、荷物を届けるためアメリカ横断の旅をするパックスたちだが、道中で怪しまれてしまったため「パンクロックバンド」へなりすますことに。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像

ただなりすますだけではなく、ゲーム内で実際に演奏しなければならない場面があることがポイント。演奏する場面では、リズムゲームパートへと移っていく。

このパートは、流れてくるボタンをリズムに合わせて押していく直感的な操作で進む。細かい点だが、流れてくるボタンの方向と、押すボタンの位置が一致している点も操作しやすくて嬉しい。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像

そして、ボタンを押すタイミングがジャストタイミングだと、コントローラーがブルっと振動してくれる。これが、本物のギターを弾き鳴らしているような感触で非常に気持ちいい。

また、最初こそアカペラのような状態で始まるが、リズムが繋がっていくと歌が盛り上がっていき、ピークまで盛り上がるとここでもコミック調のカットインが入るなど、実際のライブさながらにノリノリでプレイできる。

ただ、ミスしてしまうと、音色も減っていき盛り下がってしまうため、なんとか上手く演奏したい! と思わせてくれるゲーム性となっていた。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像

「ミクスチャー」さながらのゲーム性

最後に遊べたのがバトルパート。近未来での武器というと、いかつい銃であるとか、レーザー兵器だとかそういうものを想像しがちだが、本作のメインウェポンはバット。こんなところでも往年のアメリカのヒューマンドラマっぽさを感じることができた。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像

このバッドを使って、治安維持組織「ジャスティス」と戦う場面を試遊版ではプレイできたが、バットを投げたり、振り回したりと戦闘スタイルはなかなかフリーダムだった。

時にはQTEが発生することも
時にはQTEが発生することも

そして、戦闘中はパックスの能力「VOX」も使える。たとえば、相手の動きを一時的に止めたり、吹き飛ばしたりと戦況を変えるほど強力なので、こちらも有効的に使えるとバトルの戦略性がぐっと広がりそうだ。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像

ここからはまとめになるが、本作の試遊版を遊んで感じたのは、あらゆる意味でごった煮の「ミクスチャー」さながらのゲームという点だ。「ミクスチャー」とは音楽ジャンルの一つで、さまざまな音楽性のジャンルを組み合わせた楽曲群を指すが、本作を表すならまさしくこの言葉になる。

ゲーム面でいえば、アドベンチャー、リズムゲーム、アクションと複数のジャンルが掛け合わされており、設定面も、近未来SFに往年のアメリカの雰囲気が組み合わさったものになっている。このように、各ジャンルを煮詰めた本作は、今までのジャンルでは表しきれない新感覚の作品に仕上がっていることを期待させてくれる。

アクションアドベンチャー「Dustborn」先行プレイレポート――近未来アメリカ横断の危険な旅路はゲーム性もシナリオも予測不可能の画像

試遊版でも全体マップを確認できたのだが、これを見ると旅はまだまだ始まったばかり。西海岸から始まり、最終的には東海岸へと大陸を横断する壮大な旅路が示唆されており、今後も全く予想できないような展開が待つと考えると、今からワクワクが止まらない。

ゲームを通して日本から飛び出し、全く予想もできないようなアメリカ横断の旅へと繰り出してみてはいかがだろうか。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

Dustborn公式サイト