“ふっかつのじゅもん”の裏話から初期キャラクター構想まで―「ドラゴンクエストXI」スペシャルトークステージは今だから話せる話題が満載

“ふっかつのじゅもん”の裏話から初期キャラクター構想まで―「ドラゴンクエストXI」スペシャルトークステージは今だから話せる話題が満載

担当:

PS4 ニンテンドー3DS

2017年8月5、6日の2日間、東京ビッグサイトにて、ファンイベント「ドラゴンクエスト夏祭り2017」が開催された。本稿では、8月6日に実施された「ドラゴンクエストXI」スペシャルトークステージの内容をお伝えする。

本ステージに登壇したのは、「ドラゴンクエスト」生みの親である堀井雄二氏とプロデューサーの齊藤陽介氏、PS4版プロデューサーの岡本北斗氏、3DS版プロデューサーの横田賢人氏、ディレクターの内川毅氏の5名。

イベントの冒頭で堀井氏は、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(以下、ドラゴンクエストXI)」の国内出荷本数がダウンロード数合わせて300万本を突破したことを発表すると、会場からは大きな拍手が贈られた。そんな祝福ムードの中で始まった本トークステージはプロデューサー、ディレクター陣の座談会形式で進んだ。

左から齊藤陽介氏、堀井雄二氏、岡本北斗氏、横田賢人氏、内川毅氏
堀井氏肝いりだった「ふっかつのじゅもん」、現在とはまったく違うキャラクター案も

最初の話題となったのは、サブタイトルである「過ぎ去りし時を求めて」について。内川氏によるとこのサブタイトルは、ストーリーの大枠が決まった段階で、堀井氏が付けたものだと話す。この言葉を受けた堀井氏は「ストーリーに関連しているのはもちろん、ファンがこれまでの30年を振り返るという意味も込めている」と語った。「過ぎ去りし時を求めて」というサブタイトルが決定したことでゲームの制作はさらに進み、新たにできたネタもあったという。

続いてシステム面に話が進むと、堀井氏は「ふっかつのじゅもんはぜひ入れたかった」と一言。久しぶりの復活となった「ふっかつのじゅもん」はファミコン時代の「ドラゴンクエスト」に搭載されていたセーブシステムで、数十文字のパスワードを入力すると前回と同じ場所から再開できるというものだった。本作で「ふっかつのじゅもん」を作成すると、プレイ状況を大体再現した状態でゲームを再開できる。これはPS4と3DSの間でも連携できることから、齊藤氏は「ゲーム業界を巻き込んだ、とんでもないことをやろうとしてるぞ」と驚いたエピソードを明かした。

もうひとつ、本作には縛りプレイという新システムも採用されている。これは「買い物ができない」「逃げられない」など、特定の行為を禁止にするシステムで、その中でも一際目立つのが「恥ずかしい呪い」という項目だ。恥ずかしい呪いにかかると、戦闘中に動けなくなったり、街の住人と話せなくなったりとさまざまな障害が発生する。

恥ずかしい呪いも堀井氏の発案だったそうだが、内川氏によると最初はスタッフ全員が戸惑っていたとか。当の堀井氏は「縛りプレイにもオチに相当するものが必要」だと考えた結果生まれたと話した。ちなみに、恥ずかしい呪いが発動したときのテキストもすべて堀井氏が考案しており、横田氏は「エンターテナーとしての魂を感じました」と、そのこだわりに舌を巻いていた。

キャラクターデザインを手がける鳥山明氏が描く前の、構想段階のキャラクターもここで公開された。キャラクター構想のラフには簡単な設定と身長など、イメージしやすいキーワード、そして原型となるイラストが描かれていたのだが、そのほとんどが完成形とはまったく違うデザインとなっていた。

これは鳥山氏に先入観を持ってもらいたくないというスタッフ陣のはからいによるもので、ラフにはいつも「イラストは気にしないでください」と注意書きを付け足しているのだとか。そのおかげもあってか、当初セーニャはミニスカートになる予定だったが、鳥山氏はまったく違うものを描き上げ、それがそのまま完成形になったという。その一方でマルティナのポニーテールは元々のデザインからあった案で、こちらは鳥山氏もしっかりと反省してくれたそうだ。

トークでは今だから話せる開発中の苦労話にも花が咲いた。岡本によると初期のPS4版はロード時間が非常に長く、大きな問題になっていたという。特にマップの読み込み時間が深刻で、ルーラがまともに使えないほどだったと明かした。そのため、一時はルーラを使用した際、一旦井戸を経由して、そこから別の地域に移るという手法も考えていたとか。PS4版には入れない井戸がいたるところで確認できるが、これは「井戸ルーラ」の名残なのだという。

会場では開発中に確認できた「厳選バグ集」も紹介された。メタルスライムがキングスライムに飲み込まれたり、
馬に乗っているはずのグレイグが宙に浮いていたりと、ゲームが完成した今なら笑えるバグの数々が披露されていた。
PS4版と3DS版のプロデューサーが集まったということで、2人の対決企画も行われることになった。
PS4版で楽しめるマジスロでの対決など個性的な企画が続き、会場のファンを楽しませた。

トークステージのラストには堀井氏が、「ドラゴンクエストXI」のエンディング後に表示される「ふっかつのじゅもん」を使用すると、初代「ドラゴンクエスト」がダウンロードできることを明かす。さらに「ドラゴンクエスト」「ドラゴンクエストII」「ドラゴンクエストIII」のダウンロード版を、PS4とニンテンドー3DSで8月に順次リリースすることも発表。8月に入っても、「ドラクエ」は多くの話題を振りまいてくれそうだ。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

スクウェア・エニックスPS4ダウンロード

  • 発売日:2017年7月29日
  • 価格:8,980円(税抜)
  • 全年齢対象
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

スクウェア・エニックス3DSダウンロード

  • 発売日:2017年7月29日
  • 価格:5,980円(税抜)
  • 全年齢対象
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
(C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード

ピックアップニュース

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • ガスト美少女祭り特集サイト
閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る