角川ゲームスは、2017年8月24日発売予定のPS4/PS Vita用ソフト「The Lost Child」について、アストラルの育成情報を公開した。

目次
  1. アストラルのタイプについて
  2. アストラルの捕縛
  3. スキルの取得
  4. 強化
  5. 御霊天秤
  6. 御霊SIN化
  7. 御霊初期化
  8. 初期化を繰り返せば弱そうなアストラルが、あの邪神よりも強くなる!?
  9. 公式サイトリニューアル

アストラルのタイプについて

本作の戦闘の基本は、属性の仕組みを理解して闘うことにある。アストラルは、水・雷・風・木・火の5つの属性に分かれている。

それらは右図のような強弱関係を持っているので、敵の属性に合わせてアストラルを編成すれば強敵に対しても有利に戦うことができる。

戦闘中に敵を選択する際、カーソルが大きく表示される敵がいれば、有利な属性のため大きなダメージを与えるチャンスだ。

アストラルの捕縛

レイヤーで出会ったアストラルは、アストラルバーストでトドメを刺すことで捕縛できる。この技は隼人専用の技で、放つ弾の性能とその弾に込めるアストラルにより、さまざまな付加効果が発揮する。

より強い組み合わせでアストラルバーストを撃ち、敵に大ダメージを与え、捕縛を狙おう。アストラルバーストにはさまざま特殊な組み合わせが存在するので、その一例も紹介する。

エンラ

1体の敵に木属性の攻撃が1回可能。木属性のアストラルを装填することで威力が強化され、さらに味方全体の敵視をさげる効果も持つ。

スキルの取得

アストラルは戦っていると、知恵の実システムの発動により新しいスキルを取得することがある。戦闘に出れば出るほど取得するスキルは増えていくので、育てたいアストラルは戦闘に参加させてスキル取得を目指そう。

強化

アストラルは、戦闘の経験値やストーリー上の選択肢により得られる<カルマ>を注入することでレベルを上げられる。そのためアストラルを万遍なく育てたり、1体に集中して育成したりなど、プレイヤー好みの育成が可能だ。

拠点新宿内にある「澄伝寺」は、アストラルのスキル移譲・SIN化や初期化と、アストラルをさらに強くしてくれる重要な拠点となっている。強化・SIN化・初期化を繰り返し・使い分け、最強アストラルの作成を目指そう。

御霊天秤

アストラルが得たスキルはほかのアストラルの移譲することができる。移譲すると、元の持ち主からはそのスキルが失われてしまうが、それにより好みの戦略、攻撃パターンなどを構築することが可能だ。

御霊SIN化

アストラルを最大レベルまで強化したら、<SIN化>させよう。SIN化するとレベル上限がアップし、新たなスキルを得ることがある。アストラルは2回進化させることが可能だ。

御霊初期化

アストラルは一定レベルまで強化すると初期化することができる。初期化すると今まで獲得したスキルをすべて失い、姿形も第一形態のレベル1に戻ってしまうが、初期パラメーターは大きく進化する。これを繰り返すことで、お気に入りのアストラルをとことん強化させることが可能だ。

初期化を繰り返せば弱そうなアストラルが、あの邪神よりも強くなる!?

強化・SIN化・初期化を繰り返したアストラルは基本ステータスが大きく成長し、際限なく強くすることができる。例えば、本作の初回DLCのネフィリムサリーボーイ Ver.の初期化とスキル移譲を繰り返すことで、炎の邪神「クトゥグァ」を凌ぐ火力を発揮できるアストラルとすることが可能。

好みのアストラルを見つけたら、とことん強化し、最強パーティーを作成してストーリーを進められるのも本作の魅力のひとつだ。

公式サイトリニューアル

主要キャラクターのボイスコーナーを完全公開!さらにデジタル限定版の試聴も可能!!また本日The Lost Childの公式サイトをリニューアルいたしました。今回のリニューアルでは以下のコンテンツを中心に内容を更新いたしましたので、どうぞご覧くださいませ。

キャラクターボイスの完全実装

ゲーム内に登場する主要キャラクターのボイスを完全公開いたしました。ルシフェル・ミカエルのエルシャダイファンにとっては懐かしい声からルア・バルシア・段田リオンのボイスまで。各キャラクターの印象的なセリフとともにお楽しみいただけます。

デジタル限定版視聴コーナーの設置

デジタル限定版付属のデジタルプレミアムサウンドから厳選したオススメ楽曲 5曲のサンプルを大公開!ゲームの世界観をどうぞお楽しみください。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連タグ #The Lost Child