エリちゃんを全力プロデュースする先行プレイレポートも掲載!アルトリア役の川澄綾子さんも出演したAC「Fate/Grand Order Arcade」発表会レポート

エリちゃんを全力プロデュースする先行プレイレポートも掲載!アルトリア役の川澄綾子さんも出演したAC「Fate/Grand Order Arcade」発表会レポート

担当:

アーケード

セガ・インタラクティブとディライトワークスが手掛ける新作アーケードタイトル「Fate/Grand Order Arcade」。ここでは、12月7日に開催されたゲーム筐体発表会、およびプレイレポートを紹介する。

本発表会では、アルトリア・ペンドラゴン役の川澄綾子さん、ディライトワークス FGO PROJECTクリエイティブ・ディレクター塩川洋介氏、セガ・インタラクティブ ディレクター・伊神公博氏が登壇。いよいよお披露目となった本作の魅力や、注目してもらいたいポイントなどを語った。

左から川澄綾子さん、塩川洋介氏、伊神公博氏

冒頭、「Fate/Grand Order Fes. 2017 ~2nd Anniversary~」にて初めて発表された本作について、発表当時の様子を振り返ることに。塩川氏と伊神氏は、初めてPVを公開してクー・フーリン(キャスター)がが映し出された瞬間、会場から大きな歓声が沸き上がった時のことを今でも覚えているとコメント。また川澄さんは、ゲーム内のセイントグラフが実物として形作られ、実際に手にできた時は本当に感動したと話した。

続いて、ロケテストと本稼働に向けて、本作のキービジュアルが発表。キービジュアルには、アルトリアを中心にイシュタルやジャンヌ・オルタ、カルナやダヴィンチなど、多彩なサーヴァントが描かれている。かなり意外なサーヴァントの姿も見受けられ、これには出演者も意外だった様子。また本作はバトルがメインということで、各サーヴァントの表情も雄々しく躍動感のあるデザインに仕上げられているようだ。

さらにここで、本作の筐体も初お披露目。塩川氏と伊神氏によってヴェールが取り払われるた筐体は、白と青を基調としたFGOらしい色合いになっていた。これについて塩川氏は、「ゲームセンターで見かけた際には一目で“FGOだ!”と分かるデザインにしたかった」と語った。筐体はキャラクターを操作するグリップと、攻撃や宝具発動を行うボタンのほか、カード排出を機器も併設されていた。また、画面はタッチパネルになっており、実際のゲームではタッチ操作で行うシーンも多々あるようだ。

また、壇上ではプロモーション映像第二弾が公開。こちらでは、アルトリアやエミヤなど、3DCGで表現されたおなじみのサーヴァントたちが実際に動いている様子を収録。各キャラクターの動きやモデリングはかなり精巧に作られているようで、特に川澄さんはキャラ毎の身長やサイズに注目。作品内では無類の強さを誇るアルトリアだが、設定ではかなり華奢な体躯をしており、その設定が忠実に再現されている本作ではほかのサーヴァントと比べてかなり小柄な見た目をしていた。

ハイクオリティな3DCGで描かれるサーヴァントだが、塩川氏はサーヴァントたちをCGで描く上で特に大変なことは「各イラストレーターがそれぞれの個性を出して描いたセイントグラフをどう再現するか」だと語った。これは現在でも頭を悩ませている課題でもあり、個性豊かなキャラクターたちが登場するFGOならではの悩みでもあるだろう。

また、宝具の演出についてもかなり凝っているようで、PVにあったアルトリアの《約束された勝利の剣》のほか、アタランテの《訴状の矢文》とエリザベートの《鮮血魔嬢》も公開。空を覆う無数の弓矢を降らせたり、巨大な城壁を顕現させるなど、エフェクトの作り込みはかなりのもの。こちらに関しても苦労しているようだが、塩川氏は「ピラミッドを出したり、違う惑星に行ったりするサーヴァントもいるので、まだまだ音を上げてはいられない」とコメントし、会場から笑いを誘っていた。

二大神に奉る……《訴状の矢文(ポイボス・カタストロフェ)》
サーヴァント界最大のヒットナンバーを聴かせてあげる!《鮮血魔嬢(バートリ・エルジェーベト)》

ここからは、川澄さんによる実機プレイが行われた。ゲームが苦手という川澄さんだが、自身が演じているアルトリアや、アーケードで初めて使ったというレオニダスを操りアーケード版のグランドオーダーに参戦。「プレイするまですごく緊張していた」と語る川澄さんだったが、実際にゲームをやっている最中はさくさくと快適にプレイしている印象を受けた。

特に、一見難しそうに見えるバトルに関しても、基本的にはボタンを連打しているだけで楽しめる作りになっているようで、ここはスマートフォンアプリから興味を持ち、初めてアーケードゲームをプレイするような人でも入り易いように意識しているのだという。その上で、コマンドカードを選択したり、クラスの相性を考えたりというやり込み要素も備わっているようだ。

いよいよヴェールを脱いだアーケードプロジェクト「Fate/Grand Order Arcade」。ここからは、会場にて一足早くプレイすることができた本作のプレイレポートを掲載する。

エリちゃんの尻尾が、アタランテの耳が、レオニダスの筋肉が、3DCGで動きまくる!

まずは、筐体と基本的な操作方法から説明からしていこう。本作では、左手のグリップでキャラクターの移動やターゲットの指定を行い、右手のアタックボタンで攻撃を、中央の宝具ボタンを長押しすることで宝具を発動する。ボタンの数自体は少なく、操作方法も非常にシンプルにまとめられているのもポイントだろう。

ゲームを開始すると、さっそくマシュがマスターを出迎えてくれる。FGOといえば、やはり彼女がいなければ始まらない。そして開始早々に絆を試される召喚を実施することに。

今回はすべてのカードが用意されているため何が出てもプレイに支障はないのだが……こちらの排出は持ち帰りOKということなので、筆者は密かに心の中で大好きなあの尻尾を想像することに。すると……

きた! エリザベート・バートリー(エリちゃん)きた! 思わずその場でガッツポーズを取るほどの喜びようだった。この興奮と感動がアーケードでも味わえるのは、FGOユーザーにとっては嬉しいことなのではないだろうか。

なお、筆者はアーケードで初めてエリちゃんをお迎えしました。
早く弊カルデアにも来て…。

無事に召喚を終えたら、チュートリアルが始まる。画面左下には操作しているサーヴァントのHPとNP状況が表示され、右下にはコマンドカードが映っている。中央上方にあるのが戦力ゲージで、これを先にMAXまで溜めるか、あるいはタイムアップまでにより多くのゲージを溜めていたチームの勝利となる。ゲージは、敵のサーヴァントを撃破することで多く溜まっていく。

バトルは基本的にアプリと同様で、このコマンドカードによってそれぞれ種類の異なる攻撃を行う。コマンドカードは表示された5枚の中から3枚まで選んで攻撃することができ、攻撃の後は数秒間のクールタイムを挟んだ後に再配布される。

赤枠のBastarなら一撃の威力が高く、青枠のArtsならNPを多くチャージすることができ、緑枠のQuickならクリティカルスターを発生させる。NPというのは宝具を発動するのに必要なゲージで、これが100%までチャージされていないと宝具を撃つことはできない。クリティカルスターは、次回配布されるコマンドカードにランダムに分布され、数が多ければ多いほどクリティカル攻撃が発動する確率が高くなるというものだ。

攻撃はアタックボタンを連打するだけでも実行する。その際、コマンドカードは左から順番に消費されていくようだ。攻撃する前にあらかじめ消費したいコマンドカードをタッチしておくことで、タッチした順番通りに攻撃を行ってくれる。もちろん、組み合わせによって“Bastarチェイン”や“Artsチェイン”といった特殊効果も発動するので、余裕があったらぜひコマンドカードを選択しておきたい。

本作では、攻撃と防御はすべてアタックボタンで管理される。先出しか後出しかによって攻撃と防御の判定が決まるようで、相手の攻撃をガードしたい時は、相手が攻撃するのを見てからとにかくアタックボタンを連打するだけでガードが成立する。ただし、ガードするにもコマンドカードを消費するので、コマンドカードがないときは攻撃も防御も一切行えない点は注意しておこう。

また、FGOユーザーにはおなじみだが、本作にも各サーヴァントが持つ固有のスキルがあり、戦闘中に任意で発動することができる。スキルは画面中央下のアイコンにタッチすることで即時発動し、再使用可能になるまで一定時間のクールタイムが設けられていた。

パーティを編成に、グランドオーダーに参戦!

ここからはフリープレイということで、自由にパーティを編成し、会場のマスターたちとグランドオーダーに参戦することができた。今回筆者がミッションに選んだサーヴァントは以下の通り。

アプリ版でも当然可愛かったエリちゃんやアタランテだが、3DCGになるとその可愛さはさらに増していることが分かる。というのも、写真では分かりづらいが編成画面や待機画面では、サーヴァントが常に動いているのだ。エリちゃんの尻尾がゆらゆらと動いているところや、アタランテの耳がぴこぴこ跳ねている様、アルトリアの髪の毛が揺らめいているのを見ているだけでお腹が一杯になりそうになる。

そうこうしているうちにマッチングが完了。注目のファーストオーダーのチームはなんと……

先頭が全員エリちゃん。チームエリちゃんである。うーん、最高!

と、喜びもひとしおに、今回はチュートリアルではなく、実際に会場にいるマスターとの3vs3との対戦になる。本作は対戦に重きを置いたチームバトルアクションなので、実際に対戦してみることでチュートリアルでは分からなかったさまざまなゲームシステムの要点が浮き彫りになった。

まず攻撃に関してだが、先述した通り本作ではアタックボタンを連打するだけで攻撃と防御を両立できる。これがどういうことかというと、基本的に1vs1の状況ではお互いに有効なダメージは与えられないのだ。同タイミングで3枚のコマンドカードを消費し合うのだから当然といえば当然である。

そのうえで重要なのが、味方との連携だ。例えば味方が攻撃を行い相手がガードするとして、1vs1では互いにコマンドカードのクールタイムを挟むので反撃することができない。しかし、ここにもう一人味方がいれば、無防備な状態の相手に3枚すべてのコマンドカードを叩き込むことができる。逆に2vs1の状況に追い込まれた場合は、例えコマンドカードがある状況でも味方のいる位置まで逃げることをオススメする。

クラス相性を無視して背後から殴りかかるエリちゃん。

また、クラス毎の相性も重要なようで、与えられるダメージにもかなりの差が見られる。HPMAXのレオニダスを、アルトリアがBastarチェイン1発で沈める場面もあったので、攻撃する相手の選定もマスターの実力になりそうだ。

攻撃に関して言えばアーチャークラスのサーヴァントはやや特殊で、本作では基本的にターゲットマーカーが赤色になると攻撃可能になる(それ以外では、その場で素振りしてしまう)。しかし、アーチャーは距離に関係なく、遠距離ならば弓による射撃を、ターゲットマーカーが赤色になる近距離ならば近接攻撃を仕掛ける。

一見するとどの距離からも一方的に攻撃できるため強力な個性のように思えるが、どうやら遠距離攻撃は敵を誘導してくれないらしく、動いている相手にはまず当てられなかった。距離を問わず攻撃できるのは大きなアドバンテージではあるものの、慣れないうちに遠距離攻撃を行うなら、弓兵らしく味方を後方から援護する形が良さそうだった。

最後に、右上にあるミニマップも忘れてはいけない。本作はタッチ操作によってカメラの視点を動かすことができないので、視界は基本的に敵の方向を見ているはず。すると、ついつい味方とはぐれてしまったり、あるいは知らない間に敵に囲まれてしまっていたりする。こうした状況を未然に防ぐためにも、一目で周囲の状況を確認できるミニマップの情報は貴重だ。

また、アルトリアやエリちゃんの宝具はかなり範囲が広く、奥の方まではなかなかに距離感が掴みづらい。なので、あらかじめミニマップなどで敵の位置を把握しておき、より多くの敵を巻き込める対象に狙いを付けておくのも良いだろう。

アーケードにて、新たな聖杯戦争が幕を開けた「Fate/Grand Order」。本日から開始されたロケテストは事前登録制となっているため、飛び入りでの参加はできないもの、会場では実際に動き回るサーヴァントたちの雄姿を見ることができる。「Fate/Grand Order」をプレイし、アーケードにて興味を持った人は、まずは雰囲気だけでも掴みに見学に訪れてみてはいかがだろうか。

(C)TYPE-MOON / FGO ARCADE PROJECT

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る