バンダイナムコエンターテインメントは11月27日・28日の2日間、「アイドルマスター シンデレラガールズ」10周年を記念したツアーの千葉公演「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY [email protected] WONDERLAND TOUR!!! Celebration Land」を幕張メッセ イベントホールにて開催。ここでは、11月27日のDAY1の模様をお届けする。

10月の福岡公演に続いて行われた今回の千葉公演も、現地有観客に加えてASOBISTAGEでの配信が実施され、各地のプロデューサー(「アイドルマスター」ファンの呼称)がライブを一緒に楽しんだ。千葉公演の配信チケットは12月6日12:00まで販売しており、DAY1/DAY2とも11月29日18:00~12月6日23:59(予定)の期間にアーカイブ視聴することが可能となっている。

DAY1出演者(敬称略)

大橋彩香(島村卯月役)
朝井彩加(早坂美玲役)
五十嵐裕美(双葉杏役)
立花理香(小早川紗枝役)
三宅麻理恵(安部菜々役)
青木瑠璃子(多田李衣菜役)
嘉山未紗(脇山珠美役)
小市眞琴(結城晴役)
長島光那(上条春菜役)
松井恵理子(神谷奈緒役)
森下来奈(鷹富士茄子役)
神谷早矢佳(南条光役)
花井美春(村上巴役)
松嵜麗(諸星きらり役)
安野希世乃(木村夏樹役)
佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)
和氣あず未(片桐早苗役)
M・A・O(鷺沢文香役)

翌日11月28日にちょうど10周年を迎える前夜祭となった千葉公演DAY1。オープニングムービーで、ぴにゃこら太が辿り着いた先は「Celebration Land」。まずは18人全員による「Yes! Party Time!!」でアニバーサリー前夜祭パーティーの幕開けだ。キュートなしぐさをみせたり、曲中には和氣さんの掛け声で会場を使ってウェーブをしたりと、冒頭から賑やかで楽しさいっぱいのステージを展開していった。

メンバーが身を包んでいるのは高貴で華やかな新衣装「シンデレラ・コレクション」。スカートの裾がそれぞれ違う柄になっているなど、演じるアイドルの特徴が細部に施されているのもポイント。自身もアイドルに髪色を近づける人もいて、みんなの愛情が伝わってくる。

曲後の挨拶で目の前にプロデューサーたちが多数いることに喜びをあらわすと、その気持ちを受けた大橋さんはソロ曲「はにかみdays」を披露。青空のような満面の笑顔で女の子の心情をのせつつ、10年間の成長を感じさせる完成度の高いパフォーマンスをみせる。間奏でプロデューサーたちに向かって「一緒に歩んでいきましょうね」と呼びかけるのも胸が熱くなる瞬間だった。

続いて、佳村さんが「TOKIMEKIエスカレート」、五十嵐さんが「あんずのうた」と初期にリリースされたソロ曲を歌ったのも感慨深い。佳村さんはダンサーとともにハートを振りまいてみんなにアピールし、本人も思いを噛み締めている様子。ラストの「TOKIMEKI」のところは、声を出せない会場のプロデューサーに代わり今回の出演メンバーが声を吹き込んでくれたとのこと。

五十嵐さんの「あんずのうた」も、きっといつもの大歓声がみんなの心に響いたことだろう。ダンサー付きで、歌唱メンバーが1人でこの曲を歌うのは4thライブ以来らしく、10年間の積み重ねと今だからこその新鮮さを味わえたステージとなった。

優しいイントロから火が着いたようにテンションをアップさせたのは、朝井さん、嘉山さん、小市さんによる「Unlock Starbeat」。スタンドマイクを使い格好良さ全開でみんなの心に3人のビートを刻んでいく。サビでのクラップも印象的で、エアギター&エアドラムのパフォーマンスなど学園祭のようなわちゃわちゃ感も満載だ。

ハイテンションロックから一転、オルゴールの特殊イントロが流れて「とどけ!アイドル」へ。「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(以下、「デレステ」)の最初のテーマソングであり、それを立花さん、松井さん、安野さん、和氣さんという2ndライブや3rdライブから参加したメンバーが歌い上げる。Aメロでのそれぞれの個性を活かした美しいソロから、それが重なるハーモニーはみんなの心に染み入る美しさだった。

MCではトークテーマに従って10周年にまつわる思い出話を披露。ここでのテーマは「忘れられないあの出来事」。ラジオの第0回放送のことや、ライブの裏話、初めてステージに立った時のこと、そして今この瞬間など、これからも忘れないであろう出来事を懐かしそうに話してくれた。

次のブロックは、オリジナルメンバーである神谷さんに、花井さんと和氣さんを加えた3人による「TAKAMARI☆CLIMAXXX!!!!!」でいきなりクライマックスに。パッション特盛の楽曲が響く会場にはレーザーも光り輝き、笑顔ではしゃぐ3人は、後ろを向いてからの振り向きポーズも格好いい。

続く「オタク is LOVE!」は、唯一オリジナルメンバーではない長島さんが先ほどとは違うメガネを装着してセンターを担当し、両翼にはオリジナルの松井さんと三宅さんという布陣で披露。曲中で「皆さんをメガネ色にしますよー!」と長島さんが叫ぶと、松井さんと三宅さんもメガネ姿に。ちなみに、両者がかけていたのは執事眼鏡eyemirrorとのコラボ・上条春菜モデルのメガネとのこと。

スクリーンにはミラーボール、ライティングもまさにディスコの雰囲気で盛り上げたのは和氣さんの「Can't Stop!!」。パラパラダンスなどのパフォーマンスもノリノリで、心も体も年齢的にも片桐早苗に近づいたという和氣さんのステージは、プロデューサーたちをさらに魅了していく。

雰囲気という意味では、嘉山さん、立花さん、花井さんによる「義勇忍侠花吹雪」も、和で任侠な世界観を見事に表現。燃え上がる花吹雪が映し出される中で歩く姿も様になっており、花井さんの朗々とした歌唱、嘉山さんの格好良さ、そこに一輪の優しさのような立花さんのふんわり感が合わさる素敵なステージに。歌詞も3人に合わせて変えていたのも粋なはからいだろう。

青木さんと安野さんはお馴染の「Jet to the Future」でロックの魂を響かせる。サビのクラップも気持ちよく、熱くもスカッとする気持ちよさを届けてくれた。ダブルのエアギターも格好良さ抜群だ。

そして、朝井さん、嘉山さん、長島さんが「ガールズ・イン・ザ・フロンティア」を披露。この曲はさまざまなメンバーでこれまで歌われてきたが、3人での披露は初めてであり、3人ならではの力強さも新鮮。間奏のそれぞれのダンスからのポージングも格好良く、朝井さんの気合の叫びが新たな道を拓いていた。

ここでのMCのトークテーマは「忘れられないライブの名場面」。「お願い!シンデレラ」の後半で定位置に戻る時に猛ダッシュをしたことや、大変だった曲のこと、レッスンの日の思い出、初登場の時のことなどさまざまな思い出を語る。三宅さんは「名場面は今作る」と言って、普段は声で行うウサミンのコールを拍手やコメントで求めて、新たな名場面を作り上げていた。

ライブは早くも中盤に突入し、3つ目のブロックは大きなリボンをつけて可愛さいっぱいの五十嵐さんと松嵜さんによる「あんきら!?狂騒曲」からスタート。2人のやり取りも特徴のこの曲だが、今回は初めて“喧嘩をしない”内容にアレンジされており、ライブならではのパフォーマンスで楽しませてくれた。

さらに、ここから4曲連続でソロ曲が続く。まずは長島さんが「春恋フレーム」を披露。赤系のオーバルフレームメガネをかけた彼女の可愛い歌声やその姿に、みんなのピントもバッチリ、心の底から叫ぶ姿に釘付けだ。

和楽器の音色が響いて、「初夢をあなたと」を艶やかに歌い上げたのは森下さん。美しい歌声が音色にすごく映え、笑顔で歌う姿も愛おしい。この曲は今回が2回目の披露となったが、前回は無観客ライブだったためプロデューサーを目の前にして歌うのが本当に嬉しかったという。

和の楽曲は続き、花井さんが披露したのは本格すぎる演歌でみんなの度肝を抜いた「おんなの道は星の道」。指先まで女心の機微が灯っているような所作、舞台上での抜群の歌唱力、お嬢そのものの姿で歌い上げる姿は印象的で、プロデューサーたちも登場時や1番の終わりで拍手をするなど“わかっている”演出で盛り上げていた。

この日一番と言っていいほど期待の空気が押し寄せたのは、M・A・Oさんの「Bright Blue」。爽やかなメロディにのせた彼女の綺麗で澄んだ歌声が心を流れていき、三拍子に合わせた足のステップも印象的。リリースイベントへの出演はあったもののライブは初出演となる待望のステージでのこの曲は、〈止まった時間 動き出すのよ〉の歌詞も、特別な意味を持って感じられたことだろう。レコーディングでは最初もう少しテンポが早かったとの裏話もMCで明かしていた。

そして、神谷さん、小市さん、花井さん、森下さんは「TRUE COLORS」を披露。この4人はほぼ同時期に声が実装されたメンバーであり、絆を感じる組み合わせだ。ステージには7色のライトが輝き、4人のハーモニーが美しく重なる。お互いに顔を見合わせて頷くように歌うシーンでは、4人とも嬉しそうに顔が輝いていた。


MCで楽曲を振り返った後は、ライブもいよいよ終盤戦へ。神谷さん、小市さん、松嵜さんが、掛け声もアレンジして「LET'S GO HAPPY!!」を披露すると、青木さん、三宅さん、安野さん、佳村さんは元気に「Wonder goes on!!」を畳み掛ける。決めポーズやジャンプといったパフォーマンスでも楽しませてくれた。

「美に入り彩を穿つ」で美声を響かせたのは朝井さん、立花さん、森下さん。髪をふわっとなびかせる姿も魅力的で、和とロックが融合された格好良くも美しいステージをみせていく。オリジナルメンバーである立花さんが両隣を見てちょっと笑顔を浮かべる場面もあり、この瞬間を本人たちも楽しんでいるかのよう。これらの楽曲はいずれもオリジナルメンバーに新たなメンバーを加えた組み合わせで、そのハーモニーやアレンジが新鮮だった。

一方で、オリジナルメンバーが勢揃いしたのは「Just Us Justice」。バーニング・バスターズの5人を演じる神谷さん、嘉山さん、小市さん、長島さん、和氣さんによるヒーロータイムの始まりだ。背後のスクリーンもヒーロー番組さながらの演出で、1人ずつメンバーを紹介したり、全員を5つのスクリーンに一斉に映し出したり、戦隊ヒーローのオープニング感満点。小市さんのハイキックが決まるなど、激しく格好いいダンスでも魅了していた。

その熱さを癒すように登場した松井さんとM・A・Oさんは、「デレステ」で近日開催予定のイベントの新曲「キセキの証」を初披露。空から降り注ぐライトがステージを彩る中、優しく歌い上げるその声は心を浄化する美しさで、プロデューサーたちも引き込まれるように聴き入っていた。

そして、第5回シンデレラガールズ総選挙の上位メンバーが歌った「キミのそばでずっと」を、この総選挙で1位となった島村卯月として大橋さんが披露。この日は全体曲以外では大橋さんのソロで始まりソロで締めるのも印象的であり、曲のタイトルや歌詞に込められた想いはシンデレラガールズすべての気持ち。それを大橋さんが暖かな歌声と笑顔でみんなに届けてくれた。

本編ラストは全員で10周年記念曲「EVERLASTING」。みんな一緒になってまだ見ぬ次の世界、未来なる冒険へと進む決意、これからさらに10年、20年と進んでいく彼女たちの思いがすべて込められているようだった。

アンコールを求める拍手とコメントに応えるように、10年の軌跡を振り返る映像や業務連絡(告知)に続いて、白を基調とした上着に衣替えしたメンバーが再登場。その姿は初公開された新キービジュアルそのもので、新たな幕開けに相応しい。

メンバーからこの日の感想やプロデューサーへの感謝、この先10年、20年と思い出を作っていきたいとの意気込みが語られ、最後はやっぱりこの曲。10年間歌い継がれてきた「お願い!シンデレラ」でアニバーサリー前夜祭となるDAY1公演は華々しく幕を閉じた。

セットリスト

01. Yes! Party Time!!/THE [email protected] CINDERELLA GIRLS
02. はにかみdays/大橋彩香
03. TOKIMEKIエスカレート/佳村はるか
04. あんずのうた/五十嵐裕美
05. Unlock Starbeat(Long Intro Ver.)/朝井彩加、嘉山未紗、小市眞琴
06. とどけ!アイドル(Long Intro Ver.)/立花理香、松井恵理子、安野希世乃、和氣あず未
07. TAKAMARI☆CLIMAXXX!!!!!/神谷早矢佳、花井美春、和氣あず未
08. オタク is LOVE!(Long Intro Ver.)/長島光那、松井恵理子、三宅麻理恵
09. Can't Stop!!(Long Intro Ver.)/和氣あず未
10. 義勇忍侠花吹雪/嘉山未紗、立花理香、花井美春
11. Jet to the Future/青木瑠璃子、安野希世乃
12. ガールズ・イン・ザ・フロンティア/朝井彩加、嘉山未紗、長島光那
13. あんきら!?狂騒曲/五十嵐裕美、松嵜麗
14. 春恋フレーム/長島光那
15. 初夢をあなたと(Long Intro Ver.)/森下来奈
16. おんなの道は星の道/花井美春
17. Bright Blue/M・A・O
18. TRUE COLORS/神谷早矢佳、小市眞琴、花井美春、森下来奈
19. LET'S GO HAPPY!!/神谷早矢佳、小市眞琴、松嵜麗
20. Wonder goes on!!(Long Intro Ver.)/青木瑠璃子、三宅麻理恵、安野希世乃、佳村はるか
21. 美に入り彩を穿つ/朝井彩加、立花理香、森下来奈
22. Just Us Justice/神谷早矢佳、嘉山未紗、小市眞琴、長島光那、和氣あず未
23. キセキの証/松井恵理子、M・A・O
24. キミのそばでずっと/大橋彩香
25. EVERLASTING(Short Intro Ver.)/THE [email protected] CINDERELLA GIRLS
<ENCORE>
26. お願い!シンデレラ/THE [email protected] CINDERELLA GIRLS

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(15枚)

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

  • セガ特集ページ
  • セール情報
  • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
  • Figgy

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
1月18日(火)
Blade Evolution
1月19日(水)
D_CIDE TRAUMEREI
シオリノコトハ - Dark Reflections -
遊戯王マスターデュエル
1月20日(木)
G-MODEアーカイブス+ 弾幕検定死験-大往生編-
GRAND CROSS: ReNOVATION
Lovelydoll/Wildmachine
Mindcell
RPGolf Legends
Windjammers 2 - フライング・パワー・ディスク
おじさまと猫 スーパーミラクルパズル
ぼくは航空管制官4 仙台
アーケードアーカイブス ホッピングマッピー
カイジ -闇の黙示録-
ツクールシリーズ サンダーストライカー
ブラックウィンド
メンヘラフレシア フラワリングアビス
ラッキードッグ1
レインボーシックス エクストラクション
レインボーシックス エクストラクション デラックスエディション
初音ミク ロジックペイントS
1月21日(金)
Expeditions: Rome
NinNinDays2
カンパニーマン 社畜の下剋上
テクノロイド ユニゾンハート
1月25日(火)
インフィニティ キングダム-諸王の戦争
束縛彼氏
1月26日(水)
KINGDOM of the DEAD
1月27日(木)
COGEN: 大鳥こはくと刻の剣
COGEN: 大鳥こはくと刻の剣 限定版
MistWorld the after2
Stela
Strawberry Nauts -ストロベリーノーツ-
Strawberry Nauts -ストロベリーノーツ- 完全生産限定版
WRC9 FIA ワールドラリーチャンピオンシップ
からくりホテルからの脱出
ウォーハンマー 40,000:メカニカス
ガラス姫と鏡の従者
ガラス姫と鏡の従者 完全生産限定版
グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版
スターメロディー ユメミドリーマー
スターメロディー ユメミドリーマー 限定版
ブラックウィンド
ブレイブリーデフォルト ブリリアントライツ
マガツバライ
マガツバライ 限定版
僕の彼女は人魚姫!?My Girlfriend is a Mermaid!? 5周年記念特装版
太鼓の達人 The Drum Master!
屍喰らいの冒険メシ
白き鋼鉄のX 2
白き鋼鉄のX 2 限定版
神々の悪戯 Unite Edition
1月28日(金)
Pokémon LEGENDS アルセウス
アンチャーテッド トレジャーハンターコレクション
2月3日(木)
ファームトゥギャザー
大戦略SSB
大戦略SSB 豪華版
百年王国
限界凸旗 セブンパイレーツ H
2月4日(金)
ダイイングライト2 ステイ ヒューマン
ダイイングライト2 ステイ ヒューマン アルティメットエディション
ダイイングライト2 ステイ ヒューマン スタンダードエディション
ダイイングライト2 ステイ ヒューマン デラックスエディション

コメントランキング

COMMENT