スクウェア・エニックスが2022年12月13日に発売を予定している、PS5/PS4/Nintendo Switch/Xbox Series X|S/Xbox One/Steam用ソフト「クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン」(Steam版は2022年12月14日配信予定)の製品版レビューを掲載。

「クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン」(以下、「CCFFVIIR」)は、「ファイナルファンタジーVII」(以下、「FFVII」)の前日譚となっており、2007年にPSPで発売された「クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-」(以下、「CCFFVII」)のリマスター作品だ。

本稿ではその製品版レビューをお届けしよう。なお、本稿には少なからずネタバレが含まれるので、ご注意願いたい。

リマスターとは謳っているものの、実質リメイクに近い

本作を起動してみてまず驚いたのは、リマスター作品とは思えないほど美しい画面だ。筆者はPS5にてプレイをしていたのだが、PS5の新作と言われても全く驚かないほど遜色ないレベルのグラフィックである。

ムービーももちろんのこと、通常ゲーム画面もリマスターの域を超えている。
特に背景などは「FFVII リメイク」ほぼそのままのクオリティと言える。

UIなども一新。「CCFFVII」が本家「FFVII」をモチーフにしたUIだったのに対し、本作は「FFVII リメイク」に近いものとなっており、メニュー画面の他、魔法の使用感やアイテム入手などのシステムメッセージなどの表示も「FFVII リメイク」に近い形となっている。

この時点で既に「リマスターというよりリメイクでは……?」という疑問が脳裏を過ぎるのだが、公式が「リマスター」と述べているからにはリマスターなのであろう。だが、リマスターの域をはるかに超えている内容となっていることだけは、重ねて告げたい。

驚いたのはグラフィックだけではない。バトルシステムは一新に近いほど改良がされており、よりアクション性の高いゲームとなった。詳細は後述するが、「CCFFVII」がアクティブ・タイム・バトルにアクション要素を加えた内容だったのに対し、本作は完全にアクションバトルとなっている。

戦闘中に画面左上の3つのリールが回転し、揃った目によって様々な効果が現れるデジタル・マインド・ウェーブ(D.M.W)も、「CCFFVII」ではリーチの演出等が少々プレイ感を阻害してしまう部分もあったが、本作ではアクションの邪魔を一切することなくD.M.Wが作用するようになっており、プレイの快適性が増している。

なお、D.M.Wのリーチ時に絵柄にちなんだザックスの想い出のムービーが流れることがある部分は、そのままだ。この思い出のムービーでしか見れないエピソードも多いため、そこは安心してほしい。

とにかく”泣き”の物語

本作で一番注目してほしいのは、主人公のザックスを中心に描かれるストーリー。ザックスといえばクラウドと同じバスターソードを持って戦うソルジャー1st、というイメージを持っている人も多いと思うが、逆に言うとそれくらいの印象しかない人も多いだろう。それもそのはず、ザックスがまともに登場するのは「FFVII インターナショナル」のほんのワンシーンのみだ。本作はそのワンシーンにのみ登場したザックスがソルジャー2ndの頃、そして武器はまだロングソードを使用していた頃(「FFVII」本編の約7年前)から始まる。

その当時から既に英雄として名を馳せていたセフィロスを始め、クラウド、エアリス、ツォン、レノ、ルード、宝条、ユフィ、ティファなど、「FFVII」をプレイした人にとってはお馴染みのキャラクターが多数登場する。

エアリス

特にセフィロスに関しては、貴重な「セフィロスが敵側に回る前のソルジャーとしての姿」を見られる機会となっている。「FFVII」本編や他の派生作品では意味深なセリフばかりを口にする存在というセフィロスだが、彼が“友”と共に在った頃の物語を知るのにも、そして何故あのような変貌を遂げたのかに至るまで、その姿を追うことができる。

セフィロスの貴重な姿

他、ザックスの先輩兼世話係のようでそもそものバスターソードの持ち主であるソルジャークラス1stのアンジール、アンジールの親友で物語序盤で謎の失踪を遂げるソルジャークラス1stのジェネシスなど、本作で初登場となるキャラクターも多数登場する。

ジェネシスのCVがGACKTさんであることも、当時話題を呼んだ

物語はソルジャーという立場を描くその性質上、常に神羅カンパニー側から描かれることとなり、「FFVII」では敵として立ちはだかる神羅カンパニーを、別の側面から見ることができるのが大きな特徴だ。

そして本作は、とにかく“泣けるポイントが多い”!

詳しくはネタバレになってしまうため避けさせてもらうが、神羅カンパニーという組織、そこに属する人間たちの苦悩や葛藤を描く本作は、ある種の不器用さすら感じる物語となっている。「男たちは己の悲運より、友の為に涙を流した」という本作のキャッチコピーそのままに悲哀さも兼ね備えており、明るいお調子者のザックスとは対照的に物語は非常に重厚で、男同士の友情をテーマに描いたこの物語はじわりじわりと傷痕を広げていくような痛みを伴うものの、最後まで見届けた後、誰もが「この作品と出会わせてくれてありがとう……」という感謝の念を覚えるはずだろう。

特に「FFVII」の物語を知っている人ほど、「次に起こる出来事」は既に知っていることとなる。その「知っている出来事」に遭遇するたびにテンションが上がる一方で、結末を迎えることへの恐ろしさを知ることとなる。時間が過ぎ去ること、ゲームが終わりに近づくこと、薄れない記憶、そこに絶望と怒りにも似た涙を流すのだ。

本作の感情揺さぶられるストーリーを一層盛り上げてくれるのが、石元丈晴氏による音楽。「FFVII」の名曲のアレンジも多いが、本作オリジナルの楽曲は哀愁漂うものが多く、石元氏の良さを存分に活かした楽曲が並んでいる。また、絢香さんの主題歌「Why」も当時好評を博したが、本作でも引き続きゲームを盛り上げるのにひと役買ってくれている。

アクションバトルは爽快、難易度は高くないがガードや回避などは必須

本作のバトルは、完全なアクションバトルとなっており、触り心地は非常に良い。特に魔法の出が非常にスムーズで、アクションバトルの手触りを邪魔しないものになっている。

「CCFFVII」ではセットされたマテリアを選んでから放つという手間があったが、「CCFFVIIR」ではL1ボタン+〇、△、□、×、R1、RTという組み合わせで最大6つのマテリアの魔法及び技が即時出せるようになった。

通常の攻撃ボタンは□ボタンのため(「CCFFVII」では〇ボタンで攻撃だったため、変更されている)、最も頻繁に使う魔法を□にセットしておけば、攻撃ボタンとL1ボタンでのマテリア使用も、指が迷うことなく使えて良い。

ちなみにもちろんマテリアには「HPアップ」など魔法や技だけではなくステータスアップ効果のあるものもあるので、どのようなマテリアを装着してザックスを育てていくかはプレイヤー次第だ。

バトル中にL1を押すと画面右下のUIが魔法・技コマンドへと変わる。
筆者はR1とR2のところにHPアップなどのステータスアップ系マテリアを装備しているのでその際は何も現れない。

難易度には「NORMAL」と「HARD」があるが、実際に触ってみた感じとしてはNORMALでもかなりやり応えがある。雑魚戦に限ればほぼ□ボタンを連打しているだけで終わるのだが、一部のボス戦などは難易度NORMALでもなかなかに苦戦することになるだろう。

ただ、アクションゲームなのできちんとガードをしたり回避をしたりすれば、理不尽さを感じるほどではないようになっている。というよりも、理不尽さを感じる場合、マテリアを見直すなどしたほうが良いというのが正しいだろう。

ボスはいわゆるレバガチャ……ボタンを連打しているだけで勝てるような難易度にはなっていないので、その点だけ注意が必要だが、それをカバーしてくれる存在が前述のスロットのような要素であるD.M.Wである。

D.M.Wは絵柄や数字がそろわなければならないという運要素が絡むのだが、この運要素も攻略の手助けとなる。例えば「MP消費0開始」と出たら、一定時間MP消費が0になる。この間に一気に強力な魔法を連発して敵のHPを削ったり、なかなか勝てないボス相手にひたすら逃げ回ったりガードを繰り返しながら絵柄が揃うのを待ち、絵柄が揃ってリミットブレイクで大ダメージを与えることもできる。絵柄が揃わなくても数字で777が揃った時は一定時間無敵になるという強力な効果を得られたりもする。こういったチャンスをうまく活かしながら立ち回るのも本作の醍醐味だ。

とは言え、運ばかりに頼ってもいられない。もうひとつの重要な要素・マテリアは、プレイヤーの努力を裏切らない。本作はHP管理が少々難しいのだが、「HPアップ」マテリアがあればそれだけでもプレイ感が変わってくる。

さらに、ゲーム中で段階を追って解放されていく「マテリア合成」も、MASTERレベルまで育てたマテリアやレアリティの高いマテリアを使用することによって、より強力なマテリアを作り出すことができる。マテリア同士の合成だけではなくアイテムを合成することによってバフ効果を高めたりもできるのだが、ゲーム後半になればなるほどマテリア合成で作り出せるマテリアが重要になってくる。

攻略に必須レベルなマテリアは一応大半が店買いできるのだが、ショップが増える条件がチャレンジミッションのクリアだったり、ストーリー上で取り逃しやすい場所にあったりするため、マテリア合成はきちんと使いこなしておきたいところだ。

魔法はファイア、サンダー、ブリザドなどお馴染みの魔法が並ぶ一方で、敵に沈黙+炎属性攻撃を与える「ダークファイガ」、敵に沈黙+即死+雷系のダメージを与える「ヘルサンダガ」といった魔法も登場する。ファイア系の魔法は追尾性が高く、サンダー系は発動キャラクターから対象へ一直線上に貫通、ブリザド系は対象の頭上に氷塊が出現するなど、その特徴を覚えて、敵への攻撃に有効に使いこなしたい反面、敵が使ってきた時に確実に回避できるようにしておきたい。

マテリア合成でHP+140%というマテリアを作成できたりもする。

なお、レベル制なので攻略に詰まった時はレベルを上げることももちろん有効だ。武器・防具の概念はなく、アクセサリでデバフを防いだり、バフ効果を付けたりすることが可能となっている。

また、「CCFFVII」と変わり、敵の頭上に敵のHPバーが表示されるようになった。「CCFFVII」の時はあとどれくらい粘れば敵を倒せるのかわからなかったが、本作では明確にあとどれだけ削れば倒せるのかわかるようになっているので、非常に遊びやすくなった。もちろんHPバーはボスでも表示されるので、視覚情報としてどの攻撃が削りやすいかなどもわかりやすくなっている。

他にも新要素として、ボスの必殺技は詠唱状態になると紫色のスキルパワーゲージが表示されるようになった。この間に敵を攻撃してゲージを減らすと、減らした割合に応じて必殺技の威力を下げることが可能だ。さらに、詠唱時間内にゲージを削り切れれば、必殺技の発動自体を阻止することもできるようになった。100%で喰らうと即死レベルの必殺技も多いので、少しでも削ってHPダメージを減らす工夫をしたい。

スキルパワーゲージは表示された瞬間から即削りにいかないと厳しかった。
ただ0%には出来ずとも受けるダメージを減らせるので、とにかく全力で頑張りたい。

召喚獣のムービーは新規作成になっており、こちらも美麗なムービーは必見。召喚獣のムービーはかっこいいだけではない。チョコボやケット・シーの召喚ムービーなどはザックスも並んで登場し、非常に愛らしさがある。一度はスキップをせずにじっくりと眺めてほしいところだ(ちなみにリミット技などもほぼ全てスキップができるようになったのは嬉しい改善点)。

チョコボの召喚ムービーは非常に可愛らしい。

ミッションなど、さまざまな収集要素が楽しい

本作には多彩なチャレンジミッションが搭載されている。ミッションは基本的にクリアは必須ではないが、攻略に役に立つアイテムなども多数入手できる上にレベル上げにも役立つので、ぜひプレイしたい。

なお本作はレベルアップもD.M.Wで777が揃った時という風になってはいるものの、見えていないだけで内部的に経験値は貯まっており、一定の経験値までくればほぼ確定でレベルアップするようになっている。なのでミッションで強敵とどんどん戦っていくのはレベルアップにつながるのだ。

またマテリアの成長も強敵と戦ったほうが上がりやすいように感じられた。ストーリーをプレイしているだけでは上がりにくい要素も、チャレンジミッションに挑むことでより楽に進められるようになる印象だ。

一方でミッションに登場する敵はストーリーのものと比べても非常に強いものが多い。中には雑魚敵ですら一撃死するほどの難敵が登場することもある。だが、それを攻略していけばいくほど強力なアイテムや貴重品をゲットできる。さまざまな強化、戦闘の難易度、美味しい報酬という3つのバランスが絶妙に噛み合っているので、一度ミッションに取り組み始めると延々とミッション攻略をしてしまうという、時間泥棒な罠がある。

ミッションを攻略することでアイテムだけではなくD.M.Wの召喚ゲージや、使用できるショップを増やすことなどもできるので、難易度の高いミッションにもぜひ積極的にチャレンジしていってほしい。

その一方で明らかに2周目以降を想定しているような高難易度ミッションもあるため、無理だと感じたら引く勇気も必要だ。素材などを集めて、しっかり強力なマテリアを合成し、高難易度ミッションに備えることも必要そうだ。

ちなみに2周目に引き継げるのはレベル、アイテム(貴重品以外)、マテリアなどで、ミッションの進捗度は0に戻されてしまうし、D.M.Wも貴重品で手に入れる召喚獣マテリアなどはまた取り直さなければならない。その点は少々面倒ではあるのだが、マテリア合成などでどんどんマテリアを消耗していくこともあり、報酬で再び貴重品が手に入るのは有り難いとも取れる。特にアクセサリーは重ね付けすることで効果も重複するため、HPアップ系やMPアップ系のアクセサリーなどは複数個持っていても、物語終盤まで活躍するだろう。

また、アイテムによってはマテリア合成の際のステータスアップ素材などとしても使用していくので、2周目でもどんどん気持ち新たにミッションに挑戦していきたくなる。ただ2周目でまた☆1のミッションから再チャレンジしなければならない点は賛否両論ありそうなので、クリア後の周回ではミッションの進捗度を引き継ぐか否かの選択肢などがあれば尚良かっただろう。

想像以上に手間暇かけられた「リマスター」作品

本作は、PSP版「CCFFVII」のリマスターであると聞いていたので、改めてクリアまでプレイをし、本作がこちらの想像する「リマスター」以上のリマスターがされていることに非常に驚いた。

「CCFFVII」は初めてという人はもちろんのこと、昔からの「CCFFVII」ファンも気持ち新たに本作に触れることができるだろう。

筆者が特に印象的だったのは、ザックスが伍番街スラムに落ちてきて、そこからエアリスと共に外を歩いた時に上空を仰いだミッドガルの景色だ。この景色は、「FFVII リメイク」の七番街スラムで初めて朝を迎えてミッドガルの下層から上層を見上げたあの時の衝撃に近いものがあった。むしろほぼ”そのまま”だった。

これはもう完全にリマスターの域を超えている。「FFVII リメイク」をベースにリメイクされた新作に近い。

15年前当時の懐かしさも残しつつ、バトルのプレイフィールも何もかも、“現代風のアクション”へと進化を遂げている。

「FFVII」から「FFVII リメイク」ほどへの劇的な進化は感じられないが、それでも感動を覚えることはできる。改めてPSP版「CCFFVII」があの当時から15年前とは思えないほど作品としての完成度が高かったことを感じながら、「FFVII リメイク」と「FFVIIリバース」につながるのであろう本作を、ただのリマスターで終わらせてはならないという、気概を感じた。

また、気になるのは「FFVII リメイク」との関連性だ。

「CCFFVII」は「FFVII」に連なる物語として描かれているが、「FFVII リメイク」で描かれた新たな物語に違和感を覚えた人も多いはずだ。「FFVIIリバース」の制作が発表され、「FFVII リメイク インターグレード」にて「FFVII」とさらに異なる様相を見せ始めている今この段階で、「CCFFVII」が「CCFFVIIR」として我々の目の前に帰ってくることには、なんらかの意味があるような気がしてしまう。

こう書くと「CCFFVIIR」の物語が変わっているような誤解を与えてしまいそうなので、そこは重ねておくが、本作のストーリーはPSP版からそのままである。あくまで「リマスター」であり、見覚えのない設定やストーリーが追加されているようなことは一切ない。その上で、このタイミングでザックスの物語を改めて辿ることができることが、全くの無意味であるとは到底思えない。

「FFVII」をプレイした人はもちろんのこと、「FFVII リメイク」から初めて「FFVII」の世界に触れたという人も、どうかこの「CCFFVIIR」をプレイして、そして自身の目でこれまでに起こったこと、これから起こるかもしれないことなどを、色々と想像してもらいたいと思う。

もちろん、「FFVII」「FFVII リメイク」をまだ遊んでいないという人が入門的に入るのにも非常に遊びやすい。ザックスからクラウドへとつながる、いわば継承の物語が「CCFFVII」だ。「FFVII」(「FFVII リメイク」)の前日譚となるだけに、まずこの作品から「FFVII」の世界観に触れてみて、本作が気に入ったら「FFVII リメイク」を遊んでみるというような順番でも問題はない。

改めてプレイをして今回も結局、何度涙したかわからないくらいに泣いてしまった。「FFVII」に連なる設定の数々はもちろんのこと、様々なキャラクターたちが友のために立ち上がる姿に、そしてザックスが本当に真っすぐな曲がったところのない主人公で、どんなキャラクターとも誠実に向き合っていく姿には心を打たれるものがあった。

悲しく、切なく、そして誰もがかっこいい、そんな「CCFFVII」の物語を、多くの人に辿ってほしい。

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン

スクウェア・エニックス

PS5ダウンロード

  • 発売日:2022年12月13日
  • 価格:6,820円(税込)
  • 15歳以上対象

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン

スクウェア・エニックス

PS4ダウンロード

  • 発売日:2022年12月13日
  • 価格:6,820円(税込)
  • 15歳以上対象

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン

スクウェア・エニックス

XboxSXダウンロード

  • 発売日:2022年12月13日
  • 価格:6,820円(税込)
  • 15歳以上対象

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン

スクウェア・エニックス

XboxOneダウンロード

  • 発売日:2022年12月13日
  • 価格:6,820円(税込)
  • 15歳以上対象

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン

スクウェア・エニックス

Switchダウンロード

  • 発売日:2022年12月13日
  • 価格:6,820円(税込)
  • 15歳以上対象

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン

スクウェア・エニックス

PCダウンロード

  • 発売日:2022年12月14日
  • 価格:6,820円(税込)
  • 15歳以上対象
  • Steam

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(20枚)

(C) 2007, 2008, 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA

※画面は開発中のものです。

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

  • セガ特集ページ
  • プリコネR特集
  • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
  • セール情報

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー