バンダイナムコエンターテインメントは本日3月5日、「アイドルマスター」シリーズの新ブランドアプリゲームとなる「学園アイドルマスター」を2024年春に配信すると発表した。

目次
  1. 学園を舞台とした「アイドルマスター」は1人のアイドルをプロデュースするかたちに
  2. 発表会後の囲み取材を紹介!
  3. 「学園アイドルマスター」事前登録開始!
  4. 本作に登場する学園長や先生を公開!
  5. 3月13日(水)より毎週生配信実施!水曜19時は学マスの日!
  6. 公式Discord開設!

「アイドルマスター」の新ブランドが制作進行中であることは昨年の時点から明かされていたが、本日3月5日に行われたメディア発表会および、19時より配信の「『アイドルマスター』シリーズ 新ブランドアプリゲーム発表生配信」にて、いよいよそのベールを脱ぐこととなった。

新ブランドアプリゲームのタイトルは「学園アイドルマスター」。“歌とダンスが上手くなるアイドル育成シミュレーション”として展開するアプリゲームを皮切りに、CD、グッズ、ライブイベントなどさまざまな展開を予定しているという。

本発表会では、同作のプロデューサーを務める小美野日出文氏、そして出演キャストより長月 あおいさん(花海 咲季 役)、小鹿 なおさん(月村 手毬 役)、飯田 ヒカルさん(藤田 ことね 役)が登壇し、新ブランドの概要やアイドル、ゲーム内容の紹介が行われた。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

学園を舞台とした「アイドルマスター」は1人のアイドルをプロデュースするかたちに

学校のチャイムとともに先生のような出で立ちで登壇した小美野氏。ステージもまるで学校の教室のような様相で、まずは「アイドルマスター」シリーズを紹介するとともに、新ブランドアプリゲームのPVを公開した。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

プロデューサーとアイドルとの関係性、プロデュースの流れをじっくりと紹介した本映像。「学園アイドルマスター」のタイトルとロゴを公開するとともに、タイトルに関しては“学園を舞台とした「アイドルマスター」”という、とにかく覚えやすい名前ということにこだわったようだ。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

ゲームのジャンルはアイドル育成シミュレーションゲーム。本作はボーカル、ダンス、ビジュアルの評価ポイントを上げていくことで、ライブの中の演出が変化していく点が特徴になっているとのこと。

学園を舞台としたのは分かりやすさと、成長を描くテーマが理由としてあるという。学生時代に感じるような葛藤など、それぞれの悩みを抱えているアイドルに、プロデューサー(※プレイヤー)が手を差し伸べていく。また、成長を描くという点では9人のアイドルから1人を選択する形式で、アイドルとしてだけでなく、人としての成長を描くことも目指しているそうだ。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

学校の名前は「初星学園」。プロデューサーはアイドル養成学校である同校のプロデューサー科に所属し、アイドル科に所属する女の子たちをプロデュースしていくこととなる。プロデューサーは専門学生、アイドルたちは高等部に在籍ということで、年齢差でいえば少し上、といった感じだ。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

今回のブランドロゴのモチーフはハチドリ。そして、2羽のハチドリが1つの星を支えているブランドロゴもお披露目となった。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

続いて、本作に登場するアイドルの中から花海 咲季、月村 手毬、藤田 ことねの3人が公開。それぞれのキャストを務める長月さん、小鹿さん、飯田さんがアイドルのプロフィールを紹介していった。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

飯田さん演じることねは、ムードメーカー的な存在のアイドル。落ちこぼれで自信がなく、とある理由でお金にがめついという。その一方で、面倒見の良さも魅力になっているそうだ。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

小鹿さん演じる手毬は、クールでストイックで、歌がとても得意な女の子。ことねと同じ進学組で中等部ではNo.1アイドルだったという。人を寄せ付けない雰囲気があるが、実際は甘えん坊なところのギャップが魅力だそう。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

長月さん演じる咲季は、入学試験首席の新入生で、勝ち気で負けず嫌いな女の子。元アスリートということで運動神経抜群、頭がよく容姿も端麗な天才肌だが、ストイックな一面も持っている。一緒に入学した妹のことをすごく大切にしているという。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

それぞれ赤、青、黄のアイドルカラーをイメージした衣装で登場した3人。メディアの前で喋ることへの緊張を話すとともに、2021年時点でオーディションを実施したり、合格後すぐにレコーディングを行っていたりと、今回の発表に至るまで、長く作品に触れてきたことを語る。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

その後は、歌やボイスの収録にまつわるエピソードを中心にトーク。長月さんは、難しい楽曲だったものの、火の玉みたいな女の子というディレクションを受けてレコーディングに臨んだことや、手探りで収録していきキャラクターが固まったところで、それまでの部分も収録し直したことなどに触れる。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

小鹿さんはストイックな姿勢の手毬らしく、全身全霊で感情をこめながら歌唱という収録時のエピソードのほか、ボイスの収録時には丁寧に時間をかけてキャラクターを作り上げていき、その先のストーリーにおいても納得いかないところをとことん収録したと、強い想いを語っていた。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

飯田さんがストーリーのボイスや歌の収録に関してトップバッターとして挑んだこともあり、試行錯誤を重ねてきたことに言及。最初はなかなか進まなくて不安もあったそうだが、長月さん、小鹿さんとも励まし合いながら、愛を込めて作っていったと振り返っていた。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

なお、先ほど成長度合いによってライブシーンが変化していくことが触れられたが、ひとつの曲に対して、成長していないパターンも含めた収録を行っていることが小美野氏から明かされた。

キャスト3人の降壇後は、より具体的なゲーム内容の紹介へと移っていった。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

まずライブシーンについては、PVなどでも分かるように、歌って踊るのは1人のみとなっている。その理由として、フォーメーションダンスが主流の中で、あえてそのリソースを1人のアイドルを描くことに注ぎ込むためだという。開発はQualiArtsが担当しているが、なんとそのポリゴン数は6万にも及んでおり、ほかのスマートフォンゲームなどと比較しても圧倒的な密度で一人ひとりのアイドルを描いていることがうかがえる。

発表会では、今回公開された3人の3Dモデルも紹介。衣装の素材感をはじめ、三つ編みの揺れや毛束、正面と側面での見た目のバランス、髪の毛の多さに対して柔らかい表現を実現するなど、実際にモデルを確認するとそのこだわりが感じられる。

また、上記の理由もありゲーム中の楽曲はソロ曲が基本となっている。こうした点からも、一人のアイドルを育てていくことに拘って制作されていることが分かる。

ゲームサイクルとしては、プロデューサーとして、アイドルのボーカル、ダンス、ビジュアルを育てていく流れになっているそう。具体的なゲームシステムは今回の発表会では明かされなかったものの、ライブシーンはその成長度合いによって大きく6段階ぐらいに分かれていて、徐々に進化していく中での歌唱にこめる想いや表情にも注目してほしいとのこと。

なお、本作ではプロデュースが1回終わった後、次にプレイするときにまた最初からというかたちにはならず、その関係性が継続するかたちでの積み上げのプロデュースを実現していきたいとも語っていた。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

その後は本作に関わるスタッフを紹介。ライトノベルなどで活躍する伏見 つかさ氏、志瑞 祐氏、雨宮 和希氏の3名がシナリオチームとして参加しており、今日公開された3人のキャラクター設定およびシナリオは伏見氏が担当しているという。また、キャラクター原案として南野 あき氏とへちま氏が参加している。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

そして、コンポーザーとして東 優太氏、兼松 衆氏、Giga氏、佐藤貴文氏、田淵智也氏、ナユタン星人氏、長谷川白紙氏、HoneyWorks、原口沙輔氏、美波氏、Moe Shop、渡辺 翔氏の参加も発表。今後運営していく中でより多くの人に関わってもらいたいと思っているそう。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

なお、レーベルはバンダイナムコエンターテインメント内のASOBINOTESということで、近い距離感の中で二人三脚で取り組めているという。先述の佐藤貴文氏が音楽プロデューサーとして携わっていることも明らかになった。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

今回の発表に伴い、各種SNS施策や生配信、秋葉原での「初星学園願書」配布イベントなどをアナウンス。詳しくは記事末尾よりチェックしてほしい。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

App Store、Google Playでの事前登録のスタートもアナウンスされたところで、最後に小美野氏からリリース時期がそう遠くないであろうことにも触れられつつ、今後も本プロジェクトのスタッフ一同で邁進していくと意気込みが語られていた。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

発表会後の囲み取材を紹介!

発表会の終了後には、登壇者への囲み取材が行われた。ゲームに関する気になる疑問点や、キャストからアイドルたちへの想いなどが語られたので、そちらの一問一答を紹介していこう。

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

――ライブシーンの変化が6段階ほどあるということでしたが、最初から一番良いところを目指せるものなのか、それとも周回プレイを重ねることが前提なのかのどちらでしょうか?

小美野氏:基本的には何度も周回プレイを重ねていただくことで一番上のものを目指していただくというかたちになります。途中の段階を飛ばすことはできなくはないものの、普通に大変です。私もテストでプレイした時、マックスのライブを見れた時は本当に鳥肌が立って感動しましたし、そういった体験を今回は作りたいと思っています。

――ライブに関してはボーカルも6パターンあるのでしょうか?

小美野氏:いろんなパターンを組み合わせているのと、尺の違いもあるので、厳密に言うとボーカルのパターンが6つ用意されているわけではないです。ただ、そもそもCDの音源とゲーム内に実装されている音源も違ったりするので、いろんなパターンがあると思っていただいて大丈夫です。

――シナリオチームに起用されている3名について、どのような体制になっているのでしょうか?

小美野氏:伏見さんを中心とした体制になっています。キャラクターの設定や原案のベースに関しては私と伏見さんで考えていて、シナリオの尻尾つの部分だけ3人でご分担いただいているというかたちです。アイドルごとに担当が分かれていまして、今後の紹介させていただく6人のアイドルの中に、ほかの方が担当しているアイドルもいます。

――プロデューサーを専門学生というポジションにした経緯があればお聞かせください。

小美野氏:なぜ最終的に専門大学の生徒になったかというと、今回は学校を舞台にすることでアイドルをより身近に感じてもらうため、アイドルとの距離もできるだけ近くしたいなと考えていたんです。

最初は同級生という案があったのですが、同級生だと精神的距離が近すぎて、今までのプロデューサーとアイドルの関係というのを担保できない。そして今度は先生にしてみたら、物理的な距離がありすぎて、今までの「アイドルマスター」のプロデューサーとアイドルの関係とあまり変わらないということで、専門大学の生徒という、年齢はやや上で精神的距離はある程度担保できているものの、例えば学校の中の行事に一緒に出たりといった、物理的な距離は近いポジションが一番良いのではないかというところで、伏見さんと何度も話した上で決めました。

――ゲームの紹介で縦画面と横画面がありましたが、基本は縦画面のプレイで、ライブなどは横画面で見るという認識で問題ないでしょうか?

小美野氏:仰るとおりで、基本プレイは縦画面になってまして、ライブシーンを見る時に横画面に切り替わるというかたちになってます。

――1回のプロデュースにおける時間はどの程度かかる認識でしょうか?

小美野氏:ゲームの細かいところはまたご説明したいと思っているのですが、すごく長いというわけでもないですし、そんなに短くもないという感じです。

――キャラクターのポリゴン数が6万という話が出ましたが、最初からそこを目指していたのか、それとも作り込んでいくうちに結果的にそのくらいの水準になったのでしょうか?

小美野氏:全てのリソースを1人に割くというのは結構早い段階で決まっていました。6万ポリゴンについても初期の頃からこのぐらいを目指していこうという話をしていて、開発のQualiArtsさんからもこのぐらいだったらいけると思いますと言っていただけてはいたのですが、まさか本当に実現するとは思っていなかったというぐらいのクオリティに仕上がりました。

――他のブランドと同様、リアルライブの実施予定はありますか? また、9人によるテーマ曲のようなものを用意する予定はありますか?

小美野氏:ライブに関しては予定していまして、後日発表させていただければと思います。今までとは違うかたちでやろうと思っているので、タイミングが来ましたらしっかりとご報告させていただければと思っています。

曲に関しては学校をテーマとした曲が1曲あります。そのほか、全員にソロ曲が1曲ずつ用意されていて、あとはゲームを運営していく中でアップデートしていく時に入っていくのはソロ曲が中心となります。

――歌唱シーンについては成長前のパートも収録されたということですが、歌い分けで難しかったところや、気をつけたところはありましたか?

長月さん:成長前のライブシーンについては、まだ成長できてない理由がキャラごとに違うんです。単純にスキルが追いついてないキャラもいますし、咲季だったら精神的なことだったりして、そういう心の状態が歌に表れているところがあるので、その時の気持ちを汲んで、それを歌に込めるようにしました。

小鹿さん:私が担当させていただいてる手毬というキャラクターは、中等部の頃はNo.1アイドルと呼ばれているほどの実力で、成長前から歌が下手ではないんです。歌が上手な人がどう成長していくのかという点で、プロデューサーと出会う前の精神的にネックになってた部分をだんだん乗り越えていくことで成長して、最後の大成功のライブにもっていくという歌い分けがかなり難しかったです。

飯田さん:ことねちゃんは可愛く見られたいという気持ちから猫をかぶっているのですが、実際にはパフォーマンスには自信がないという葛藤があります。全部自信がないように歌うのではなく、可愛く見せたいところは毅然と歌ったりとか、そういうのが難しかったです。でも成長していくにつれて、プロデューサーにどんどん褒められていって、全力で可愛く歌って踊るというのがすごく魅力だなと思います。

小美野氏:少しだけ補足させていただくと、歌唱力で差分を作るのはすごく難しいんですよ。本人が抱えている問題とか内面を深堀って、この子が今どんな気持ちで歌うんだろう、というところを歌に込めていただいています。実際に歌唱力がないという子もいるのですが、そこはアイドルごとに変えていける感じになっています。

――ご自身が演じられているアイドルについて、プレイするプロデューサーの方々に注目してほしいところはありますか?

長月さん:咲季の魅力を一口では語りきれないんですけど、とにかく折れない芯の強さや、妹やプロデューサーの前でついつい見栄を張ってしまう、そんな等身大の可愛さがすごく魅力的だと思っています。精神的な成長を経て、それがパフォーマンスにも表れるというところにもぜひ注目してほしいです。

小鹿さん:手毬は内面がすごく甘えん坊だったり、食べることが大好きだったり、本当はサボりたいというくらい頑張るのが苦手なんですけど、自分の気持ちを振り切って人に見せる部分はストイックです。内面の弱い部分があるからこその強さが出すぎてしまう部分があるので、手毬のセリフを聞いていただくにあたっては、内面のことを考えていただくと、外に出ている冷たいセリフもちょっと愛らしいものに感じていただけるのではないかなと思います。

飯田さん:ことねちゃんは初めて会った時、台本の語尾はすごいハートだらけで、もう可愛く可愛く、という感じなんですが、素はぶりっ子ではなく、口調が荒くなったりもします。プロデューサーとのやり取りもコミカルなところが多くて、実際にストーリーを読んでいても楽しいなと思いますし、お金とかに関する話を通して描かれる彼女の背負っているバックボーンもグッとくる話になっています。絶対に負けない、這い上がるぞ、という熱いシーンも彼女の魅力だと思います。

小美野氏:今回登場した3人ですが、実はそれぞれのライバルポジションになるアイドルがいます。お互いのライバルとの関係値みたいなところもぜひ楽しみにしていただきたい要素になっています。

「学園アイドルマスター」事前登録開始!

「アイドルマスター」シリーズ完全新作の歌とダンスが上手くなるアイドル育成シミュレーション「学園アイドルマスター」は、本日App StoreとGoogle Playにて事前登録を開始しました。

■App Store
https://apps.apple.com/jp/app/id6446659989

■Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bandainamcoent.idolmaster_gakuen

■公式サイト 事前登録ページ
https://gakuen.idolmaster-official.jp/pre/

※ストアの事前登録ページに記載のリリース予定日は、システム上登録された日付となります。正式なリリース予定日を明示するものではございません。

本作に登場する学園長や先生を公開!

初星学園の学園長である「十王 邦夫」、さらに学園生活をサポートしてくれる「根緒 亜紗里」先生のイラストとキャストも発表! 学園長は第1弾PV冒頭シーンでのセリフも。

・初星学園 学園長:十王 邦夫(じゅうおう くにお) CV.大塚 明夫
・先生:根緒 亜紗里(ねお あさり) CV.古賀葵

1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像
1人のアイドルを濃密にプロデュースする「学園アイドルマスター」始動!2024年春にリリース予定の画像

3月13日(水)より毎週生配信実施!水曜19時は学マスの日!

2024年3月13日(水)より、毎週水曜日19時(予定)にYouTube「アイドルマスターチャンネル」にて「初星学園HR(ホームルーム)」と称した生配信を実施予定! 毎週1人ずつ、キャストの皆さんと一緒に、各アイドルの紹介や、キャストやスタッフによるこぼれ話など、「学マス」についてたっぷりご紹介していきます。お楽しみに!

公式Discord開設!

「学園アイドルマスター」公式Discord β版を開設! 同級生プロデューサーと名刺交換をしたり、お互いのプロデュースをサポートしながら交流できる場所にしていきます! 学マスの最新情報もわかりやすくまとめて更新予定です。

▼公式Discord
https://discord.gg/sgSdejpp3Z

2011年イクセル入社後、Gamerをはじめとした媒体の運営に携わる。好きなジャンルはRPG、パズル、リズム、アドベンチャー(ほぼギャルゲー)。実はゲームよりもアニメが大好きです。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード 取材