VARRELとTOPANGAは、eスポーツ事業の更なる拡大に向けて経営統合に合意し、本日4月8日より「CELLORB(セルオーブ)」として始動したことを明らかにした。

経営統合は2024年6月予定となっており、これに向けて新社名「CELLORB(セルオーブ)」としての活動が始動するとのことだ。

CELLORBでは、プロeスポーツ事業、IPコンテンツ事業、教育事業の3つのeスポーツビジネス領域で幅広いソリューションを提供するeスポーツの総合マネジメント企業を目指すとのことだ。

また、急速に拡大を続けるeスポーツ市場において、多様化するスポンサー、eスポーツファンのニーズに応えことはもちろん、プロeスポーツプレイヤーのセカンドキャリアの創造に向けて、eスポーツの教育化を推進し、新たな雇用創造とeスポーツ業界の裾野拡大に貢献していくとしている。

さらに、プロeスポーツプレイヤーのときど選手こと、谷口一氏が新任役員として取締役に就任することが発表された。

VARRELとTOPANGAが経営統合に合意し「CELLORB(セルオーブ)」として始動――ときど選手が取締役に就任の画像

VARRELとTOPANGAが経営統合に合意。2024年4月8日より「株式会社CELLORB(セルオーブ)」として始動
https://cellorb.jp/news/2024/04/08/23/

なお、経営統合に伴い、プロゲーミングチーム「魚群」のチーム活動が4月11日をもって終了となることが明らかとなっている。公式Xアカウントではメンバーの移籍情報なども案内されているので、詳細が気になる人はあわせてチェックしてほしい。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード eスポーツ業界動向