ホビージャパンは、SFボードゲーム「ヒューマニティ計画」日本語版を2024年6月下旬に発売する。

目次
  1. タイタンは人類を歓迎してはいない
  2. 商品情報

「ヒューマニティ計画」は、近未来の土星の衛星タイタンを舞台に、四つの基地で3年間の任務をこなすSFボードゲームだ。プレイヤーは3人の宇宙飛行士を派遣し、さまざまなリソースの生産や新しいモジュールの入手、さらなる研究のための実験を実施するなどして、最初の民間科学者を受け入れるための基地を開発していく。

限られた時間や宇宙飛行士をいかに効率よく使うかが悩ましい、遊びごたえのあるタイル&ワーカープレイスメントゲームだ。

土星の衛星タイタンが舞台の近未来SFボードゲーム「ヒューマニティ計画」日本語版が6月下旬に発売!宇宙飛行士を効率よく派遣して基地を開発しようの画像

以下、発表情報をもとに掲載しています

タイタンは人類を歓迎してはいない

ストーリー

2073年7月15日午前9時17分、ヒューマニティ計画のチームが土星の衛星タイタンに着陸した。彼らを待ち受けるのは前代未聞のミッションだ。三年の間に、最初の民間科学者を受け入れるための基地を開発するのだ。そのためには、適切な資源を提供して自動化ステーションが製造したモジュールを組み立てなければならない。その一方で、宇宙飛行士はこの敵対的な新環境を学ぶために必要な実験も同時に実施しなければならないのだ!

「ヒューマニティ計画」とは

「ヒューマニティ計画」でプレイヤーは3人の宇宙飛行士を派遣し、様々なリソースを生産したり、新しいモジュールを入手したり、さらなる研究のための実験を実施したりします。新たなモジュールをあなたの基地に組み込む場合、闇雲に配置するのでは無く計画性をもって配置しなければなりません。

実験や適切な基地の組み合わせにより科学的成果として勝利点を得られます。しかし、モジュール獲得に送り出した宇宙飛行士は、モジュールがある位置により、仕事に復帰するまでの時間が異なります。このゲームにおいては時間もまた貴重なリソースの一部なのです。3年目が終了するとゲームが終了し、その時点で1番勝利点を得ているプレイヤーが勝者となります。

「ヒューマニティ計画」は突飛なSFでは無く、2073年の「起こりえる近未来」が舞台の、三年の間にタイルやワーカーの配置により計画の達成を目指す、時間と資源管理が重要なワーカープレイスメントのボードゲームです。

土星の衛星タイタンが舞台の近未来SFボードゲーム「ヒューマニティ計画」日本語版が6月下旬に発売!宇宙飛行士を効率よく派遣して基地を開発しようの画像

商品情報

●商品名:「ヒューマニティ計画」日本語版
●価格:11,000円(税込)
●プレイ人数:2~4人
●プレイ時間:90分
●対象年齢:14歳以上
●ゲームデザイン:Yoann Levet
●イラスト:Fred Augis、Paul Chadeisson、Pierre Lazarevic&Rémy Paul
●内容物:ゲームボード1枚、得点ボード1枚、タイル123枚、トークン125個、シールド4つ、宇宙飛行士フィギュア12人、アクリルトークン8個、ルールブック(ハードカバー)1冊

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード アナログ