ホビージャパンは、カードゲーム「ボトルインプ びんの悪魔」日本語版を2024年6月下旬に発売する。

目次
  1. びんの悪魔はどんな願いも叶えてくれる。ただし、必ず手に入れた時より安い値段で手放さなくてはならない。
  2. 商品情報

スティーブンソンの寓話をもとにしたトリックテイキングのカードゲーム「ボトルインプ」が新版となって登場。2人用ルールやチーム戦ルールが追加され、プレイ人数も2~6人と幅広いシチュエーションで遊べるようになった。

スティーブンソンの寓話をもとにしたトリックテイキングのカードゲーム「ボトルインプ びんの悪魔」日本語版が6月下旬に発売!の画像

以下、発表情報をもとに掲載しています

びんの悪魔はどんな願いも叶えてくれる。ただし、必ず手に入れた時より安い値段で手放さなくてはならない。

「ボトルインプ びんの悪魔」とは

「ボトルインプ びんの悪魔」はトリックテイキングのカードゲームです。時には「ボトルインプ」の力を借り、できるだけ多くのトリックに勝ってポイントの獲得を目指します。しかし、ボトルを持ったままゲームを終了しないように気をつけなければなりません。さもないと、「ボトルインプ」はあなたのポイントを奪ってしまうでしょう!

「ボトルインプ びんの悪魔」の遊び方

「ボトルインプ びんの悪魔」も、通常のトリックテイキングゲーム同様に、1巡ごと、手番にカードを1枚出していくことで進行し、最大のカードを出したプレイヤーが出されたカード(トリック)をすべて獲得(テイク)できます。

「ボトルインプ びんの悪魔」でも、この獲得した「トリック」数がポイントとなります。ただし、通常数字が大きければトリックを獲得できるのですが、「ボトルインプ」は自分の価格以下のカードがあった場合そのカードで勝たせてくれます。代わりに、そのカードを出した人が「ボトルインプ」の持ち主となり、新たな価格はそこまで下がります。

そして大事なのは、強力ながら安値を更新することで持ち主が変わる「ボトルインプ」を最後まで持っていた場合、点数はプラスではなくマイナスになってしまうのです。

昨今日本でも注目を集めつつある、欧米ではメジャーなトリックテイキングのゲームの中でも、テーマに沿った変則的なルールとプレイ感で知られていた「ボトルインプ」。2人用ルールやチーム戦ルールが追加され、3-4人だったプレイ人数が2-6人になった新版での登場です!

スティーブンソンの寓話をもとにしたトリックテイキングのカードゲーム「ボトルインプ びんの悪魔」日本語版が6月下旬に発売!の画像

商品情報

●商品名:「ボトルインプ びんの悪魔」日本語版
●価格:2,200円(税込)
●プレイ人数:2~6人
●プレイ時間:20分
●対象年齢:14歳以上
●ゲームデザイナー:ギュンター・コルネット
●イラスト:マキシム・モーリン
●内容物:カード55枚、早見表カード6枚、ボトル2本、ルールブック1冊

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード アナログ