百合ゲームの魅力を伝えるインタビュー連載企画の第3回は、2019年6月13日に発売する「夢現Re:Master」を取り上げる。

百合ゲームの魅力を伝えるインタビュー連載企画の第3回は、工画堂スタジオより2019年6月13日にNintendo Switch、PS4、PS Vita、Steam向けに発売される「夢現Re:Master」に注目。原案とディレクターを務めるみやざー氏と、メインシナリオを手掛ける向坂氷緒さんにお話を伺った。

「夢現Re:Master」とは?

「夢現Re:Master」(読み:ゆめうつつ りますたー / 略称:ゆリマスター)は、「白衣性恋愛症候群」「白衣性愛情依存症」を生み出した工画堂スタジオ、しまりすさんちーむ渾身の、キラ☆ふわガールズラブゲーム制作会社アドベンチャーゲーム。

前二作「白衣性~」のシリーズは、医療現場の看護師や、看護学生という「職」にまつわる物語だったが、本作は同じ「お仕事」ものでありつつ、自らが日ごろ取り組むゲーム制作現場にスポットをあて、そこで働く人たちの物語を描く。

第1回「FLOWERS」

第2回「クダンノフォークロア」

百合は相打ちの美学

――本日はよろしくお願いします。

みやざー:よろしくお願いします。これまでの連載も楽しく読まさせていただいていました。かつてひとりのユーザーとして多くのギャルゲーを楽しませていただいていた身としては、第1回(「FLOWERS」)のときにプロデューサーの多部田さんが私たちの作った「白衣性恋愛症候群」について言及してくださったのはうれしかったです。

――では、そんなみやざーさんが百合ゲームを手掛けることになった経緯をお聞かせください。工画堂スタジオのしまりすさんちーむはどのようにして生まれたのでしょうか。

みやざー:もともと工画堂スタジオには「リトル・ウィッチ パルフェ」のような百合要素のあるゲームは存在していました。しかし、同作を手掛けたくろねこさんチームは、その後「エンジェリック・コンサート」などを作るようになり、百合の要素は無くなっていました。

――なるほど。1999年発売の「リトル・ウィッチ パルフェ」で、すでに百合の土台はあったと。

みやざー:はい。その後、のちにSukeraSparoさんで「ことのはアムリラート」を手がけることになる皆川(浩治)さんがくろねこさんチームで百合ゲーの「ソルフェージュ」を手掛けたんです。自分も少し制作のお手伝いしていたのですが、PSP版を作るときに皆川さんがチームを抜けることになったので、PSP版は自分がディレクションを手掛けることになりました。その後、「ソルフェージュ」のシナリオを手掛けた円まどかさんと次の百合ゲーを作りたいと考え、しまりすさんチームを立ち上げました。

――それで「白衣性恋愛症候群」が生まれたんですね。

みやざー:円さんが現役で看護師をしていたこともあり、白衣と百合は合うんじゃないのかなと思ったんです。ただ、そのときは世間に大人の百合モノが少なかったので不安ではありましたね。「ソルフェージュ」は学園の王道モノだったので、余計に受け入れられるか心配でした。そこで、もうひとり現役看護師のシナリオライターである佐倉さくらさんを起用して職業モノとしての魅力を増やすことにしました。

――百合モノと看護師モノのふたつの軸で挑戦することにしたんですね。。

みやざー:そうです。あとは、ゲームという媒体なので壮絶なバッドエンドも仕掛けることができるなと思いました。百合と言えば心中なので、この作品では念願の心中エンディングができるなと思いました(苦笑)。

――え? サラッとおっしゃいましたが、百合は心中なんですかか?(笑)

向坂:はい。百合は相打ちの美学と言われています(笑)。

みやざー:最近は女性同士の恋愛が禁忌ではなくなったのですが、やはり昔は悲恋で描かれるものが多かったです。男女の関係を引き裂いて女性同士で結ばれるため、心中してふたりで世界を閉じてしまうという。

――あぁ、なるほど……。

みやざー:さすがにエンディングがひとつしかない媒体(小説や漫画など)ではそういう展開はできないのですが、ゲームという複数のエンディングを用意出来る媒体で、その中のバッドエンドでならふたりだけの儚く美しい関係も描けると思いました。

――自分がユーザーとしてプレイしたときは、わりと衝撃的なエンディングだと思っていましたが、実は百合としては王道の結末なんですね。

みやざー:はい。ただ、「白衣性恋愛症候群」を発表したときは、ちょうどSNSが日本で流行しはじめたときだったこともあり、うまい具合にそのバッドエンドが話題になりましたね(笑)。

――向坂さんは2作目の「白衣性恋愛依存症」でシナリオを書いていますが、どのようなきっかけで百合のゲームを?

向坂:きっかけはティアラ文庫で百合小説の「384,403km―あなたを月にさらったら」を書いたからだと思うのですが、もともと百合は好きで何を書いても百合になってしまっていました。友情モノというオーダーでも百合になってしまうので編集さんに怒られたりしていました(苦笑)。

――なるほど、最初に百合にハマッたきっかけのようなものはあるのでしょうか?

向坂:「美少女戦士セーラームーン」ですね。うさぎちゃんを取り巻く愛憎劇が好きでした。ただ、個人的には百合の種類にこだわりはなくて、百合であればどんなものでも書きますね。

みやざー:向坂さんとしては百合のシナリオが書けて、それでお金までもらえてうれしいという感じですか?(笑)

向坂:はい。まさにその通りです! この状況を手に入れるのに10年かかりました(笑)。

――みやざーさんから見た向坂さんのシナリオの魅力はどこですか?

みやざー:これまで私が組んでいたライターさんは女性の本音をしっかり描くかたでした。そういう展開もすごく好きなんですが、やはり濃いステーキ“だけ”食べてても、胸焼けしてしまう事もありますよね。向坂さんのシナリオも濃いのですが、ステーキではなくパスタを食べているようで、よりマイルドに楽しめるんです。そこが魅力なんじゃないかと思います。

向坂:そうですね。自分は基本的にエンタメとして楽しめる文体の作品を目指しています。

――「夢現Re:Master」をプレイさせていただきましたが、テンポがよくて読みやすかった印象です。

向坂:そうですね。とくに序盤は明るくテンポよく進んでいきます。ただ、みやざーさんが後半に重いシナリオを仕掛けるのが好きな人なので……(苦笑)。

みやざー:あくまで「白衣性」シリーズの話ですよ! 「夢現Re:Master」はキラ☆ふわガールズラブゲーム制作会社アドベンチャーゲームですから!!

――フリにしか聞こえませんが、そこはプレイしたユーザーさんの感想に委ねるということで(笑)。続いて「夢現Re:Master」について詳しくお聞かせください。どのような経緯で本作の企画は生まれたのでしょうか。

みやざー:「白衣性」シリーズを2作やったことで看護師のストーリーはかなり描けたので次は違うテーマにしようと思いました。また、当時「SHIROBAKO」(※2014年10月より放送された、アニメ制作会社を舞台としたオリジナルTVアニメ)に感銘を受けて自分たちなりでこういうものを作ってみたいと思ってみたこともあります。

――主人公がいきなりデバックを手伝わされたり、シナリオライターとディレクターがケンカをするシーンがありましたが、これは「ゲーム会社あるある」なのでしょうか?

みやざー:あるあるですね。会社に軍服を着てくる人も犬を放し飼いする人もすべて実話です(笑)。ストーリーに出てくるエピソードの7割ぐらいは実話をもとにしております。

向坂:みやざーさんやほかのスタッフの方からネタをお聞きして、業界モノとしてリアリティはあるけど幻滅されない程度のものをシナリオに組み込むようにしました。

――その盛り込むネタは向坂さんのほうで選別されたのでしょうか?

向坂:自分自身がゲーム業界の人間ではないため、話としての面白さだけでなく、ゲーム業界の内情を描くうえでどれが必至なものか、みやざーさんにお聞きしながら作っていった形ですね。

みやざー:シナリオを作るうえで向坂さんがゲーム業界の経験が無かったのは良かったですね。我々にとっては常識でも一般の方に取っては非常識だったり聞き慣れない言葉があったりするので、その見極めができました。

向坂:そうですね。「この用語ってなにを言っているのかわかる?」「いや、わからないです」みたいなやり取りはたくさんしました(笑)。

みやざー:今回はゲームのなかに用語集を入れていないので、とくに専門用語には気を配りましたね。ゲーム業界は同じ用語でも会社によって使い方が変わってくるため、用語集は入れませんでした。たぶん、解説すると余計に複雑になってしまうと思うので。

――確かに。

みやざー:共通ルートに関しては向坂さんに手掛けていただきましたが、専門的な部分は元同僚の竹内(なおゆき)さんなど、ほかのライターさんに補足していただいています。そのため、業界の人がプレイしても違和感ないと思います。

――「白衣性」シリーズは用語集を読むと実は女性しかいない世界であることがわかるようになっていますが、本作ではいかがでしょうか?

みやざー:しまりすさんちーむの作品はすべて世界観がつながっているので、本作も女性しかいない世界になっています。ただ、ゲーム内でそのことは説明していないですね。

向坂:よく見ると女性トイレしか無かったりするので、そこで気付くかもしれませんね。

各シナリオライターの持ち味を生かした物語

――登場するキャラクターの設定や魅力についてお聞かせください。まずは主人公の大鳥あいから。

大鳥あい(CV:吉岡麻耶)

みやざー:主人公ですし、いちばんしゃべるキャラクターなので、プレイヤーのストレスにならないように気をつけて書いてもらいました。妹を助けるために田舎から上京してきたりと、とにかくいい娘として設定しています。

向坂:そうですね。プレイヤーに嫌われないように気を配りましたね。消極的な性格ですが、天然のおとぼけ感を出したりして、暗くてウジウジしているだけのキャラクターにはならないようにしました。

――たまに方言になるのがいいですよね。

向坂:海のないところに住んでいるけど、隣の県に行けば海があるぐらいの田舎にしたいと思っていました。

みやざー:そう。それで栃木という設定にしたんですよね。ただ、演じられている吉岡麻耶さんは栃木の出身ではないので、栃木出身のツイッターのフォロワーさんに栃木弁を監修をしてもらいました。

――妹の柳谷こころはいかがでしょうか?

柳谷こころ(CV:沼倉愛美)

みやざー:姉のあいが女の子っぽいのでボーイッシュな女の子になりました。なぜか姉のことを拒絶しており、その謎が物語のキモになっています。ただのヤンデレっぽい女の子にならないように、根はいい娘であることが伝わるように描いてもらいました。

向坂:19歳のディレクターというのは現実味が無いのかなと少し悩みました。最初は20歳という設定にしようと思ったんですけど、やっぱり十代にしたくて今の設定にしたんです。

みやざー:まあ、大手ではありえないでしょうけど小さい会社ならアリかなと。

――シナリオライターである無限堂さきはいかがでしょうか?

無限堂さき(CV:徳井青空)

みやざー:彼女はすべての業を背負っているキャラクターです。

向坂:そうですね。ゲーム業界人のダメなエピソードは、さきが大体背負っています(笑)。

みやざー:会社に泊まったり着た切り雀だったり、人の話を聞かなかったり〆切を守らなかったり……。かなりダメな大人ですが外見が可愛ければ許されるだろうと(笑)。ちなみに彼女からは名言がたくさん出てくるのですが、それは竹内さんが実体験をもとに生み出したんじゃないかな、と想像します(笑)。

――続いて太刀花ななについてお聞かせください。彼女は声優でありながらアルバイトをしているんですね。

太刀花なな(CV:井澤詩織)

みやざー:ムードメーカーとして生まれたキャラクターです。ちなみに現実でも声優さんがゲーム会社の仕事を手伝うことはあったりします。

向坂:もともといろいろなコスプレをさせたいというアイディアがありましたが、最終的にはメイドのみになりました。結果的には、そのほうがメイドというイメージが強くなるのでいいのかなと思いました。

――彼女がバナナを好きなのですが、名前にかかっているからでしょうか?

みやざー:太刀花ななは芸名なんです。髪も金髪に染めて、バナナ好きというキャラクターで売っていくため、涙苦しい努力をしているんです(笑)。

――彼女の個別ルートはどういうストーリーになるのでしょうか?

みやざー:ななルートは志水はつみさんがシナリオを書かれているのですが、ななの視点で声優としての悩みや彼女の出生の秘密が明らかになっていきます。ななの視点で描いてもらったのは、ライターとしての個性を生かして欲しかったからですね。志水さんに共通ルートを書いている向坂さんの文章を真似て書いてもらっても個性を殺すだけだと思いました。ななルートだけでなく、ほかの個別ルートもライターさんの持ち味を生かしてもらっています。

――続いてマリー・マーラーについてお聞かせください。

マリー・マーラー(CV:池澤春菜)

みやざー:彼女はネットで活動していたイラストレーターで、あいちゃんがそのイラストを見つけてスカウトすることになります。共通ルートでは信念を持った真面目なキャラクターとして描かれますが、専用ルートでは彼女が裏で抱えている悩みが描かれていくことになります。

向坂:外国人キャラクターをひとり入れたいなという理由で生まれたキャラクターでしたね。

みやざー:もともとは、ネットで見つけたイラストが素敵だったのでお仕事をお願いしようとしたら外国の方だったという「イラストレーターあるある」から生まれました。そのため、あいちゃんが海外までスカウトに向かうという展開も考えていました。

――ちなみに彼女の母国であるギシリアという国は?

みやざー:ギリシャとシリアの間ぐらいにある設定の国です。紛争のことを描いているので、架空の国にしようと思いました。彼女の使うギシリア語は実在のギリシャ語になっており、ギリシャ出身の池澤さんにお任せしようと思ったのですが彼女自身は話せないことが判明しました(笑)。池澤さんのツテで、彼女の家族や知り合いに監修をしていただきました。

――サブキャラクターである社長の醍醐ほのかについてもお聞かせください。

醍醐ほのか(CV:伊藤 静)

みやざー:あいちゃんの在籍しているユリイカソフトには大人のキャラクターがいないので、きちんと彼女たちを嗜めてくれる人物として設定しました。お酒が好きというのは向坂さんの発案でしたね。

向坂:自分自身が年齢の高いキャラクターをあまり書いてこなかったのと、社長業のこともよくわからないこともあり、どこかしらで自分と同じ部分を作りたいと思ったんです。それでお酒好きという同じ趣味にしました。

――副社長のばな子に関してはいかがでしょうか? 大坪由佳さんが演じられていますが、大坪さんはほかのキャラクターも演じられているのでしょうか?

ばな子(CV:大坪由佳)

みやざー:いえ、ばな子だけです。そもそも、ほのかもばな子も、攻略対象に入れようとは考えていたのですが……ゲーム化するシナリオ容量の問題もあったり、そもそもばな子を攻略する(ヒロインの一人として見る)事に、シナリオライターさんたちの理解を得ることができなかったんです(苦笑)。それも有って非攻略キャラクターではあるのですが、大事なキャラクターには違いないので、大坪さんに他のモブなどはお願いしませんでした。

――もっと可愛い犬種でもよかったと思うのですが、なぜセントバーナードなんですか?

みやざー:実際にセントバーナードを会社で放し飼いにしていた人がいたからです(笑)。あとは大きい犬に覆いかぶさられるシチュエーションが描きたかったからですね。

――収録のときに大坪さんに演技指導などはしたのでしょうか?

みやざー:大坪さんの演技がよかったので、そのままいきました。大型犬にしては可愛い鳴き声だと思いますが、別にそこはリアルにしなくてもいいかなと。

――続いて全体についてですが、SEをキャラクターのボイスにできるなど細かいところに遊び心のある作品ですが、こだわったポイントなどお聞かせください

みやざー:本作から新たに追加したものだと、メッセージウインドウに誰の視点であるのか小さく表示しています。体験版でも気付いている人があまりいなかったので注目してみてほしいですね。

ちなみに「シンフォニック=レイン」のときも鬱ゲージというものを小さく表示していたのですが、気付いた人はほとんどいませんでしたね。「夢現Re:Master」に関してはほかにも仕掛けがあるのですが、プレイしてから驚いてほしいので秘密にしておきます(笑)。

――ネタバレにならない程度で本作のテーマについてお聞かせください。作品全体のテーマはありますか?

みやざー:根っこにあるのは「ゲームの中のキャラクターたちも生きている」ということです。あまりここで語ってしまうのも野暮なので、ぜひプレイしてみてもらえればと思います。

――百合特集ということで百合全体についてお聞かせください。百合作品ならではの魅力はどこにあると思いますか?

向坂:自分は百合というジャンルを知る前から百合のことが好きでした。そのため、百合に関してあまり考えたことはなかったのですが、「夢現Re:Master」の小説をコミック百合姫に掲載することになり、改めて百合に関して考えました。そこで自分のなかで出した答えは女の子同士が恋愛するものが百合だということでした。

みやざー:世の中の百合のイメージはもっとゆるいでしょうね。友情も百合に含まれていると思います。

向坂:そうなんです。ただ自分の中では恋愛というジャンルの中のひとつに百合がありますね。そのため、女の子同士が本気の恋愛をするのが百合の魅力なんじゃないかなと思うようになりました。

――男女の恋愛との違いはどこにあると思いますか?

向坂:……それがよくわからないんですよね。自分自身、最初に書いた小説が女の子同士の恋愛だったこともあって、最初から百合が好きだったんです。そのため、自分でもなにがいいのかよくわかっていないんですよね。

みやざー:それはそれでリアルな答えでおもしろいと思います。百合の解釈はひとりひとり違っていて、手と手が触れ合うだけでも百合だと感じる人もいます。登場するのが全員女の子で、男だとか女だとかは関係なく、人として尊敬して一緒にいたいという気持ちがあれば百合として成立するのではないかと思いますね。男性を当て馬にする展開の百合もあっていいと思いますが、自分の作品の場合はいらないかなと思って省いています。

――百合を知らない人が「夢現Re:Master」をはじめる場合、どのように作品を楽しめばいいですか? 今の話を聞くと、深く考えずに入ればいいような気もしますが。

みやざー:そうですね。百合ということを気にせず自然に楽しんもらえればと思います。みなさんがキャラクターたちのことを好きだと思う気持ちは本物なので、それを信じてもらいたいかなと思います。

――おふたりが最近ハマッている百合作品はなんですか?

みやざー:自分は「とどのつまりの有頂天」です。ドタバタ系の百合なので気軽に楽しむことができます。

向坂:自分は「ルミナス=ブルー」です。自分が好きな純度の高いガチ百合なのですが、作者の方がツイッターで「単行本が売れないと打ち切りにされてしまう」と仰っていて応援しています。あとは「昼下がりに、また。」という人妻同士の百合ですね。私はこれが百合の最先端だと思っています。

――最近はゲームでも百合がブームになっていますが、今後はどのように進化していくと思いますか?

みやざー:弊社以外の百合ゲームは固定カップリングのものが多かったのですが、少しずつ自由なカップリングのものが増えてきています。もしかしたらそういうものがもっと増えていくかもしれません。自分としてはゲームという媒体の利点を生かすという意味でも多彩なカップリングがあってもいいと思っています。

向坂:確かに分岐ができるのがゲームならではのおもしろさだと思います。小説だと壮絶なバッドエンドを描くのは難しいですが、ゲームならニッチな展開もできますし。そのため、今後もゲームのシナリオならではのことに挑戦していきたいです。

みやざー:あとは時代的にVRの百合なども登場するかもしれませんね。ただ、その場合は3D空間でキャラクターたちの百合を見る形が理想ですね。自分が主人公になって百合を体験するのはちょっと世界観的に違うかなと。

――そろそろまとめに入ろうと思うのですが、コミック百合姫×Gamerで展開する「夢現Re:Master」の短編小説の見どころをお聞かせください。

向坂:小説というのはひとつしか結末を描けないものですが、今回の小説ではゲームのように分岐するストーリーを描けたのが新鮮でした。ゲームの場合はトゥルーエンドとバッドエンドというように分けることができますが、今回の場合はどちらの読者さまにも満足していただけるような形にする必要があったため、その点は苦労しましたね。

みやざー:片方だけでも完結していますが、ぜひ両方読んでみてもらいたいですね。

――最後に「夢現Re:Master」を楽しみしている人にひとことお願いします。

みやざー:今回は今までの作品と違って穏やかでキラ☆ふわなストーリーが展開します。ぜひ騙されたと思ってプレイしてみてください。

向坂:「夢現Re:Master」はゲーム会社が舞台のリアルな設定が魅力となっています。百合に興味が無かった人も遊んでみてもらえるとうれしいです。

――本日はありがとうございました。

夢現Re:Master

工画堂スタジオ

PS4パッケージ

  • 発売日:2019年6月13日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 17歳以上対象
夢現Re:Master

夢現Re:Master

工画堂スタジオ

PS4ダウンロード

  • 発売日:2019年6月13日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 17歳以上対象
夢現Re:Master

夢現Re:Master

工画堂スタジオ

Switchダウンロード

  • 発売日:2019年6月13日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 17歳以上対象
夢現Re:Master

夢現Re:Master

工画堂スタジオ

PSVitaパッケージ

  • 発売日:2019年6月13日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 17歳以上対象
夢現Re:Master

夢現Re:Master

工画堂スタジオ

PSVitaダウンロード

  • 発売日:2019年6月13日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 17歳以上対象
夢現Re:Master

夢現Re:Master

工画堂スタジオ

PCパッケージ

  • 発売日:2019年6月13日
  • 価格:6,800円(税抜)
    夢現Re:Master

    夢現Re:Master 限定版

    工画堂スタジオ

    PCパッケージ

    • 発売日:2019年6月13日
    • 価格:8,800円(税抜)
      夢現Re:Master 限定版

      夢現Re:Master

      工画堂スタジオ

      PCダウンロード

      • 発売日:2019年6月13日
      • 価格:6,800円(税抜)
      • Steam版はデジカより販売
      夢現Re:Master

      百合ゲーム特集記事まとめページ

      関連ワード

      (C)KOGADO STUDIO,INC.

      ※画面は開発中のものです。

      この記事のゲーム情報

      夢現Re:Master

      キラ☆ふわガールズラブゲーム制作会社アドベンチャー
      • セガゲームス特集ページ
      • セール情報
      • 軌跡シリーズ特設サイト

      REGULAR定期配信

      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      • Gamer編集部通信
      6月7日(金)
      Conan Outcasts コンプリートエディション
      6月8日(土)
      OCTOPATH TRAVELER
      SNK 40th ANNIVERSARY COLLECTION
      6月11日(火)
      CLOSERS
      ラスト レムナント リマスタード
      6月12日(水)
      ケンガンULTIMATE BATTLE
      バートラム・フィドルの冒険 エピソード2:惨々たる誤算
      最果てのバベル
      開店デパート日記2
      魂斗羅 アニバーサリーコレクション
      6月13日(木)
      ガンマンストーリーHDコレクション
      コンダクト トゥギャザー!
      スーパーリアル麻雀P7
      ドラえもん のび太の牧場物語
      今宵、妖しい口づけを ~綺龍・千影・雪之丞編~
      今宵、妖しい口づけを ~雅・京牙・沙門編~
      夢現Re:Master
      夢現Re:Master 限定版
      鬼灯の冷徹~地獄のパズルも君次第
      6月14日(金)
      GOD WARS 日本神話大戦
      あやかしコントラクト
      ガーディアン・プロジェクト
      ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説
      6月15日(土)
      ブラスターマスター ゼロ
      6月18日(火)
      Bloodstained: Ritual of the Night
      6月20日(木)
      777TOWN mobile
      Dead by Daylight サバイバーエディション[限定版]
      SCRAP RUSH!!
      Summer Pockets
      イースVIII -Lacrimosa of DANA- スーパープライス
      グノーシア
      メカフォース
      レイト・シフト
      妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている
      華ヤカ哉、我ガ一族 幻燈ノスタルジィ for Nintendo Switch
      華ヤカ哉、我ガ一族 幻燈ノスタルジィ for Nintendo Switch 限定版
      龍が如く5 夢、叶えし者
      6月21日(金)
      AI流現代囲碁
      Steel Sword Story
      6月27日(木)
      CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Devote
      CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Devote 限定版
      DOGFIGHTER -World War 2-
      HARDCORE MECHA
      Home Sweet Home
      LA-MULANA 2
      SAMURAI SPIRITS
      SAMURAI SPIRITS DELUXE PACK
      your diary +
      your diary + 完全生産限定版
      この素晴らしい世界に祝福を!~希望の迷宮と集いし冒険者たち~
      この素晴らしい世界に祝福を!~希望の迷宮と集いし冒険者たち~ 完全生産限定版
      じんるいのみなさまへ
      ぷよぷよeスポーツ
      アキハバラ リズム アンド リミックス
      グーニャファイター
      チキチキプロレス大乱闘!!
      ネコぱら Vol.3 ネコたちのアロマティゼ
      ハロー・レディ!-Superior Dynamis-
      ヘル・ワーダー
      勇者ヤマダくん
      実況パワフルプロ野球
      絆きらめく恋いろは
      6月28日(金)
      スーパーマリオメーカー 2
      スーパーマリオメーカー 2 はじめてのオンラインセット
      7月1日(月)
      テラウォーズ