Donutsより配信中のiOS/Android向けアプリ「Tokyo 7th シスターズ」に登場する人気バンドユニット「The QUEEN of PURPLE」が、初の単独ライブ「The QUEEN of PURPLE 1st Live “I’M THE QUEEN, AND YOU?”」を開催。ここでは、6月14日に豊洲PITで開催されたDAY2公演の模様をお伝えする。

The QUEEN of PURPLE(以下、QOP)は次世代アイドル劇場型スタジオ「スリーセブン(通称ナナスタ)」発の4人組バンドユニットであり、メンバーはボーカルの越前ムラサキ(CV:野村麻衣子)、ベースの瀬戸ファーブ(CV:広瀬ゆうき)、ギターの堺屋ユメノ(CV:山本彩乃)、ドラムの三森マツリ(CV:巽悠衣子)。1stライブに先立ち、5月22日にはユニットとして初となるフルアルバム「I'M THE QUEEN」がリリースされた。

また、「Tokyo 7th シスターズ」は5周年記念として「Tokyo 7th シスターズ 5th Anniversary Live -SEASON OF LOVE- in Makuhari Messe」を、2019年7月13日、14日に幕張メッセにて開催することも決定している。

開演前には4Uの九条ウメ(CV:山下まみ)、鰐淵エモコ(CV:吉岡茉祐)、佐伯ヒナ(CV:長縄まりあ)による注意事項アナウンス。4Uらしい掛け合いや台詞が飛び交う内容に、会場後方までぎっしりと埋め尽くした支配人(「Tokyo 7th シスターズ」ファンの呼称)たちから歓声があがる。そして、会場に紫や青のレーザーが輝いてオープニングムービーが流れると、興奮のボルテージは早くも振り切れんばかりだ。

熱気が充満する会場についに4人が登場。「I'm the Queen, and you?」の一声でライブの火蓋は切って落とされた。挨拶代わりの1曲は「Majesty」。アルバムのジャケットを再現した衣装に身を包んだ4人は、魂を震わせる歌声と演奏でいきなり会場の熱気をマックスに。フロントメンバーはお立ち台を使って支配人たちを煽りつつ、のっけから激アツなステージを繰り広げた。

続く「THUNDERBOLT」では会場がペンライトで黄色に染まる。ユニット名の通り、基本のイメージカラーは紫だが曲に合わせて色を変えていく支配人たち。メンバーもMCで驚きつつも喜びをみせていた。さらに、野村さんの煽りに支配人たちは「Tap on the top!! Top of the rock!!」と叫び、一緒にライブを作り上げていく。

3曲目の「Fire and Rose」は、パワフルな野村さんの歌声に3人の声が彩りを添えるライブ仕様。同じ熱さでもまた違った衝撃を受ける。その歌声には溢れんばかりの感情がこめられ、表情でもみんなを引き込んでいった。

オープニングから圧巻のステージをみせたQOP。MCではユメノが相変わらず女の子の声を求めて大喜びするなど、最初はキャラクターとして挨拶。一方で、キャスト自身として楽しそうにトークする姿も魅力的で、4人は笑顔で衣装やタトゥーシールをアピールしていた。

そして、広瀬さんと山本さんが上着を脱ぎ捨ててライブ再開。「KID BLUE~裸の王様~」では青いペンライトが輝き、艶やかな大人の魅力も垣間見せた野村さんの歌声が広がる。サビでは広瀬さんの低音も加わって胸に響く。ラストの「ありがとう」もグッとくるものがあり、野村さんはいったんステージを後に。

ここからは、楽器隊の3人がそれぞれボーカルを担当するターン。まずは、広瀬さんがベースボーカルとして「Purple Raze」を披露。内面では負けず嫌いで音楽に真摯なファーブの心が表れたような歌声に、会場からは「YES!!」の掛け声が飛んでいた。

3人でのMCを挟み、今度は山本さんがギターボーカルを務める「R.B.E.」。キュートなボイスを熱いメロディにのせ、跳ねるように歌う姿も印象的だ。ちなみに、ユメノといえば“おにゃのこ”大好き。今回は会場の右側前方に女性専用エリアを設けており、基本ポジションがステージ上手であるユメノにとっては嬉しかったことだろう。

巽さんがボーカルドラムの「Wake Up Heroine」では、リズムにのって激しく元気なパフォーマンスを披露。サビでは支配人たちも声を出し、その声に勇気をもらった巽さんは、スティックを手に「きっと君も同じでしょ?」とみんなに呼びかけていた。

それぞれの楽曲を披露した3人のもとへ、ジャケットを脱いだ野村さんが合流。トークではQOPの野望の話題になり、「セカンドライブがしたい!」と広瀬さん。舞台はやっぱり「ロックの聖地、武道館!」の言葉に大歓声が沸き起こった。1stにしてこの熱さと支配人たちの盛り上がり、そしてまだまだ進んでいきたいと意気込む4人を見ていると、きっと叶うと思わずにはいられない。

そんな未来に向けてライブはラストスパート。「いくぞー!!」と叫んで「Clash!!!」へ。腕を突き上げてお立ち台から心の叫びを響かせると、みんなますますテンションアップしていく。勢いそのままに「I AM」では両手でマイクを持ち、体を折り曲げるようにして気持ちをすべて声にのせる野村さん。その姿、演奏、歌声に会場は大興奮の盛り上がり。

そして、スポットライトに照らされた野村さんからメッセージが語られ、本編ラストナンバーは「DAYS」。ミラーボールが輝くステージで言葉を噛みしめながら歌う野村さん。「みんな声をもっと聞かせてください!」と叫ぶと、支配人たちの歌声が会場に響き渡った。みんながここにいる証明を体で受け止め、ありったけの魂を込めて声を張り上げる野村さん、QOPのメンバー、支配人たち……みんなの心がひとつになった瞬間だった。

まだまだ冷めやらない会場に、アンコールを求める「QOP!」の声。すると、今までの格好良さや熱さから一転して、3等身にディフォルメされたQOPメンバーによる「きゅいーんおぶぱーぷりゅ」の映像が流れる。ライブに向けて起きたさまざまな事件を紹介する内容で、彼女たちらしい妄想や掛け合いに笑いが起こっていた。

楽しい映像から始まったアンコール。まずは、Tシャツに着替えた野村さんと広瀬さんが登場して、先輩たち(巽さん、山本さん)の素晴らしさを嬉しそうに語る。そんな2人が披露したのは、アコースティックアレンジされたLe☆S☆Caの「ひまわりのストーリー」だ。2人は椅子に腰掛けて、優しく暖かな歌声を響かせる。サビでのハモリも美しく、歌詞に合わせて野村さんに手を向ける広瀬さんはとてもいい笑顔だった。

山本さんと巽さんも登場して記念撮影をした後は、1人ずつ感想を語る。メンバーや支配人さんへの感謝、ライブに向けて苦悩したこと、そんな時にメンバーが支えてくれたこと……さまざまな想いを口にする4人。まだまだ上を目指していきたいと意気込み、ラストに向けて気合を入れる。

そして、クライマックスは怒涛のカバー曲。QOPが影響を受けたというセブンスシスターズをリスペクトした「WORLD'S END」から、NI+CORAの「CHECK'MATE」をそれぞれQOPバージョンでカバー。ツインボーカルのように響かせる野村さんと広瀬さんの熱い歌声に、巽さんと山本さんもさらに熱がこもったパフォーマンスをみせ、会場全体が最高潮の盛り上がりに。

さらに、「今日は特別! この曲もやっちゃうよ!」とセブンスシスターズの「PUNCH'D RANKER」。ロックなソウルを爆発させるように一段と気合をこめる野村さんに、メンバーの歌唱も加わってQOPの魅力全開。センターで真っ直ぐ前を見据えて手を伸ばす姿も印象的で、これでもかと言わんばかりに突き上げた声は、女王の貫禄すら漂わせていた。

オーラスはQOPのデビュー曲「TRIGGER」だ。最後の最後まで熱く激しく、そこに可愛さのスパイスも添えた激アツなステージがみんなを打ち抜き、支配人たちも残った体力を振り絞るようにクラップや歓声で応える。4人がドラム前でセッションするシーンも胸熱で、記念すべき初の単独ライブは最高の盛り上がりで締めくくられた。

すべてを出し尽くして、晴れやかな表情を浮かべるQOPの4人。改めて生声で挨拶をすると、割れんばかりの拍手とQOPコールが鳴り響いていた。

セットリスト

01. Majesty
02. THUNDERBOLT
03. Fire and Rose
04. KID BLUE~裸の王様~
05. Purple Raze
06. R.B.E.
07. Wake Up Heroine
08. Clash!!!
09. I AM
10. DAYS
<ENCORE>
EN1. ひまわりのストーリー
EN2. WORLD'S END
EN3. CHECK'MATE
EN4. PUNCH'D RANKER
EN5. TRIGGER

Tokyo 7th シスターズ

Donuts

MobileアプリiOS

  • 配信日:2014年2月19日
  • 価格:基本無料

    Tokyo 7th シスターズ

    Donuts

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2014年11月13日
    • 価格:基本無料

      (C) 2014 Donuts Co. Ltd. All Rights Reserved.
      カメラマン:松﨑祐士(foto)、三浦真琴(maco,foto)

      この記事のゲーム情報

      Tokyo 7th シスターズ

      Tokyo 7th シスターズ

      アイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム
      機種
      Mobile
      プラットフォーム
      アプリ
      OS
      iOSAndroid
      会社
      Donuts
      ジャンル
      リズムアドベンチャー
      テーマ
      美少女
      • セガゲームス特集ページ
      • Figgy
      • 軌跡シリーズ特設サイト
      • BUSTAFELLOWS特設サイト

      RANKING人気記事ランキング

      REGULAR定期配信

      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      3月26日(木)
      Bright Memory
      DOOM Eternal
      Iron Danger
      KOONGYA Draw Party
      Last Oasis アーリーアクセス版
      Lumini
      ONE PIECE 海賊無双4
      One Step From Eden
      SEGA AGES G-LOC AIR BATTLE
      Sine Mora EX
      Sniper Ghost Warrior Contracts
      Wanba Warriors
      エアラフェル(拡張版)
      カオスコード –ニューサインオブカタストロフィ–
      クレヨンしんちゃん ちょ~嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z
      ザ・シェイプシフティング・ディテクティブ
      スペースインベーダー インヴィンシブルコレクション
      3月27日(金)
      LOST:SMILE memories + promises 初回限定版
      LOST:SMILE memories + promises 初結李抱き枕カバー付き豪華限定版
      LOST:SMILE promises
      Tilt Brush
      UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r] Pack
      3月29日(日)
      Simulacra 2
      3月30日(月)
      アウステルリッツの戦い-The Battle of Austerlitz-
      3月31日(火)
      XENOCIDERS -捕食者の星-
      4月2日(木)
      MazM: ジキル&ハイド
      SoundArt
      ことばのパズル もじぴったんアンコール
      ぷちっとクラスター
      エヴァンゲリオン バトルフィールズ
      ピカピカナース物語 小児科はいつも大騒ぎ for Nintendo Switch
      メモリーズオフ -Innocent Fille-
      大空ヘクタール農園
      4月3日(金)
      HyperParasite
      バイオハザード RE:3
      バイオハザード RE:3 COLLECTOR’S EDITION
      バイオハザード RE:3 Z Version
      バイオハザード RE:3 Z Version
      バイオハザード RE:3 Z Version COLLECTOR’S EDITION
      プリズンプリンセス
      4月7日(火)
      蒼藍の誓い - ブルーオース
      4月9日(木)
      ピクセルクロス アドベンチャー
      4月10日(金)
      ファイナルファンタジーVII リメイク
      ファイナルファンタジーVII リメイク デジタルデラックスエディション