コーエーテクモゲームスは、本日4月8日に、シンガポール法人であるYOUZU(SINGAPORE)に対して、著作権侵害等の行為の差止及び当該行為から生じた損害の賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起した。

この訴訟は、コーエーテクモゲームスが開発し、知的財産権を保有するゲームソフトシリーズ「信長の野望」および「太閤立志伝」の音楽、ゲーム画像並びに同社の商標が、許諾を得ることなく、YOUZU(SINGAPORE)のゲームアプリのWeb広告に継続的に利用されていることに対し、この利用行為が著作権侵害等に該当すると判断され行われた。

以下、発表情報をもとに掲載しています

YOUZU(SINGAPORE) PTE. LTD.に対する訴訟提起のお知らせ

1.被告について

(1)会社名称
YOUZU (SINGAPORE) PTE. LTD.
(2)所在地
29 MEDIA CIRCLE, #09-01, ALICE@MEDIAPOLIS, SINGAPORE (138565)
(3)事業概要
「成り上がり 華と武の戦国」、「インフィニティ キングダム-諸王の戦争【アイケイ】」、「ダイナスティ・オリジン(Dynasty Origins)」などのスマートフォン向けゲームアプリを配信・運営

2.事件の概要

当社が開発し知的財産権を保有するゲームソフトシリーズ「信長の野望」及び「太閤立志伝」の音楽、ゲーム画像並びに当社の商標が、当社の許諾を得ることなく、被告のゲームアプリ(以下「被告アプリ」)のWeb広告に継続的に利用されております。当社は、この利用行為を著作権侵害等に該当すると判断いたしました。

被告の侵害行為については今回が初めてではなく、過去に当社から複数回にわたって侵害行為に対する警告状を発送していますが、改善がなされず侵害行為が繰り返されております。

さらに、今回は、当社の社名をも公然と無断使用しており、当社が被告アプリに関連しているとユーザーに誤認させる表記も確認しております。

被告のかかる行為はユーザー並びに当社のパートナー企業の不利益となるばかりでなく、当社ゲームの開発に携わるすべての関係者の努力を踏みにじるものであり、非常に悪質であると判断しました。以上の理由から、今般、本件訴訟を提起するに至りました。

当社グループでは、今後も、国内・海外を問わず、著作権等の知的財産権の侵害行為に対して引き続き厳格に対応すると同時に、多くのユーザーの皆様にご満足いただけるゲームを開発及び提供できるように努力してまいります。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード 業界動向