ホビージャパンは、算数推理カードゲーム「シークレット・ナンバー」日本語版を2024年5月下旬に発売する。

目次
  1. 「シークレット・ナンバー」の遊び方
  2. 商品情報

「シークレット・ナンバー」は、他のプレイヤーが自分の秘密の数字(シークレット・ナンバー)を当てるよりも先に他のプレイヤーの秘密の数字を当てる、手軽に遊べるカードゲームだ。簡単なルールだがプレイヤー同士の駆け引きも生まれるため、小学生から大人まで幅広く楽しめる。

ヒントを元に相手の数字を当てる算数推理ゲーム「シークレット・ナンバー」日本語版が5月下旬に発売!の画像

以下、発表情報をもとに掲載しています

「シークレット・ナンバー」の遊び方

各プレイヤーに秘密の数字カードを1枚ずつ配った状態でゲームを開始します。自分の手番では、1.ヒントカードを1枚出す、2.他のプレイヤーの数字を当てにいく、のどちらかを行います。

1.ヒントカードを1枚出す

ヒントカードを1枚出す場合、ヒントカードのなかから、自分の秘密の数字に当てはまるヒントが記載されているカード1枚を取って自分の前に出します。これは他のプレイヤーがあなたの秘密の数字を当てるための手がかりになってしまいます。しかし、ヒントカードには「ペナルティなしで1回当てる」などの特殊効果があるカードもあり、有効に使うことでゲームを有利に進めることができます。

2.他のプレイヤーの数字を当てにいく

秘密の数字を当てにいく場合、他のプレイヤーを1人選んで、そのプレイヤーが持っている秘密の数字を推測して言います。推測が当たっていたら、このラウンドはヒントカードを出す必要はありません。ただし間違っていたら、ただちにヒントカードを2枚出さなければなりません。

手番を繰り返し、他のプレイヤーの秘密の数字を、最初に既定の枚数当てたプレイヤーが勝者です。集められる情報はすべて使いながらも、他のプレイヤーにわかりすぎるヒントを与えないことがコツです。

「シークレット・ナンバー」は、簡単なルールで、大人から小学生まで楽しめる、数字に強くなる算数推理カードゲームです!

ヒントを元に相手の数字を当てる算数推理ゲーム「シークレット・ナンバー」日本語版が5月下旬に発売!の画像

商品情報

商品名:「シークレット・ナンバー」日本語版
価格:1,760円(税込)
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:20分
対象年齢:8歳以上
ゲームデザイン:ニック・フェデリコ
アートワーク:カリーナ・ヴォルベ-タ
内容物:カード62枚、ゲームのルール1部

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード アナログ